一晩で風邪を治す方法とは?寝る以外に何をする?


秋も深まってきて、朝夕の温度差が激しくなってきましたね。この時期になるとやはり体調を崩し、風邪をひく方も多いと思います。

しかし、学生と違い、社会人ではちょっとやそっとの熱では、なかなか休めません。もし休んでしまえば、多くの人に迷惑をかけてしまいます。

それでも

 「明日は代われる人もいないし、絶対休めない。でも会社から帰ってきてからどうも熱っぽい」

ということは、どんなに気を付けても起こりうると思います。そのような時、一晩で風邪を治す方法はないのでしょうか?

これについて恐らく多くの方が一晩で風邪を治すために、薬を飲んで、早めに寝るという方法を実践しているとは思いますが、残念ながらただ寝るだけでは、一晩で風邪を治すのは難しいでしょう。

たとえ次の日は会社にいけたとしても、また次の日にぶり返す可能性が高いです。

では、どういう方法を用いればば一晩でスッキリと風邪を治すことができるのでしょうか?

今日は

「一晩で風邪を治す方法とは?寝る以外に何をする?」

と題して、一晩で風邪を治すために寝る以外にどんな方法があるかということと、少し風邪気味だなと思ったら、どうすれば悪化を防ぐことができるのか?その方法について書いていこうと思います。

これから年末にかけて、仕事も忙しくなりますし、風邪をひいて寝るような余裕はないと思います。ぜひこの方法を知って頂き、寒い冬を乗り切って頂ければと思います。

【スポンサードリンク】

一晩で風邪を治す方法、寝る以外にこれをすべし

  •  【栄養分の補給】風邪を治すためには、まず風邪に良いという栄養分を多くとるようにしましょう。具体的には、ビタミンCとビタミンAです。これらを多く含む食材としては、ブロッコリー、ミカン、ピーマン、キウイなど多数ありますので、自分の食欲に合わせて摂取していくようにしましょう。またどうしても食欲が全くない場合は、ビタミン剤やサプリメントも有効ですが。注意することは、これらの栄養は23時間で体の外にでてしまうので、一回きりではあまり意味はないということです。 毎食しっかりとビタミンAとCを摂るようにしましょう。また風邪の熱などにより、体力を著しく消耗している場合は、 糖質や炭水化物をとっていきましょう。これらはすぐにエネルギーに変わり、落ちてしまった体力の回復に最適です。
  •  【体を温める】人間は身体を温めることで、免疫力が向上いたします。例えば体温が36.5℃の時と37.5℃のときでは免疫力が5倍違うようです。最近では平熱が35℃台のかたもおられるので、もしかしたらそれ以上ちがうかもしれません。身体を温める代表的な方法としては、ネギや卵、梅、生姜といった身体を温める食べ物の摂取が有効です。特に卵酒などは、身体を温めてくれるので、かなり効きます。お酒が苦手という方は、生姜湯やなどを飲むとよいでしょう。また梅を真っ黒になるまで、お湯やお茶にいれるなどするのも有効です。梅には殺菌作用のほか、解熱、咳止めの作用があります。ただし、すでに高熱が出てしまっている場合には、身体を温めても逆効果となりますのでそこは注意しておきましょう。
  •  【水分補給】
    冬になぜ風邪が流行るかというと、冬場は空気が乾燥しやすく、乾燥を好む風邪のウイルスが繁殖しやすいのだそうです。逆に言えば、身体の乾燥を防いでおけば、風邪のウイルスも悠々と繁殖はできないわけです。ということで可能な限り水分は多く取るようにしましょう。中でもポカリスエットは有効で、熱があってもなくても飲むようにしましょう。寒気がある場合は、温めて摂取すると良いでしょう。またビタミンCを多く含む、レモンジュースやオレンジジュースなどと合わせて飲むのも有効です。風邪で食欲がない場合は、とにかく水分を良く取り、ウイルスの繁殖を抑えることを徹底していきましょう。
【スポンサードリンク】

風邪気味のうちに風邪を治す方法はあるのか

風邪を治すなら、本格的に風邪を引いてしまう前に治してしまいたいものです。その時に有効なのが、風邪薬でしょう。市販の風邪薬は風邪の症状が出てしまうと、残念ながらそこまでの効果が望めませんが、 風邪気味の段階で飲むと効果を発揮してくれます。

また風邪の引き始めは喉の痛みが出る方が多いと思います。そんな時にはハチミツ大根です。

 

作り方は大根をサイコロ状に切り、ハチミツに1日から2日漬けておけば完成です。大根とハチミツをあわせることで、解毒作用、抗菌、殺菌作用が格段に上昇し、辛い喉の炎症を沈めてくれます。

また風邪予防のため食べるのにも良いと思いますので、普段から作っておいても良いかもしれません。

まとめ

今回はざっくりとですが、風邪を一晩で治す方法について書いてきましたがいかがだったでしょうか?

風邪には基本普段より睡眠時間を多くとり、休養するのが一番だと思いますが、それに加えて、身体を温める、風邪に効くといわれる栄養素を取るなどをすることで、免疫機能が活発になり、風邪を早く治すことができるということがお分かりいただけたと思います。

今年の冬も風邪やインフルエンザの大流行が予想されます。ぜひ被害を最小限にとどめ、普段のお仕事を頑張ってください。

【スポンサードリンク】

今日も読んで頂きありがとうございました。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年10月13日
最終更新日:2016年12月8日

カテゴリー:健康 食事

サブコンテンツ

このページの先頭へ