アスパラの下処理は炒める前にレンジで簡単に茹でる方がいいって本当?


この時期やはり美味しいのはアスパラですよね。

アスパラは下処理も楽だし炒めも良しレンジでチンしても良いですよね。

でもアスパラの下処理って良く分からないですよね。
炒める方法やレンジでの調理方法などあるのでしょうか?
アスパラの下処理と炒め方やレンジでの調理方法を知りたいですよね。

どうやら下処理は炒める前にレンジを使ったほうが良いみたいですね。

そこで今回は『アスパラの下処理は炒める前にレンジで簡単に茹でる方がいいって本当?』と題して大公開したいと思います。

【スポンサードリンク】

アスパラの下処理

下処理の方法は、茹でるだけではないですが基本は、やはりアスパラを茹でることから下処理は始まり、そして茹でるだけなので、この茹でる下処理が一番、簡単で下処理の習得も早いと言えるでしょう。

直接、茹でてしまっても良いのですが、茹でる前に、硬い部分を折るともっと食べやすくなります。

やり方としては、アスパラの根元を左右の手でもって、片方の手をアスパラの中央付近に持ち替えて、根元側の手を曲げると折れるで、そうしたら、皮を包丁などで、削って、これで茹でていきます。

大きめのフライパンに、直接、アスパラを投入していきますが、1リッターぐらいの水で茹でて、それで塩
を小さじ2杯ぐらいで、ゆで時間は2分を目安で行い、そして茹であがったら、冷水で冷やすと良いでしょう。

特に、当たり前にされてきてますが、基本的にアスパラの下処理で茹でるときは、根元から茹でていくということは、自然にできる人すぐにできるので、今更いうことでもないかもしれません。

お湯を使って茹でているので、全体を完全に茹でるには、やはり、完全にアスパラ全体が湯の中に入るように気をつけましょう。

下処理が完全にできてしまうと、食べ方も大事になってきます。

なぜならアスパラを食べるとき、ほとんどマヨネーズを使うのが定番になっているからです。

はっきり言うと、マヨネーズなどソース類は、今までの下処理したアスパラの味を壊す恐れがありますので、ソース類、特にマヨネーズを使わないことだと言えます。

【スポンサードリンク】

炒める前にレンジで簡単に茹でる方がいい

暑い時期に、お湯を使って下ごしらえなんて、とても暑くて、やってられないですよね。

そういうときは、電子レンジを利用して先にレンジで加熱しておき、それから茹でると、かなり時間が短縮されます。

電子レンジは600Wの電子レンジで1分程の加熱をしてください。

電子レンジの仕組みは、マイクロ波で、このマイクロ波が電子レンジの中の物体に1秒間24億5000万回の振動を与えます。

なぜ、このようなことをするのかというと、実は茹でるより、電子レンジで加熱するほうが甘みが増しますから下処理、炒める前には、電子レンジを使うと良いということになるのです。

そして最大のメリットは時間の短縮で、茹でるより、とても早く下ごしらえが完了されます。

あとは茹でるより水が少なくてすむことがメリットで、特に野菜はサラダなど水気があると、とても不味くなるので、この水分が必要ないのはメリットがとても高いと言えます。

まとめ

やはり、アスパラは、電子レンジで、加熱すると、甘みが増して、美味しくなるのですね。

とても驚きました。

茹でると時間もかかりますし、暑いときは、とてもじゃないですけれども、お湯なんて使いたくないですものね。

茹でるのが好きなら、それでも良いですが、本当に暑い時期は、お湯なんて使いたくないですからね。

とても勉強になりました。

また新たな、アスパラガスの下処理について、分かり次第、大公開したいと思います。

【スポンサードリンク】

ありがとうございました。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年9月3日
最終更新日:2016年9月4日

カテゴリー:日常 美容 食事

サブコンテンツ

このページの先頭へ