ガムを飲み込む害は?太るって本当?子供に教えたいあれこれ


よくガムを飲み込むと太るっていいますよね。

子供に害があるから言われているのでしょうか?

ガムを飲み込むと何か他に害があったりするものなのでしょうか?

太るというのは、 子供だけのことなのでしょうか?

ガムを飲み込む害って本当にあるのか疑問です。
太る以外で子供に何か害があるなら知りたいところです。
ガムを飲み込むぐらいで太る以外で害になるなら、子供にガムなんて与えられてないですよね。

そこで今回は『ガムを飲み込む害は?太るって本当?子供に教えたいあれこれ。』と題して検証していきたいと思います。

【スポンサードリンク】

子供がガムを飲み込んでしまう、それって害?

まず子供でも大人でも『ガムを飲み込む』その行為をしたとしても、便として出てくるので問題はないようですが
元々は噛むものとして作られ飲み込むモノではないということを、子供さんに教えるときは一緒にやって見せて教えてあげるなど良いのではないでしょうか。

子供は親の真似をしたがると思いますので、道端など吐き捨ては見せない方がいいと思いますが、自宅などで楽しく教えるのは効果があると思います。

ただし飲み込んでも害はないといっても、ガムはネバネバしたものですから、のどを通過するとき、詰まらせてしまうなどがないとも限りませんので、飲み込まないことがいいのだろうと思いますし、紙などに包んだ状態にして捨てるということを子供さんに教える良い機会ですよね。

ガムの知識あれこれ

ガムとチョコレートを同時に食べたことはありますか?不思議な現象が起こります、それはガムが少しずつ溶けるんです。

ガムの成分はサボディラという木からとれる『樹液、チクル』という成分で作られれているそうですが、チョコレートやポテトチップスなどの油性分と一緒に食べたりすることで、ガムに入っているチクルが溶け出すそうです。

チクルは高価とされていたり天然チクル100%だけでは味がないなどで、チクルのみでガムが作られることはなく
甘みや香料、カフェインなどを加えたりすることでガムのバリエーションを増やされたことで
多くの人が眠気覚ましのときや口寂しいとき、集中力が欲しいとき、考え事をしたいときなど、テレビのCMの効果もあって購入者が増えたのではないでしょうか。
中には歯科医が進めるなどと言われるキシリトールもありますよね。

あと『ガムの害』で思い出すのが、髪の毛についてしまったときです、どうやっても取れなくて、ガムが付いてしまった周りの髪の毛をバッサリ切るという
何とも残念なことになったという体験はありませんか?

その解決方法が意外にも身近にあるもので問題解決できるとしたら嬉しくないですか
その方法は、リンス(コンディショナー)やムースなどの油性分を付けてみると、ガムが取れやすくなりますし床や洋服、靴などについてしまったときは、かなり冷やし固めるという作業をすると取れやすくなるようです。

このように後々面倒なことをしなくても済むように、やはり子供のときから教えていきたい一つでもあります。

あとガムには賞味期限がないということご存知ですか?包み紙にも書かれていないと思いますが、気にしてみたことありますか?
ガムを作るのに水分が含まれず密封されてて、常温でも大丈夫なことから、『開封しない限り』賞味期限はないようです。

【スポンサードリンク】

ガムで太った体を痩せさせるには

いろんなダイエット法が紹介されますが、ガムもその中の一つです。

ガムを食事中以外ずっと噛んでいると唾液が出てくることで、満腹感を感じて食事の量が減ったという人もいますがガムそのものにも甘みが付けられていますから、ガムも食べ過ぎてしまうことは気を付けたいものです。

最後に

日本には1961年大正5年に輸入されはじめ、昭和3年あたりから日本でも作られるようになったようですがどうしても食べたものをそのまま捨てる人がいて、道などに捨てられたものを掃除する人が苦労をしているようです。

【スポンサードリンク】

日本でもガムの食べた後のポイ捨ては『軽犯罪法』になるそうですし、ご存知の方も多いと思いますが、シンガポールでは、ガムを持っていること事態が禁止令になっていたそうですが、キシリトールという医師会が推薦するものが、できてからはそのキシリトールについては所持できるように変わってきているようです。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年9月12日
最終更新日:2016年9月28日

カテゴリー:医療 日常 美容 食事

サブコンテンツ

このページの先頭へ