初詣のおみくじで凶が出た場合、結ぶ?持ち帰る?ベストな方法で運気アップ!


あなたは、初詣に行っておみくじを引いた時、凶がでたことはありますか?

初詣のおみくじは一種の恒例行事ですよね。

その年の1年の運気を占うものです。

初詣のおみくじは新しい1年の始まりに大吉が出れば嬉しいですが、凶がでた場合はどうしたら良いのでしょうか。

おみくじを引いたら、結ぶか持ち帰るか2通りありますよね。

神社やお寺によって木に結ぶか専用の場所に結ぶか違いがありますが、結ぶか持ち帰るというのは何の意味があるのでしょうか。

よく聞くのは、大吉などいい運気が出た場合は持ち帰る。一方凶などの悪い運気の時は木に結ぶ。

というものですが、それは本当に合っているのでしょうか。

また持ち帰るにしても、そのあとは普通に捨ててしまって良いのでしょうか。
せっかく初詣のおみくじで大吉を引いても、そのあとの行いで運気を下げてしまっては、もったいない限りです。
凶を引いても、その後に正しい行いをすることで運気をアップさせることが出来るかもしれません!

そこで、初詣のおみくじで凶を引いたら結ぶ?それとも持ち帰るのか。
また、持ち帰った後のベストな行いで運気をアップさせる方法
をご紹介します。

【スポンサードリンク】

初詣のおみくじで凶が出たら結ぶ?持ち帰る?

実際に、おみくじで凶が出たらどうしたら良いのでしょうか。

実は、結ぶか持ち帰るのはその神社やお寺によって見解が違うため、「必ずこうしなければいけない」というのはないそうです。

ではなぜ、悪い運気の時は木に結ぶということになったのでしょうか。

木には昔から神様や精霊が宿ると考えられていました。

おみくじを引いて木に結ぶという行為は、神様や精霊と縁を結ぶという意味が込められています。
悪い運気の時に木に結び、神様や精霊と縁を結ぶことにより、運気が上がると信じられて来ました。

さらに、持ち帰るという行為は神様から与えられた運気やメッセージを肌身離さず持つことで、運気を保つことが出来るという考えから生ま
れたものです。

持ち帰るときは、財布に入れる場合が多いですね。
しかし、凶が出ても自分の戒めとして持ち帰るという考えもあるようです。

神様から頂いたメッセージはいい悪いに関わらず、持ち帰る(持ち歩く)のが良いとされている場合もあります。
ですので、木に結ぶか持ち帰るかは、自分がどれを信じるかによって決めるのが良いでしょう。

【スポンサードリンク】

持ち帰った後の運気をあげるベストな方法

持ち帰った場合、その後はどうしたら1番良いのでしょうか。

上記にもあるようにいつも持ち歩く財布などにお守り代わりにして入れるのが主流ですが、いつまで持っていればいいのかな?と思ったこと
ありませんか?

おみくじの効果についてはいつまで続くというはっきりとした期間は決まっていません。

ですので、自分がもう持ち歩かなくてもいいと思ったら持ち歩かなくてもいいのです。


しかし、捨てるにしてもそのまま捨てるのは少し気が引けますよね。

そんなときは、神社やお寺に収めるか塩で清めてからビニール袋にいれて捨てると良いでしょう。
神社やお寺に収めるときは、おみくじを引いた所でなくても構いません。

1年間持ち歩いて、また初詣でおみくじを引いて古いのをそのまま神社やお寺に収めるという方法も良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

初詣のおみくじは、その年1年の運気が決まる大切なものです。

もし凶が出たとしてもそれは悪い1年になると言われているのではなく、神様からその年1年は気を引き締めなさいと言われているのです。

【スポンサードリンク】

なので、大吉が出ても凶が出ても落ち込まずに、そのとし1年を良い年にして行きましょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年12月7日
最終更新日:2016年12月8日

カテゴリー:行事

サブコンテンツ

このページの先頭へ