★嫌~なゴキブリ退治はこの方法で決まり!簡単に駆除する方法とは?予防対策もしよう!


ゴキブリが苦手・・・なんて人の方が多いでしょう。

ゴキブリが出るとドキッとしてしまいますよね。

そんなゴキブリが出た時の最強の退治方法はどのような駆除方法でしょうか。

できれば、簡単な駆除、退治方法がよいですよね。

また、ゴキブリが出るかもと怯えて暮らすより、ゴキブリを見ずに快適に暮らしたいですよね。

一体どのような対策をすれば、ゴキブリを見ずに済むようになるのでしょうか。

対策もできるだけ簡単な方がよいですよね。

そんな気になるゴキブリ退治で、簡単に駆除する方法や対策方法についてクローズアップ!

今回は『嫌~なゴキブリ退治はこの方法で決まり!簡単に駆除する方法とは?予防対策もしよう!』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

ゴキブリの種類は?

大きく分けてゴキブリは、2種類います。

1cmぐらいの小さいチャバネゴキブリとクロゴキブリです。

チャバネゴキブリは、レストランや居酒屋などの飲食店に発生しやすいです。

クロゴキブリで体長が3cmぐらいで茶褐色の黒テカリしたゴキブリです。

ゴキブリは大体1ヶ月ぐらいで卵から孵り、2ヶ月くらいで成長します。
寿命は半年くらいで、主に暖かくなる6月〜9月に発生します。

【スポンサードリンク】

最強のゴキブリ駆除方法は?

ゴキブリの駆除が完全にできる最強の方法は、毒のエサを置く事です。

 

  • 【コンバット】コンバットの最大の魅力は、

    有害成分を巣まで持ち帰ってくれます。

    目の前のゴキブリを倒しても、室内に巣を作られていれば、再び別のゴキブリが現れます。

    コンバットに引っかかったゴキブリは、巣に戻ることで有害成分を巣のゴキブリに振りまきますので、コンバットは、巣からゴキブリを根絶やしにできます。

  • 【ブラックキャップ】ブラックキャップは、ゴキブリの駆除と対策に有効です。

    耐性をもつゴキブリにも効果がありますし、ゴキブリの卵の駆除もできます。

    置くポイントは洗面台周りやキッチン台所や流し台と温かいところを好むので冷蔵庫の周りも大事です。

  • 【ゴキジェット】ゴキジェットを噴射し、一気に息の根を止めにかかりましょう。

    ポイントは10秒以上の噴射です。

    少し噴射しただけでは、最近のゴキブリは普通に起き上がります。

    そのため、触覚さえも動かなくなるには、最低でも10秒の噴射は必要です。

ゴキブリが外から新たに侵入してこないようにする方法は?

 

  • 【窓には網戸を行い、サッシとの隙間もテープで密閉する】ゴキブリが家に侵入してくるとき、多くの人は小さな隙間から忍び込んでくると思っている方が多いでしょう。

    意外と、普通に窓から入ってきていることも多いため、例えば、夏場、ちょっと窓を開けている隙に、堂々とゴキブリは入ってきてしまいます。

    そのため、窓には網戸をつけて侵入を防ぐことが大切です。

    ただ、網戸とサッシの間に微妙に隙間が開いていることがあり、最低でも1.5mmの隙間があれば、ゴキブリは侵入してくる可能性がありますので、網戸の隙間テープを使って隙間をふさぐのがよいでしょう。

  • 【駆除剤・アロマスプレーを玄関にも】頻繁に開け閉めされている玄関もゴキブリにとって、侵入口になります。

    そのため、置き餌型の駆除剤や粘着シートなどのトラップを置くほか、殺虫剤やゴキブリが嫌うミント系のアロマオイルをスプレーするといった方法を行います。

    ドラッグストアなどで「ハッカ油」の名称で売られており、これを水で希釈してスプレーすればゴキブリに対する忌避効果があります。

    ただし、化学的な殺虫剤に比べると効果は薄いので、殺虫剤を玄関を頻繁に撒くのを控えたい場合に、補助的に使用するようにしましょう。

    また、アロマオイルは動物に悪影響があるため、ペットがいるご家庭では事前に確認しましょう。

  • 【換気扇やエアコンのホースなど小さな侵入口を塞ぐ】玄関や窓の他にも、外部へつながる穴があります。

    たとえば、換気扇や通風口、エアコンのホースなどがあてはまります。

    これらの穴は、ゴキブリにとって立派な出入り口になります。

    エアコンの排水ホースの出口や換気扇などには、フィルターをとりつけるようにしましょう。

    そして、換気扇には専用のフィルターをつけ、エアコンの排水には、ストッキングをかぶせるのが簡単な対策になります。
    お風呂の排水口、シンクの排水口も外部とつながる穴ですので、専用の排水口用ネットを使うようにしましょう。

    また、排水や通気の穴そのものではなくその周囲も気をつける必要があります。

    たとえば、エアコンのホースと穴の間に隙間ができますが、この隙間がゴキブリの侵入口になってしまいます。

こうした隙間はパテで埋めるのがおすすめです。

まとめ

【スポンサードリンク】

今回はゴキブリ退治や対策についてご紹介しました。
ゴキブリの駆除対策は、毒エサを置きくことと同時に、侵入防止対策をとることがことがベストです。

ぜひ試してみてくださいね。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2017年10月10日

カテゴリー:動物 掃除

サブコンテンツ

このページの先頭へ