★結婚式のお車代の相場は?遠方から来られる方は全額負担?


結婚式のいろいろ準備があるかと思いますが、その中でもお車代についてどのように扱ってよいか悩みますよね。

遠方から結婚式に出席する人にとって、服装の準備のほか交通費や宿泊費の負担は大きいです。

お金のことなので、はっきりとは口に出せないので、トラブルになったりするのは避けたいですよね。

結婚式のお車代の相場はどれくらいの相場なのでしょうか。

そして、遠方からの出席者の場合、全額負担した方がよいのでしょうか。

それとも、全額負担ではなく、何割分を負担する方がよいのでしょうか。

そんな気になる結婚式のお車代の相場や遠方から来られる方に全額負担するのかどうかについてクローズアップ!

今回は『結婚式のお車代の相場は?遠方から来られる方は全額負担?』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

お車代とは?

お車代の定義として、本来は主賓や仲人さんに対する交通費を指します。

交通費ではなく“おもてなし”として、ご自宅と式場のハイヤーによる送迎にかかる費用のことです。

このお車代をお渡しした方がよいとされる遠方とは、どれくらい離れた遠方を指すのでしょうか。

基本的に遠方とは、新幹線、飛行機、高速道路などを利用し、長時間かけて来てくれる方を指します。

【スポンサードリンク】

結婚式のお車代の相場は?

遠方からのお客様へはお車代を出すのがマナーとも言われていますが、お車代は新郎新婦の気持ちでお渡しするものです。

お車代はいくつかケースがあります。

 

  • 【負担無し】”自分の時もなしで、相手の時もなし”というような感じでお互いに負担なしという場合もあります。

    また、新郎新婦の負担を考えて、いらないと申し出てくれる場合もあります。

  • 【全額負担】遠方からのお客さんが少なかったり、以前、自分が全額負担してもらった事がある場合などは、全額負担している場合が多いです。
  • 【半額負担】ホテル代と交通費の半額だけ負担したり、交通費半額だけ負担する場合もあります。

    全額負担したいが、予算的に厳しかったりする場合、宿泊代と交通費の一部だけでもと負担する場合が多いです。

  • 【一律負担】遠方の方にどの程度金額がかかっているか関係なく、一律いくらでお渡しする場合もあるそうです。

    こうするべきといった相場が決められてはいないので、全額負担して頂いた方には全額負担するのがマナーです。

    親類に関しては今までの親族内での慣例がどうなのかで決めるといいでしょう。

友人の場合は、どこまで出せるのかをよく相談して、全額出せないのであれば予め負担額について伝えておきましょう。

お車代とお礼の違いは?

式当日に渡すものには「お礼」もあります。

どちらも現金を包むものですので、「この人にはお車代とお礼のどちらを差し上げたら良いのだろう?」と悩んでしまいますね。

お車代は、前に述べたように、主賓や遠方から来てくれたゲストの「交通費や宿泊費にあててもらうお金」です。

お礼は、挙式や披露宴で大切な役割をお願いした人や手伝ってくれた人に渡す「お礼のお金」です。

お車代の書き方は?

 

  • 【水引】・結び切り

    結び切りとは、解くのが難しい結び方で「今回一度で終わる」や「繰り返すことがないように」という意味があります。

    一度きりが好ましい婚礼関係の水引は「結び切り」を使用します。

  • 【袋】
    ・水引や熨斗付きの祝儀袋またはポチ袋お車代入れる金額に応じて使い分けて、1万円以上は「祝儀袋」、1万円未満ならば「ポチ袋」が一般的に利用されています。
  • 【表書き】御車代、御車料、寿、お礼などパターンはいくつかありますが、無難なのが「御車代」や「御車料」です。
  • 【お札・お札の向き】新札を必ず使い、お札の肖像画がある方を前にして、肖像画が先に入るように入れるようにします。
  • 【表書きの名前】新郎側のゲストは新郎の名字、新婦側のゲストは新婦の名字を書くようにします。

    結婚式・披露宴当日に渡す場合は「旧姓」、後日改めて渡す時は「新姓」にします。

結婚式でお車代をお渡しするタイミングは?

お車代は、現金の場合は当日お渡しするのが基本です。

航空券のチケットなど現金以外のもので用意する場合は、1ヶ月前くらいには先方に着くように送りましょう。

そして、招待した者が直接お渡しし、お礼を伝えるべきものなのですが、新郎新婦は、式が始まる前にゲストにご挨拶をするのが難しいです。

そのため、代理人にお渡ししてもらうようにしましょう。

親族がお車代を渡す場合は、ゲストが受付を済ませた後に目立たないようにお渡しします。

受付担当者にお車代を入れた祝儀袋を預けておき、ゲストが受付を済ませた段階で渡してもらうという方法もあります。

まとめ

今回は結婚式のお車代の相場や遠方から来られる方の負担金についてご紹介しました。

新幹線や飛行機などを利用して参加する場合は遠方からの参加と考えるとよいでしょう。

お車代は、一律であったり、半額であったり相場はいろいろです。

【スポンサードリンク】

慣例に従ったりどの位だったら負担できるかよく相談して決めるとよいでしょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2017年8月25日

カテゴリー:日常 趣味

サブコンテンツ

このページの先頭へ