★ゆうちょ銀行が使えるコンビニATM、手数料徹底調査!


今では、どこのコンビニでもATMが利用できます。

でも、コンビニATMでは、手数料がかかってしまいます。

ゆうちょ銀行でお金をおろせば、手数料は無料なのはわかっているけれど、なかなか営業時間内に間に合わなかったり、行くのが手間だったりしますよね。

できれば手数料は安く抑えたいですが、一体どのコンビニATMがゆうちょ銀行の手数料安いのでしょうか?

そんな気になるコンビニATMでのゆうちょ銀行の手数料についてクローズアップ!

今回は『ゆうちょ銀行が使えるコンビニATM、手数料徹底調査!』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

ゆうちょ銀行が使えるコンビニは?

まずは、ゆうちょ銀行が使えるATMを見ていきましょう。

 

  • ・セブンイレブン
  • ・ローソン
  • ・ファミリーマート
  • ・ミニストップ
  • ・サークルKサンクス
  • ・スリーエフ
  • ・ポプラ

セブン-イレブンはセブン銀行ATM 、ローソンはローソンATM 、その他ファミリーマートなどはE-netなどのコンビニATMから入手金出来ます。

【スポンサードリンク】

ゆうちょ銀行の手数料が安いコンビニは?

 

  • 【ファミリーマート】首都圏と関西圏の約500店舗のファミリーマートで、ゆうちょ銀行のATMが24時間使えます。

    さらに、手数料はなんと無料なんです。

    ただ、関東は、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県。

    東海は、愛知県。

    近畿は、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県がファミリーマード内にゆうちょ銀行があります。

    まだ全国展開させてるわけではなく、23:55~翌0:05の間の時間帯は利用できませんので、注意が必要です。

    また、第3月曜日は、7:00から営業が開始されます。

    ゆうちょ銀行がない店舗は、E-netを使うこととなります。

    月曜日は、8:45~18:00までは108円、6:30~8:45、18:00~23:55までは216円です。

    月曜日を除く平日(火~金)、土日祝の出金・入金は0:05~23:55までです。

    土曜日は、9:00~14:00までは108円、0:05~9:00、14:00~23:55までは216円です。

    日曜日、祝日は、0:05~23:55まで216円です。

  • 【セブンイレブン】セブンイレブンは店舗数でいえば、NO.1ですが、手数料がかかってきます。

    手数料は、平日8:45~18:00が108円、土曜日9:00から14:00まで108円、それ以外は216円かかってきます。

    そして、23:55~翌0:05の間の時間帯は利用できませんので、注意が必要です。

  • 【ローソン】ローソンでは、ちょっとATMに関しては複雑で、ATMを管理している銀行(みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、伊予銀行、その他の銀行)によって時間や手数料が違います。

    ・管理:みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行の場合

    平日8:45~18:00が108円、土曜日9:00から14:00まで108円、それ以外は216円かかってきます。

    そして、火曜日から土曜日までの23:55~翌0:05の間の時間帯は利用できません。

    また、日曜日の20:10〜月曜日6:30までは利用できません。

    ・管理:伊予銀行の場合

    平日8:45~18:00が108円、土曜日9:00から14:00まで108円、それ以外は216円かかってきます。

    そして、火曜日から土曜日までの23:55~翌0:05の間の時間帯は利用できません。

    また、日曜日の20:00〜月曜日7:00までは利用できません。

    ・上記以外の銀行の場合

    平日8:45~18:00が108円、土曜日9:00から14:00まで108円、それ以外は216円かかってきます。

    そして、火曜日から土曜日までの23:55~翌0:05の間の時間帯は利用できません。

    また、日曜日の21:00〜月曜日7:00までは利用できません。

    平日、土日の時間帯は同じなんですが、営業休止時間が微妙に違いますので、注意が必要です。

  • 【サークルKサンクス】月曜日8:45〜18:00までが108円、7:00〜8:45、18:00〜23:55までは216円です。

    火曜日から金曜日までは、8:45〜18:00までが108円、7:00〜8:45、18:00〜23:55までは216円です。

    土曜日は、9:00〜14:00は108円、7:00〜9:00、14:00〜23:00までは216円です。

    日曜日、祝日は、8:00〜23:00は216円です。

    月曜日の23:55〜7:00、火曜日から金曜日までの23:55〜0:05、土曜日の23:00〜0:05、日曜日の23:00〜8:00までは利用できません。

    時間や曜日で手数料が微妙に変わってきますので、注意が必要です。

  • 【ミニストップ、スリーエフ、ポプラ】月曜日8:45〜18:00までが108円、6:30〜8:45、18:00〜23:55までは216円です。

    火曜日から金曜日までは、8:45〜18:00までが108円、0:05〜8:45、18:00〜23:55までは216円です。

    土曜日は、8:45〜14:00までが108円、0:05〜8:45、14:00〜23:55までは216円です。

    日曜日、祝日は、0:05〜23:00は216円です。

    月曜日の23:55〜6:30、火曜日から金曜日までの23:55〜0:05、土曜日の23:55〜0:05、日曜日の23:55〜0:05までは利用できません。

    時間や曜日で手数料が微妙に変わってきますので、注意が必要です。

郵便局のゆうちょ銀行でしかできないことは?

コンビニATMでできないことは、通帳が使えないということです。

また、定額貯金、定期貯金等は、郵便局などのゆうちょ銀行のATMでしか取引ができません。
そのため、コンビニATMでできることは残高照会と入出金です。

まとめ

コンビニATMでのゆうちょ銀行の手数料についてご紹介しました。

ファミリーマートでは、取り扱っているATMが、E-netとゆうちょATMの2種類がありますので、事前に公式サイト等でチェックするとよいでしょう。

ただ、ゆうちょ銀行であれば、ゆうちょキャッシュカードを使い、24時間無料で、出金・入金が可能です。

【スポンサードリンク】

便利だからとコンビニで使いすぎないように気をつけましょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2017年11月22日

カテゴリー:ビジネス 日常

サブコンテンツ

このページの先頭へ