薄力粉と小麦粉のグルテンの量は?違いと見分け方について!


最近グルテンの量の違いで健康が見直されていますよね。

小麦粉って見分け方あるのでしょうか?

グルテンの量や違いなど見分け方を知りたいものですよね。

グルテンの量で健康状態って本当に変わるものなのでしょうか?

そもそも薄力粉と小麦粉の違いですが、簡単に言えば小麦粉は、小麦をひいて粉にしたものです。 薄力粉は、小麦粉の種類の1つ。つまり、薄力粉=小麦粉なのです。
小麦粉は大きく分けて3種類に分かれ、グルテンの量によって、強力粉・中力粉・薄力粉と呼ばれます。

レシピなどに『小麦粉』と書いてある場合は、薄力粉を指すことが多いですが、作る料理によって使い分けるのが特徴なので、そのポイントと見分け方をおさえておけば迷うことがありません。
ありとあらゆる料理の主役、補佐役共によく使う小麦粉。
違いや見分け方について『薄力粉と小麦粉のグルテンの量は?違いと見分け方について!』と題して、ご紹介していきます!

【スポンサードリンク】

そもそも小麦粉は何でできてる?

小麦粉に含まれてる成分は、ざっくり以下のような割合で入っています。

  • ・でんぷん→70%
  • ・タンパク質→7-13%
  • ・水分15%
  • ・脂質1%

タンパク質に7-13%と幅があるのが、冒頭でお伝えした『グルテンの保有量の違い』になります。

グルテンとは?

小麦粉は水を加えると粘り気や、硬さが出ますよね?
それを出してるのが、グルテンというタンパク質です。
このグルテンの保有量が、小麦粉の種類に関係してきます。

グルテン保有量ごとの違い・特徴

強力粉・薄力粉の違いはすごくシンプルな差です。
この違った特性を生かして、料理をするといいです!
【強力粉】
グルテンが多く含まれてる為、かなり弾力があります。
もっちりとしたコシのある歯ごたえが出るので、パン・ピザ・中華麺・餃子の皮などの料理に向いてます。
【薄力粉】
グルテンの量が少なく、ふんわり軽い仕上がりになります。
ケーキや天ぷらの衣などに向いてます。

グルテンの特徴は、こねればこねるほど弾力が出るものなので、料理に合わせて調理法も変わります。
薄力粉を使う時は、ねらずにザックリ混ぜます。
よりふんわり仕上げたい場合は、ふるいにかけて細かい粉にすると上手くできます。

小麦の違い

これらの違いは大元の原料である、小麦自体に違いがあります。
【強力粉】
硬くて強い小麦から作られます。
【薄力粉】
やわらかい小麦から作られます。
強力粉に使われる小麦は、粗くサラサラしてるので手に付きにくいです。
薄力粉に使われる小麦は、粒子が細かいのが特徴です。

小麦粉と薄力粉の見分け方

小麦粉は粗く、薄力粉は細かい粒子なので粉を手で握って、手の跡が付く方が薄力粉です。
小麦粉は手で握ってもサラサラと落ちます。
出してからどっちかわからなくなってしまった時は、そのように確かめてみてください。

【スポンサードリンク】

豆知識!グルテンフリーをご存知ですか?

グルテンフリーという言葉を聞いたことはありませんか?
最近、よく耳にするダイエット方法です。
グルテンは、水で溶けないのでそのまま体内に残り、血糖値を上げる原因になります。
また、グルテンは食欲増進の効果がありますので、摂りすぎると肥満に繋がります。
このグルテンの摂取を減らす、つまりパンなど、小麦粉が入ってる食べ物を摂らないというダイエット方法が人気を集めています。
やり方が、小麦粉を避けるだけというものなので、無理のない方法で楽しく続けられます。

グルテンを抜くと、脂肪の蓄積を抑え、更には燃焼してくれますので、自然と痩せやすい体になります。

まとめ

【スポンサードリンク】

いかがでしたか?
小麦粉の種類・見分け方・使い方についてご紹介してきました。
小麦粉1つとっても、作りたい料理の完成イメージに合わせて、使い分けることが出来る種類を持つ便利な粉ということが、わかっていただけましたでしょうか?

豆知識としてお伝えした、グルテンのもたらす効果も頭に入れつつ、小麦粉を活用した料理の際に役立てていただければと思います!

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年9月12日
最終更新日:2016年9月28日

カテゴリー:健康 日常 美容 食事 食事 食品

サブコンテンツ

このページの先頭へ