初心者運転の駐車のコツ!これで安心!


免許取り立ての初心者ドライバーにとって、駐車するというのは難易度が高いですよね。
自宅の車庫、混雑したスーパーの駐車場、立体駐車場など、駐車幅が狭かったり、行き交う車も人も多い駐車場だと運転初心者にとっては冷や汗ものですね。

しかし運転に駐車はつきもの。車を走らせたら必ず駐車しないといけません。
運転初心者の段階でこの駐車につまずき、段々運転出来なくなりペーパードライバーになってしまった、なんて人もいるのではないでしょうか。

駐車するときのコツってあるのでしょうか?コツがあるのならぜひ知りたいですよね。駐車のコツがつかめれば、運転初心者も安心して車の運転が出来るのではと思います。

今回は、初心者ドライバーがつまずきがちな駐車のコツとして『初心者運転の駐車のコツ!これで安心!』と題してお伝えします。

【スポンサードリンク】

バック駐車するときの3つのコツ

駐車するときに特に難易度が高いと感じるのは、バック駐車です。

バックさせて駐車するのは、後ろや左右がちゃんと見えない分恐怖感も大きいものです。だからといって、前から突っ込んで駐車させたとしても出るときは結局バックさせなくてはならないので、やはりバック駐車はドライバーにとって避けては通れない道なのです。

バックするときに怖いのは、後ろがよく見えないことと、両サイドの壁や車との距離が分からないことですよね。この恐怖心を克服するには、ミラーをよく見ることと、ピボットエリアを確認することです。バック駐車のコツは3つあります。

  • サイドミラーの角度を少し下向きに調節する
  • 車が停止した状態でハンドル操作
  • ピボットエリアを確認する

【サイドミラーの角度を少し下向きに調節する】

サイドミラーを、後ろのタイヤが見える位置に調節します。そのとき、タイヤと地面とその周りの景色も入るようにします。

後ろが見えることで落ち着いて車を操作させることが出来ますね。

【車が停止した状態でハンドル操作】

車を走らせたままバック運転するときは、10Km/hくらいの超ゆっくり運転が望ましいですが、初心者はアクセルを踏んだままバックをするのはハンドル操作が追いつかなくなって焦ってしまいますね。

初心者のうちは、車が停止した状態でハンドルを操作しましょう。いつでも止まれるように足はブレーキペダルに乗せておきます。このとき、間違えてアクセルペダルに足を乗せていて事故を起こしてしまうケースがあるので、ペダルを間違えていないかしっかり確認しましょう。

何回か切り返しが必要になりますが、焦らず落ち着いて車を操作することで成功率が上がります。一度で成功させようと思わないほうが案外上手くいくものです。

【ピボットエリアを確認する】

ピボットエリアとは、駐車場などに引かれている車両を仕切るライン(白線)の中のことです。左バックの場合は左後輪を、右バックの場合は右後輪をピボットエリアの角に合わせるのがポイントです。

内側の後輪がピボットライン(白線)の角を越してラインの内側(ピボットエリア)に入ったことを確認出来たら、両方のミラーを見ながらラインを水平になるようにバックしましょう。

【スポンサードリンク】

ひたすら練習しよう

上記のコツを頭に叩き込んだら、あとはひたすら練習あるのみです。実践に勝る練習はありません。
まずは自宅の車庫や、車の少ない駐車場などで実践してみましょう。スーパー等の駐車場を利用する場合は、最初は両サイドに駐車している車がない場所でバック駐車をしてみましょう。

コツをつかめばすぐに慣れると思います。
難易度の低い場所で成功体験を重ねて自信をつけることと、体で覚えることが大切です。

まとめ

いかがでしたか?
バック駐車は苦手意識が強い人も多いかと思いますが

・ミラーに後輪が映るように角度を調節すること
・車を停止させてからハンドル操作をすること
・ピボットエリアの角に後輪を合わせること

この3点を意識するだけで、バック駐車の苦手意識は克服出来ます。あとは実践あるのみです。

どうしても苦手という方は、車内から車の後方が見える「バックモニター」や、車を真上から見ているように映すことが出来る「マルチアングルモニター」「アラウンドビューモニター」搭載の車を購入し、そちらの機能を活用しましょう。
ただし、あまり車の機能を過信しすぎ頼りすぎてもよくありません。

それらの機能はあくまでサポートに過ぎません。最終的には車の運転はドライバーに責任があります。自分の感覚でしっかり確実に安全に駐車出来るようになりましょう。

【スポンサードリンク】

最後まで読んでいただきありがとうございました。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年9月19日
最終更新日:2016年9月29日

カテゴリー:日常

サブコンテンツ

このページの先頭へ