★レジンのアクセサリーの作り方!初心者でも意外に簡単!レジンアクセサリーを作ろう!


ハンドメイド好きの女性の間でここ数年人気なレジンアクセサリー。

初心者でも簡単に作ることができちゃうんです。

でも、レジンアクセサリーの作り方は初心者でも簡単にできるとは言え、どのような作り方をするのでしょうか。

また、レジンアクセサリーのアレンジやアイデアなども知りたいですよね。

そんな気になる初心者でも簡単に作れるレジンアクセサリーの作り方についてクローズアップ!

今回は『レジンのアクセサリーの作り方!初心者でも意外に簡単!レジンアクセサリーを作ろう!』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

レジンとは?

レジン(resin)とは英語で「樹脂」のことを指します。

たくさんの種類のレジンがありますが、一般的にレジンアクセサリーを作るという場合に使われるレジンは、「エポキシレジン(2液混合型)」と「UVレジン(紫外線硬化型)」の2種類があります。

エポキシレジン(2液混合型)とは、主剤と硬化剤の2種類の液体を混ぜることで化学反応を起こし、硬化させるタイプのレジンです。

使う量や気温などの環境に左右されますが、完全に硬化するまでに、1日から3日ほどかかります。

厚く固めることが可能で応用力が高いので、より立体的な作品を作りたい場合に適してます。

UVレジン(紫外線硬化型)は、紫外線を当てることにより硬化します。

UVライトなどの器具を使えばたった5分程で硬化が完了し、エポキシレジンよりも早く作業ができます。

UVライトがなくても、良く晴れた日の太陽光に当てておくと、早くて30分から1時間くらいで硬化させることができます。

紫外線が届く範囲しか硬化しないので、あまり厚く盛りすぎた作品の硬化は厳しいですが、いきなり盛りすぎるのではなく、硬化したあと、重ね塗りを何度か繰り返し行うことで、ある程度立体感のある作品も作ることができます。

【スポンサードリンク】

レジンアクセサリーに必要なものは?

UVレジンですと、100均にも売られていて、硬化時間が短いのと刺激臭も少ないので初心者の方でも扱いやすいレジンです。

では、実際レジンアクセサリーを作ろうとした時、何が必要なんでしょうか。

 

  • 【レジン液】レジンアクセサリーのメイン材料となるレジン液です。

    手芸店、クラフトショップ、通販などで扱っています。

  • 【UVライト】UVライトも手芸店などや通販でも販売しています。

    UVライトはネイルなどでも使われ、高価なイメージがありますが、小型で値段が比較的安いものもあるので、初心者でも安心して購入できます。

  • 【シリコンマット】シリコンマットはレジンアクセサリーの作業台として使用します。

    ホームセンターや100均などで販売しています。

  • 【ピンセット・つまようじ】ピンセット・つまようじは細かい作業に使います。
  • 【台座・ミール皿】レジンを流しこむ土台となるパーツです。

    丸型や楕円、四角など様々な形があります。

    初心者の方は、どんなアクセサリーを作りたいのか考えてから選ぶとよいでしょう。

  • 【空枠】空枠とは枠だけのアクセサリーパーツです。

    ミール皿と違い、底がないので表裏からレジンアクセサリーを楽しむ事ができます。

  • 【コラージュペーパー・コラージュシール】レジンアクセサリーの背景としてかわいいデザインなどが描かれているシートやシールです。
  • 【モチーフパーツ】モチーフパーツをレジンと組み合わせて使います。
  • 【ラメパウダー】ネイル用のグリッターパウダーと蓄光パウダーで、レジン用としても併用できます。

初心者でも簡単レジンアクセサリー作り

レジンアクセサリー初心者の方は、台座やミール皿とコラージュペーパーを使った基本的な作り方から行ってみるとよいでしょう。

 

  • 【ミール皿】コラージューペーパーを底に貼ったり、シートなどを使わず台座やミール皿の底にマニキュアを直接塗ったり、ガラスカレットやスパンコール、ビーズなどを散りばめてもよいでしょう。

    その上からレジンを流し込み、UVライトで乾かします。

  • 【ハートのイヤリング】イヤリングパーツを使えば、可愛いハートのイヤリングも作ることができます。

    デザインはラメパウダーなどを使いシンプルにしたりアレンジ沢山です。

  • 【いろんな塗り方】土台に宇宙柄のマスキングテープやデザインシートなどを使ったり、数色のマニュキアを使った宇宙塗りや、海塗りという塗り方もあります。

    これらの着色のテクニックも身につけると創作の幅が広がります。

まとめ

今回は初心者でも簡単にできるレジンアクセサリーの作り方についてご紹介しました。

【スポンサードリンク】

レジンアクセサリーは、意外と簡単に気軽に挑戦できます。

封入するパーツの種類や配置を工夫したり、着色してみたりと、オリジナルデザインを考えるのも楽しく、オススメです。

興味がある方はぜひ、いろんなレジンアクセサリーを作成してみてくださいね。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2017年10月24日

カテゴリー:トレンド ビジネス 美容

サブコンテンツ

このページの先頭へ