★六曜のひとつ「仏滅」はどんな日?仏滅の意味とは?この日にやっていいことや悪いことは?


六曜のうちの仏滅。

仏滅ってどんな日かご存知ですか?

仏滅は、悪い日としても知られていますが、悪いことをしないように気を付けようなどと、なんとなくでしか意味を知らない方も多いでしょう。

六曜の中の仏滅は一体どんな意味があり、一体どんな日なんでしょうか。

また、仏滅の日にやっていいこと、悪いことはあるのでしょうか。

仏滅の日にやっていいこと、悪いことを知っておくと、安心して仏滅の日を過ごすことができますよね。

そんな気になる六曜のうちの仏滅はどんな意味があり、どんな日なのか。

仏滅の日にやっていいこと、悪いことは何なのかについてクローズアップ!

今回は『六曜のひとつ「仏滅」はどんな日?仏滅の意味とは?この日にやっていいことや悪いことは?』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

仏滅とは?

仏滅とはどんな日なんでしょう。

仏も滅するような大凶日と言われています。

昔はすべてがむなしい物滅と言われていたそうですが、近年になって物って文字が仏になっていったそうです。

仏滅は、六曜の中で一番縁起が悪く凶の日とされており、明治時代には一度は六曜は禁止されていますが、第二次世界大戦が終わるとともに復活しました。

それが今でも残っているのが仏滅などの六曜なんですが、実は仏教とは関係はありません。

そのため、仏滅というのは、別に本当に仏様が亡くなった日というわけではありません。

旧暦では、お釈迦様の死んだ日とされる2月15日が必ず仏滅になるそうですが、偶然そうなっただけなんだそうです。

また『物滅』として「物が一旦滅び、新たに物事が始まる」とされ、「大安」よりも物事を始めるには良い日との解釈もされています。

【スポンサードリンク】

仏滅の日にやってはいけないこと

 

  • 【他人のお祝いごと】結婚祝いや出産祝い、また誕生日祝いなどを渡すことがあるでしょうが、その渡す日が仏滅でないか気をつけましょう。

    実際会って渡す場合はその日にちを、郵送で贈る日には到着日を確認しましょう。

    相手の手元に渡る日が仏滅だと、縁起が悪いとも言われていますので、せっかく貰ったけれども、気分が悪いと考える方もいらっしゃいます。

    仏滅だからもらわない方が良かったのではないかと嬉しさも半減してしまいますので、気をつけましょう。

  • 【結婚式】仏滅には、結婚式は避けた方が良いと言われています。

    結婚式のようなお祝い事は、この日を避ける習慣が古くからありますが、仏滅は終日を「凶」とする説と、午後は縁起が良いとする説があります。

    江戸時代の終わり頃より、今のように吉凶を表すものとなり、結婚式に大安吉日が喜ばれるようになったのですが、その根拠は明確ではありません。

    六曜は科学的には何も根拠はなく、大安に結婚して、離婚するカップルも大勢いたり、仏滅に結婚式を行い、今も幸せな夫婦は多くいらっしゃいます。

    二人と両家が納得した日取りであれば、問題ないと思います。

  • 【納車】納車の日取りも、仏滅を避けたほうがいいと言われています。

    縁起が悪い日に手元に来るのは、なんだか心地よくありませんので、安全に乗るためにも、仏滅は避けるとよいでしょう。

仏滅の日にやってはいいこと

仏滅の日にやっていいことは、仏事などお葬式や法事です。

忌み事は、仏滅の日に関しては考慮されることがなく、逆に「友引の日」だけは故人が親しい友人をあの世に引っ張っていく、ということから避けられ傾向があります。

あとは、引っ越しです。

実は、仏滅の日は引越しに適しています。

「仏滅」は、以前は「物滅」とされていたことから、物が一旦滅び、新たに物事が始まる」ことを意味していますので、引っ越しには最も適した日となっています。

仏滅と書くと悪い印象が強いですが、実は引越しに向いている日なんです。

しかし、そんな意味が隠れている仏滅ですが、多くの人はやはり大安を選ぶ方が多いようです。

また、参拝も仏滅でもよいです。

というのも、そもそも大安や仏滅といった「六曜」の起源には諸説ありますが 中国の占いであると言われ、神道とも仏教とも異なる文化だからです。

まとめ

今回は六曜のうちの仏滅についてご紹介しました。

六曜は仏教との関係はありません。

【スポンサードリンク】

宗教的な教えなどではなく、あくまで迷信であるため、とらわれ過ぎる必要はないようです。

六曜は迷信などや気の持ちようとも言われますが、長い物には巻かれろということわざがあるように、お祝事の日取り決めには年配者などの意見を尊重した方がよいでしょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2017年7月21日

カテゴリー:健康 季節 掃除 日常

サブコンテンツ

このページの先頭へ