アマゾン(Amazon)で中古本を購入する際に1円でも後悔しない買い方とは?


アマゾン(Amazon)の中古本の購入(買い方)しかたってあるのでしょうか?

1円でも安くしたいと思いますよね。

アマゾン(Amazon) で何で中古本が安く買えるのか知りたいですよね。

購入(買い方)どうしても1円でも安く買いたいです。

アマゾン(Amazon)の中古本どうしたら安く購入(買い方)できるのでしょうか?

1円本って何なんでしょうか?

何でアマゾン(Amazon)の中古本って安く購入(買い方)できるのでしょうか?

1円本いいですよね。

送料だけで購入できるし。

アマゾン(Amazon)中古について、1円本について、購入(買い方)のしかたについて知りたいものです。

そこで今回は『アマゾン(Amazon)で中古本を購入する際に1円でも後悔しない買い方とは?』と題して大公開したいと思います。

【スポンサードリンク】

アマゾンで得する中古本の買い方

アマゾン(Amazon)は日本や世界中でも利用する方が多く、そしていろんな品々があり新品な本やゲームディスク、パソコンや服もあり、そして中古本や中古のゲーム、中古のテレビやアクセサリーなどもあり本当に多くの商品があります。

その商品の中でも中古本や中古のアクセサリーや服などには1円で購入できるものもあり、期間限定の価格では1万円の商品や新品の本やパソコンが1円で購入できたりします。

その中でも今回はアマゾン(Amazon)での中古本についてですが、1円の中古本を購入しても送料や手数料などで、実際1円以上の価格になってしまうケースが多いと思い、損な購入(買い方)になってしまうと思います。


ですが、そんなケースでもアマゾン(Amazon)の1円の中古本でもお得な購入(買い方)方法があり、これを利用すればアマゾン(Amazon)の1円の中古本でお得な購入(買い方)方法が利用できます。

ですので今回はアマゾン(Amazon)を利用した1円でも損しない購入(買い方)方法について紹介します。

【スポンサードリンク】

なぜ1円で販売されているのか

そもそも、なぜ1円で販売されているのかというと、実はこの1円で販売するやり方を「1円ビジネス」と呼ばれ、立派なビジネスなのです。

1円で商品を出品しても仕入れ値によっては儲かることができ、この1円ビジネスのポイントはいかに送料を安くできるのかということで、1円の古本の多くの送料は257円と表記されてます。

この送料が儲かる仕組みとなっており、販売者は商品代1円+送料の257円を受け取ることができます。

商品は販売者が購入者に直接送るため、そこから実際にかかった送料を差し引いた金額が利益になるということで、258円より安い金額で商品を送ればその分が利益になる可能性があります。

この1円で中古本をAmazonで販売している方の多くは大口契約者で、1ヵ月50個以上の商品を売買する業者は月4900円の固定料金を払い、そうすると基本成約料金100円が無料になるため、月の売上から4900円を回収できればそこからは売れば売るほど利益になる。

なので、Amazonには中古本が1円で販売している商品があるのです。

1円でも得する中古本の購入方法

Amazonで中古本が1円で販売されている仕組みを解説しましたが、ではどうすれば1円でも中古本を得する買い物ができるのかというと、実はそこまで1円の商品はひどい状態ではありません。

Amazonでは1円で販売されている商品もありますがタイムセールなどもあり、これをうまく活用すれば古本もそうですがとてもお得に商品の購入ができます。

具体的な方法は、

  • ・とにかく安い商品を探して安くする
  • ・amazonタイムセールをチェックする
  • ・amazonのお得な情報を通知してもらう
  • ・amazonで安い商品を検索する
  • ・amazonアウトレットを利用
  • ・業務用ストアを利用
  • ・10%offなどのamazon定期おトク便を使う
  • ・amazonの価格変動を観察して、安いときに買い物をする
  • ・amazon ベーシックストアを利用する
  • ・プライベートブランドストアを利用する

支払方法を工夫して安くする

  • ・amazon ギフト券を格安・無料で手に入れる
  • ・クレジットカードで決済する
  • ・一般のポイントサイトを経由する
  • ・クレジットカード会社が運営しているポイントサイトを経由する

以上です。
特に送料無料などはとてもお得ですので商品選びに参考にしてみてください。

まとめ

まとめとしては1円の古本でも多くの商品はとても商品の状態は良いので安心しても大丈夫です。

【スポンサードリンク】

また、タイムセールや送料無料などの商品がありましたらその商品や古本に欲しいものがあると思いますので参考にしてみてください。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年9月1日

カテゴリー:日常 話題

サブコンテンツ

このページの先頭へ