電子レンジとオーブンの使い方(予熱、皿、天板)について分かりやすく解説!


日常生活に利用頻度の高い電化製品は電子レンジとオーブンではないでしょうか。

電子レンジとオーブンは、毎日の生活に欠かせない利用頻度の高いキッチンアイテムで、使い方次第では、調理が苦手な人でもいつもアツアツの食事ができるのです。

使い方はとっても簡単で、例えばお弁当を温めたいときは、電子レンジの中のお皿に商品を乗せて加熱するだけです。電子レンジは、予熱も特にいりませんので、時間のないときなどにはとっても重宝します。

お皿の上でくるくる回っているのをよく見かけるのですが、電子レンジと言えばお皿です。スイッチを押せば、お皿の上で食材がすぐに温かくなります。

また、オーブンは簡単に調理をすることが出来るのがおススメで、使い方はこちらも簡単です。オーブンを最初に予熱してから、天板の上で食材を加熱するだけでOK(予熱後調理)です。

スイッチをいれるだけであとは簡単に調理をしてくれますが、天板は、予熱でもとても熱くなりますので注意が必要です(予熱の時は外してもOK)。
使い方としては、天板を使用しなくても調理はできますので、その時はオーブンから天板を外して使用しましょう。

電子レンジとオーブンがあれば、時間を短縮出来たり、調理の手間が省けたりして毎日の生活がとても便利になります。

今回は、これらの使い方(お皿や天板などを含む)について『電子レンジとオーブンの使い方(予熱、皿、天板)について分かりやすく解説!』をご説明します。

【スポンサードリンク】

電子レンジとオーブンの使い方について

コンビニのお弁当など、温める機能を使うには電子レンジを使用します。

中で皿が回っていて、寒い日でも温かい食べ物がすぐに食べられ、使い方が簡単でとっても重宝します。
気軽に使えるのが便利で、食材を入れて、すぐに加熱することができます。

一方、オーブン180度~250度に内部を加熱して、天板の上にのせた食材を調理する方法です。
天板はとてもあつくなりますので注意が必要ですが、簡単に調理することが出来ます

予熱してあらかじめ高温にして使用すれば、焼きむらがおこりませんので予熱をしておくとよいでしょう。

電子レンジとオーブンは、その利用方法にも違いがあるので覚えておきましょう。

電子レンジとオーブンの構造上の違いとは

次に、電子レンジとオーブンの構造上の違いですが、オーブン予熱などをして内部を高温に加熱するのに対し、電子レンジ電磁波を使って温めます
お皿は、付属の電磁波に対応したものを利用するのがよいでしょう。

また、電子レンジはお皿に食材をのせて温めたりしますが、オーブンは天板にのせて調理します
これはオーブン内部が加熱されて高温になるからですが、予熱のときは、天板ははずしておきましょう。

オーブンを使った時あとは、内部が加熱されていてとても熱くなっているので注意が必要です。

一方で、電子レンジはそんなに熱くなりませんが、それは電磁波で、直接食材を温めているからです。

【スポンサードリンク】

両方使える便利なオーブンレンジ

オーブンと電子レンジの両方の機能がついたオーブンレンジが便利です。
オーブンレンジには、天板と皿が両方付属していたりします。

電子レンジとしてすぐに温めることが出来るし、オーブンとしても調理することが出来るのが便利ですよね。1台でたくさんのことができるので料理の幅が広がります。

使用頻度が高い人には、オーブンレンジがおススメです。

終わりに

電子レンジとオーブンは、生活に欠かせない、気軽に利用できる便利なキッチンアイテムであることが分かりました。
温めたり調理をしたりするときは、その使用方法をよく理解して、使い分けて活用しましょう。

【スポンサードリンク】

また、両方の機能を活用したい場合は、オーブンレンジを使用すると便利です。
高温に加熱調理するのはもちろん、時間がなくてすぐに温めたいという場合にも重宝します。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年9月28日
最終更新日:2016年9月30日

カテゴリー:日常 食事 食品

サブコンテンツ

このページの先頭へ