★不動産屋で紹介された引っ越し業者はお得?割高?引っ越し費用を安く済ませたい!


引っ越しする時、まず不動産屋さんへ行きますよね。

そこで気に入った引っ越し先が見つかり、契約したあとに、不動産屋から引っ越し業者を紹介されたことはありませんか?

引っ越しは結構お金がかかるので、費用を安く抑えることができるのでしたら、お得に安く引っ越しを行いたいですよね。

でも、不動産屋から紹介される引っ越し業者は、実際お得なんでしょうか、それとも割高なんでしょうか?

「引越し業者探しも面倒だし、不動産屋が紹介してくれた引っ越し業者に頼んでしまおう」と頼んでしまうと、実は割高で損をしているかもしれません。

そんな気になる不動産屋で紹介された引っ越し業者はお得なのか割高なのか、そして引っ越し費用を安く抑える方法についてクローズアップ!

今回は『不動産屋で紹介された引っ越し業者はお得?割高?引っ越し費用を安く済ませたい!』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

不動産屋の紹介だから安い?

不動産屋は、部屋を紹介して仲介手数料を貰うのと同じように、引越しやネット回線の紹介をすることで各業者から紹介料を貰っています。

そのため、安心な業者だとか安い業者だから紹介しているのではなく、お金をたくさんもらえるから紹介しているに過ぎません。

複数の業者から接待を受けて、もっとも紹介料をたくさんくれる業者をお客さんに紹介しているのです。

中には、引越し代の半分が紹介料となっているケースもあります。

また、他の引越し業者との相見積もりができないのも割高になっている原因です。

不動産会社からの紹介で引っ越し業者を選んでしまうと、その引っ越し業者の料金・サービスしか受けられませんが、引っ越し業者は会社毎によって料金やサービスが大きく異なってきます。

そういった失敗を避けるために、複数の業者から見積もりを出して貰ってそれを比較する相見積もりをしましょう。

どうやって見積もりをとればよい?

引越しの時、複数業者に電話をして、資料を取り寄せたりするのは面倒ですよね。

そんな時は、一括見積もりサイトを使って、利用可能業者を抜粋しましょう。

でも、ほとんどの一括見積もりサイトは、連絡先を入れなければならないことが多く、見積もりした直後、色んな業者から営業電話・メールがいっぱいかかってきます。

しかし、中には連絡先を入力せずに一括見積もりできるサイトもあります。

そのようなサイトを利用するとよいでしょう。

また、気になる引っ越し業者の口コミ等を調べて、チェックしてみましょう。

他にも引っ越し費用を安く済ませるには?

  • 引っ越し予定日には余裕を持たせる

    引越し料金は引っ越しの日にち、時間帯でも大きく違ってきます。

    引っ越し日が土日祝日の場合には、引っ越しの希望が集中するため、料金が高めの見積もりになります。

    また、「大安」の日を選んで引っ越しを行う人も多いので、この日の費用も若干高くなる傾向にあります。

    逆に「仏滅」の日は少し安くなるので、業者も交渉に応じやすいようです。

    また、月初、月末は高めの見積もりに、中旬は安めの見積もりになります。

    そして、引っ越しの時間帯によっても料金が変わってきます。

    朝一番の引っ越しから、午後の引っ越し、夕方近くの引っ越しの順番で料金は安くなってくるんです。

    【スポンサードリンク】

    こういったことを踏まえ、引っ越しの希望日、時間帯は、第一候補、第二候補、第三候補くらいまで用意しておくようにしましょう。

    また、引越しのシーズンである3月・4月は転勤や学生の引越しが多い時期なので、すぐに予約がいっぱいになってしまいます。

    9月・10月も転勤などで引っ越しが多い時期になります。

    この時期は引っ越し料金が割引になることはなく、引っ越し費用が2倍〜3倍になることもあります。

    引っ越し業者の繁忙期を避けることができれば、避けるようにしましょう。

  • 荷物の量を少なくする

    引越し費用は、移動距離と荷物の量です。

    距離は変更できませんが、荷物の量を減らすことで、費用を抑えれます。

    特に、重たい荷物である、家具・洗濯機・冷蔵庫・ピアノ等は料金が高くなるので注意しましょう。

まとめ

今回は不動産屋に紹介された引っ越し業者はお得なのか、割高なのかについてご紹介しました。

【スポンサードリンク】

引っ越し先が決まり、不動産屋から引っ越し業者を紹介されてもそのままその業者を利用しない方が安く済む場合もありますので、一括見積もりサイトや口コミ等をチェックし、見定めるようにしましょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2018年1月15日

カテゴリー:日常

サブコンテンツ

このページの先頭へ