★【冬の寒さ対策】体が芯から温まる食べ物【冬にはNG!】体を冷やす食べ物


冬の寒い時期には寒さ対策が必要になってきますよね。

冬の寒さ対策で必要な内の一つが、体の中から温まるように血行をよくして冷やさないことが大切です。

実は、体の中から温まるには、摂り入れる食べ物で寒さ対策ができるってご存知ですか?

そして、反対に食べ物の中には、体を冷やす食べ物もあるんです。

知らぬ内に、体を冷やす食べ物を食べてしまっているかもしれません。

そんな気になる冬の寒さ対策になる体が温まる食べ物と体を冷やす食べ物についてクローズアップ!

今回は『【冬の寒さ対策】体が芯から温まる食べ物【冬にはNG!】体を冷やす食べ物』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

体を温めてくれる食べ物と冷やしてしまう食べ物の見分け方

  • 育つ環境で見分ける

    寒い国では体に熱を吸収して蓄える必要があるので、体を温める果物や野菜が育ちます。

    そして、反対に、南国では体内にこもった熱を下げるため、体を冷やす食べ物が育ちます。

  • 地面の下で育つものか、上で育つものかで見分ける

    地中で育つ食べ物は体を温め、地上で育つものは体を冷やします。

  • 発酵しているかどうかで見分ける

    発酵食品には体の代謝を良くする酵素が入っていますので、発酵食品は体を温めます。

    発酵食品として代表的なものは、味噌や納豆、醤油、漬物、チーズやヨーグルトなどがあります。

  • 色、形で見分ける

    実は、色でも体を温めるか冷やすかを見分けることができるんです。

    オレンジや黄色の野菜や果物は体を温め、白・緑・紫の食べ物は体を冷やします。

    ただし、トマトは暖色系の色味ですが、南米の暑い地域が原産なので冷やす食べ物なので、体を冷やす食べ物です。

    そして、形では、小さいもの、丸いものは体を温め、大きいもの、細長いものは体を冷やします。

体を温める食べ物は?

  • 野菜類

    にんじん、かぼちゃ、ネギ、山芋、生姜、ごぼう、ニラ、ニンニク、れんこん、玉ねぎ、カブなど

  • 果物

    りんご、みかん、いちごなど

  • 肉・魚類

    鶏肉、羊肉、鮭、鯖、タラ、フグなど

  • 調味料・香辛料

    味噌、ニンニク、コショウ、シナモンなど

  • 豆類

    小豆、黒豆、納豆など

  • 海藻類

    昆布、ひじき、あらめなど

  • ハーブ

    バジル、シナモン、山椒など

冬に収穫される根菜類はビタミンEや食物繊維を豊富に含み、血行を促進して体をポカポカに温めてくれます。

また、玉ねぎやネギは血液をサラサラにし、冷えを改善する効果があります。

体を冷やす食べ物は?

  • 野菜

    トマト、きゅうり、なす、ピーマン、パプリカなど

  • 果物

    すいか、梨、パイナップル、バナナ、グレープフルーツ、マンゴー、ドラゴンフルーツなど

  • その他

    スナック菓子・チョコレートなどのお菓子、アイスクリーム、菓子パンなど

南国などの暑い地域や夏に収穫される作物には、体を冷やしてしまいます。

【スポンサードリンク】

間違えやすいもの

記事公開日:2018年1月12日

カテゴリー:季節 食事

サブコンテンツ

このページの先頭へ