電子レンジを掃除しないと故障の原因に?重曹で焦げ等を落とす方法


毎日の料理において必ず使う調理道具と言えば電子レンジであると思います。

今日は料理をするのが面倒くさいなあというときに、スーパーの調理品を電子レンジでチンとするだけで食べられるわけですから本当に便利ですよね。

しかしあまりの手軽さゆえか、それとも電子レンジの汚れが肉眼ではわからないからなのかついつい電子レンジ掃除をサボってしまう方が多いのではないでしょうか?

実はこれは故障や発火の原因にもなり大変危険なことなんです。

具体的にいうと電子レンジ掃除ををしないでいると、知らず知らずのうちに食べ物の焦げやカスなどが、電子レンジの壁に付着します。その影響で電磁波がうまく食べ物に伝わらなくなり、食べ物が温まりにくくなります。

さらに電子レンジ掃除をしないで放置しておくと、やがてその食べ物の焦げやカスは大きくなり、熱によって発火をおこしたりして電子レンジの故障の原因となっていくというわけです。

もし電子レンジが故障して発火してしまえば、あなたの生活自体も壊すことになりかねません。

状況にならないためにも、普段から電子レンジ掃除を定期的に行い、食べ物の焦げやカスを取り除いていく必要があるのです。

しかし、食べ物の焦げやカスは意外と頑固なものですし、電子レンジ掃除の専用洗剤を使うにしても食べ物を入れるのであるため気が引けるという方もおられると思います。

そこで最近注目されているのが重曹を使った電子レンジ掃除の方法です。

「えっ重曹とはそもそもなに?」

「重曹はどこで入手できる?」

などいろいろな疑問もあると思います。

そこで今日は

電子レンジを掃除しないと故障の原因に?重曹で焦げ等を落とす方法

と題して重曹を使った電子レンジ掃除の方法について具体的に解説していきたいと思います。

年末の大掃除においても電子レンジ掃除は最大の難所の1つになりますので、これをみて参考にして頂ければと思います。

【スポンサードリンク】

重曹を使った電子レンジ掃除で頑固な食べ物の焦げカスを落とす【準備編】

ここでは重曹を使った電子レンジ掃除を今からまさに始めようという前に留意しておくことと、具体的に準備するものについて書いていこうと思います。

まず電子レンジの中で汚れやすいのが電子レンジの内壁【特に天井】やターンテーブルの上、電子レンジの裏側の通気口>です。

これらの汚れを放置していますと、嫌な臭いを発したり、電子レンジの機能そのものに影響が出て、無駄に電気を消費するようになったり、最悪発火しまうので、念入りにお掃除することをおすすめします。

続いて電子レンジ掃除の前に用意するものについて解説していきます。

まず重曹です。重曹はショッピングセンターなどで簡単に入手できます。次に電子レンジ用の耐熱容器、それと電子レンジの内壁を拭くため古い布を用意しましょう。

なおあまりにも電子レンジの内壁の汚れが頑固な場合のために、食器用の中性洗剤やキッチンペーパーも用意しておきましょう。

キッチンぺーパーは汚れをふき取るのはもちろんのこと、汚れを浮かせる湿布としても使えるので、大変に重宝します。ただし電子レンジによっては使えない場合もあるので、使用の際は電子レンジの説明書をしっかり読んでください。

【スポンサードリンク】

【重曹使った電子レンジの掃除で頑固な食べ物の焦げやカスを落とす【実践編】

  • ⓵重曹水を作りレンジでチン電子レンジ掃除の第一歩としてまずは、重曹水をつくっていきましょう。分量はコップ一杯につき、重層大さじ1杯を目安に作ります。

    作り終わったら、それを耐熱容器に入れて、電子レンジに入れて20分から30分加熱します。この時沸騰とともに重曹を含む水蒸気が発生し汚れがふやけて浮き上がってくるのが狙いでです。

    加熱し終わったら、耐熱容器を取り出すわけですが、この時容器がかなり熱くなっていますので、火傷しないように注意してください。

  • ⓶ふき取り 
    さて重曹で汚れを浮かせたら、次はふき取りにはいっていきます。この時先ほど加熱した重曹水を冷まして布につけることで汚れをよく落とすことができます。またこの時電子レンジの中身とあわせて、裏側の通気口や電子レンジ下などを拭いておくのもよいかもしれません。どちらも汚れが溜まりやすいですし、普通に拭いただけでは落ちない場所です。

    重曹水を含ませた布で拭いた後は、今度はからぶきで仕上げていきます。重曹水で拭くときのように隅々まで拭いていきましょう。掃除はこれで終了です。

  • ⓷汚れが落ちない場合
    たいていの汚れは⓵、⓶の過程を経ることで落とすことができますが、やはり長い間そうじしていないとなかなか食べ物の焦げやカスが落ちない場合もやはりあります。

    そこで登場するのが、食器用中性洗剤とキッチンペーパーです。やり方は食器用洗剤を染み込ませたキッチンペーパーを電子レンジの内壁に貼り付けて水を耐熱容器に入れて加熱するだけです。

    こうすることで重曹水の時と同じように、汚れを浮かせてとることができます。

まとめ

どうでしたか?電子レンジ掃除は放置しておくと、かなり大変になり、一回ではなかなか落ちなくなります。

そうならないためにも電子レンジを使ったら毎日掃除をするようにしていきましょう。使用直後であれば水蒸気によって汚れも浮いており、ふき取りは容易であると思います。

1日1日のの小さな掃除の積みかさねていくことで、大変な掃除をしなくていいわけですのでしっかりとやっていきましょう。

【スポンサードリンク】

今日も読んで頂きありがとうございました。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年9月22日
最終更新日:2016年9月30日

カテゴリー:掃除

サブコンテンツ

このページの先頭へ