揚げ物を冷凍して保存できる期間はどのくらい?保存のコツとは?


から揚げやコロッケなど揚げ物は子どもに人気です。食卓で食べるのはもちろん弁当にから揚げが1品あるだけで、子供は大喜びすることは間違いなしです。

しかし、子供の弁当に揚げ物をいれるのに、一回一回朝早く起きて揚げるのはなかなか大変なことだと思います。

「揚げ物を作りおきできたらなあ。でもどうやって保存したらいいの?」

と思うかもしれません。

そんな時に役立つのが、揚げ物を冷凍して保存する方法です。揚げ物は常温や冷蔵庫で保存とすと、ラップをしていたとしても、酸化が進み、腐りやすくなるのですが、5度以下で保存することで、ある程度の期間保存することができます。

それに適した環境が冷凍庫であるわけです。

「でも冷凍して保存したら味が落ちるのでは?」

と思う方もおられるかもしれませんが、これから紹介する冷凍の保存のコツさえつかめば、消費期限内であれば、多少味は落ちるものの、普通に冷凍するより断然美味しく食べることができます。

そこで今日は

揚げ物を冷凍して保存できる期間はどのくらい?保存のコツとは?

と題して、揚げ物の中でも特に人気があり、使用頻度の高い、から揚げとコロッケを取り上げ、冷凍保存できる期間と、具体的な保存のコツそして解凍する時のコツも併せて紹介していきたいと思います

これらのコツを知ることで、今までどうしてもスーパーの冷凍食品に頼ってしまい、費用がかかっていた子供の弁当作りが経済的に楽にと思いますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

【スポンサードリンク】

揚げ物【から揚げ】の冷凍での保存期限と保存、解凍のコツ

から揚げを冷凍で保存する場合には、必ずから揚げが冷めてから冷凍庫に入れる必要があります。なぜなら他の食材の温度も上げてしまうからです.

 

また解凍する際は、電子レンジで半解凍した後にトースターを利用するか、予め前日に冷蔵庫に入れておき、解凍したものをオーブンで焼くようにしていきます。

この時長時間加熱いたしますと、から揚げの水分が抜け落ちてしまい、パサパサになってしまうので、だいたい100gあたり500Wで1分を目安に解凍していくとよいでしょう。

万一解凍したときに、酸っぱい臭いがしたリ、嫌なにおいがある場合は使用を避けて破棄するようにしてください。

下に手順を書いておきます。

  • ⓵ から揚げの余熱を十分にとったらラップまたは、ジップロックに包み、フリーザーパックにできるだけ、平らになるように入れます。
  • ⓶ 冷凍する際は、空気に触れての酸化を防ぐため、しっかりと空気を抜くようにして、金属のトレーなどに入れて、冷凍することで、解凍したときのべたべた感をある程度防ぐことができます。
  • ⓷ 最後に、入れ物の表面に日付を書いて冷凍した日が分かるようにしておきましょう。保存期間はおおむね三週間から一か月を目安にして、それ以上の冷凍は避けるようにしてください。
  • ⓸ 解凍する際は電子レンジで半解凍するか、前日に冷蔵庫に入れて解凍したから揚げをクシャクシャにしたアルミホイルの上にのせてオーブンに入れることで、余計な油が抜け、カリカリとしたからあげになります。

また暖かい季節の場合は、お弁当にから揚げを冷凍した状態で、入れておくと自然解凍され食べるときに丁度良い状態になっているのでやってみるのも良いと思います。

【スポンサードリンク】

揚げ物【コロッケ】の冷凍で保存できる期間と保存、解凍のコツ

コロッケを長期で保存する場合は、冷凍庫で保存するのがおすすめです。

保存する際はから揚げと同じように、しっかりと余熱をとった後に1つ1つラップに包んで、急速冷凍に便利な金属のトレイに入れて保存したください。

なおどうしてもすぐに金属の入れ物が見つからなかった場合には、ラップに包んだ後タッパーにいれてもよいです

また解凍する際は、ラップを外してキッチンペーパーなどに包んで、電子レンジで半解凍し、オーブンで加熱するかフライパンで揚げなおす方法があります。

電子レンジを使用しない場合は、クシャクシャにしたアルミホイルの上にラップを取ったコロッケをおき、5分程度加熱するとよいと思います。

以下手順を書いておきます。

  • ⓵ 揚げたてのコロッケおしっかりとラップに包みます。
  • ⓶ ラップに包んだコロッケを金属トレイかタッパーにいれ、できるだけ空気を抜くようにします。最後に入れ物の表面に、冷凍庫に入れた日を記載します。
    なお保存期間はから揚げと同じでだいたい3週間から1か月をめどにします。
  • ⓷ 解凍する際は、電子レンジでやる場合にはラップを取り、キッチンぺーパーのに包んで加熱した後オーブンで加熱します。
    電子レンジを使用しないときのみクシャクシャにしたアルミホイルに、コロッケを載せて5分加熱します

なおフライパンで揚げなおす場合は油をひかず、そのままコロッケを焼きます。

フライパンで焼きなおすのは、本当に面倒ではありますが、一番おいしく食べられる方法であると思います。

まとめ

ここまでは揚げ物の中でも特に人気の高い、から揚げやコロッケについてきてきましたが、トンカツや天ぷらなど揚げ物全般の冷凍庫での保存期間はだいたい1か月です。

ただ、冷凍していたとしても酸化が止まるわけではないので、どうしても悪くなっていくのは避けられません。

できるだけ早い段階で、食べることをおススメします。

【スポンサードリンク】

今日も読んで頂き、ありがとうございました。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年9月14日
最終更新日:2016年9月28日

カテゴリー:健康 食事

サブコンテンツ

このページの先頭へ