★栗の皮むきが超簡単に出来る裏ワザとは!


秋になると栗が美味しい季節ですよね。

しかし、家で栗料理を作ろうと思っても、上手に栗の皮がむけずに苦労したという方も多いのではないでしょうか?

そんな大変な栗の皮むきを簡単にできる裏ワザがあれば、楽チンですよね。

栗には、渋皮と鬼皮という2種類の皮が付いていて、これらの皮はやり方さえしっかり覚えれば誰でも簡単にスルッとむけます。

一体簡単にできる栗の皮むきの裏ワザはどのような方法なんでしょうか?

そんな気になる簡単にできる栗の皮むきの裏ワザについてクローズアップ!

今回は『栗の皮むきが超簡単に出来る裏ワザとは!』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

栗の鬼皮、渋皮とは?

栗の鬼皮は、栗の外側を覆う堅い外皮を指します。

この鬼皮は、固くて本当に剥きづらいんです。

そして、渋皮とは、栗の実の表面についている薄い皮を指します。

この渋皮は、名前の通り、渋い皮ですので、皮がついているまま食べてしまうと美味しくありません。

栗の皮むきが簡単にできる方法は?

  • 水に浸けておく

    栗の鬼皮をむいた後に、水を入れたボウルなどに栗を一晩浸けておくと、簡単に渋皮をむくことができるそうです。

  • フライパンを使う

    フライパンに入れる前に、栗のおしり部分に包丁で、切れ目を入れます。

    フライパンに入れたら、栗の頭が少しでるくらいに水を入れ、蓋をして10分くらい中火で加熱します。

    すると、栗がパチパチと音がしてきますので、3分強火にしていります。

    これだけで簡単に皮がむけるようになります。

    フライパンに入れる油は多めにし、一気に栗を入れるのではなく、何個かに小分けして入れましょう。

  • 冷凍させてから皮をむく

    鍋に栗がひたひたになるくらいの水と少量の塩を入れて火にかけます。

    この時、鍋に蓋をしないようにしましょう。

    そして、1分程度沸騰したら、火を消します。

    そのあと、鍋に蓋をして余熱調理し、粗熱が取れるまで放置します。

    粗熱が取れたら、ジップロックなどに入れて、冷凍庫に入れます。

    調理する時には、栗を解凍して、栗のおしりの方に切れ込みを入れて剥がすと、鬼皮と渋皮が綺麗にむけます。

  • 圧力鍋を使う

    栗の頭に1センチ程度の十字の切れ込みを入れます。

    圧力鍋に栗を入れ、栗が全部隠れるくらいに水を入れ、6分ほど火にかけます。

    そのあと、圧力鍋に水をかけ、急激に冷やして3分ほど待ちます。

    これでとても簡単に栗の皮がむけるようになります。

  • 電子レンジを使う

    栗に深く包丁で切れ目を入れたあとに、電子レンジでチンするだけです。

    レンジは600Wで約1分30秒ほどチンするだけですが、栗の大きさによっては温める時間が長くなると、栗の水分が蒸発してしまう場合があるため、注意が必要です。

    そして、一回に入れる栗の数は、5〜8個くらいにしましょう。

  • 栗の皮むき器を使う

    最近では、通販など栗の皮むき器が販売されています。

    栗の皮むき器は安いもので400円程度のものから、高くても2000円程度で購入可能ですので、1つあれば便利かもしれません。

【スポンサードリンク】

渋皮のむき方

  • 塩水で茹でる

    鍋に塩を入れ、渋皮が白っぽい色に変わるまで茹でます。

    茹でたら水の中に入れ、手で持てるくらいまで冷やします。

    そのあと、スプーンを使い、栗のおしりの方からえぐるようにすると綺麗にむけます。

    冷やし過ぎて場合は、むけにくくなりますので、その場合はもう一度茹でましょう。

  • 歯ブラシでこする

    栗の渋皮を歯ブラシでゴシゴシとこするだけで簡単に皮をむくことができます。

    使う歯ブラシは固めのタイプがよいでしょう。

    歯ブラシでこするだけなら子供のお手伝いにも良さそうです。

栗の皮むきをする際の注意点は?

特に電子レンジを使って栗の皮をむく場合、そのまま栗を入れてチンすると爆発するので、必ず包丁で深い切れ目を入れてからチンするようにしましょう。

また、栗の渋皮には美白効果、抗酸化作用のあるタンニンが含まれていますが、栗は栄養価が高いため、食べ過ぎには注意しましょう。

栗4〜5粒ほどで、白飯1杯分と同じくらいのカロリーと同じになりますので、食べ過ぎてしまうと肥満の原因になってしまいます。

まとめ

今回は、簡単にできる栗皮むきの裏ワザについてご紹介しました。

栗の皮をむくとなると、1個や2個ではなく、何十個もやるのは、固いのでとても大変ですよね。

栗の皮を簡単にむくことができる裏ワザで、誰でもむけちゃいます。

【スポンサードリンク】

ぜひ試して、秋の味覚を楽しんでくださいね。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2018年1月25日

カテゴリー:季節 食事

サブコンテンツ

このページの先頭へ