★寝起きの顔のむくみはなぜ起こる?原因と対処法は?出掛けるまでの短時間で解消する方法!


お酒を飲んだ次の日や朝起きてすぐなどの寝起きの顔が、なんかパンパンにむくんでいるなんて経験ありませんか?

この寝起きの顔のむくみは何が原因で起こるのでしょうか。

顔のむくみが起きる原因は一体なんでしょうか。

そして、顔のむくみの対処法はどのようなものがあるのでしょうか。

また、顔のむくみが出た時、一体どのようにして、解消できるのでしょうか。

顔のむくみの対処法や解消法が知りたい。

そして、できれば朝の時間はあまり時間がないので、短時間で解消したいですよね。

顔のむくみを短時間で解消する方法はないでしょうか。

そんな気になる寝起きの顔のむくみの原因や対処法、短時間での解消法についてクローズアップ!

今回は『寝起きの顔のむくみはなぜ起こる?原因と対処法は?出掛けるまでの短時間で解消する方法!』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

顔のむくみの原因は?

顔のむくみの原因として、「塩分のとりすぎ・お酒」、「寝起きの顔むくみ」、「肩こりなど血行不良」、「むくみを伴う病気」が原因として挙げられます。

どうしても寝ている時は、体を横にしているので水分などが顔に溜まりやすくなってしまいます。

人間は起きているときは立っているので、夕方になると重力のせいで下半身に血液や水分がたまりやすく、足がよくむくみますよね。

そして、寝るときは横になるため、水分・血液が上半身にも留まって顔むくみが起こります。

塩分やアルコールを控えるなどの予防はできますが、起きてしばらくすれば治まる場合が多いむくみです。

眠っていたり、ずっと同じ姿勢でいると血液の流れが悪くなり、血液中の水分が血管から染み出してその部分がむくんでしまいます。

そこに、ただでさえ寝起きは自然と顔がむくみやすくなってしまうのに、寝る前にアルコールを飲んでしまったり、塩分の多い夕食などを食べてしまった場合、余計に水分が多くなってしまいます。

さらに、血行不良やリンパの流れが悪くなってしまい、顔のむくみが酷くなっていってしまいます。

また、顔だけが特にむくみやすい人はもしかしたら「コリ」が原因かもしれません。

コリは同じ姿勢を続けるなどして、筋肉が収縮したまま固まっている状態ですが、筋肉がコリ固まって緊張しているとその部分の血行が悪くなってしまいます。

そのため、顔まわりに血液・水分が溜まりがち、つまりむくみ顔になってしまいます。

【スポンサードリンク】

顔のむくみ解消法は?

 

  • 【首のストレッチをする】顔のむくみを解消するために、滞っている水分を排出することが大切です。首にはリンパの通り道があるので、首のストレッチをして水分の排出を促しましょう。首のストレッチのやり方は、
    • 1. 右手を左の耳の上あたりにつけて、ゆっくりと首を右に倒す
    • 2. 左も同様に行なう
    • 3. 両手で後頭部を包み込み、ゆっくりと首を前に倒す
    • 4. 顔の前で合掌し、親指をあごに当てて、ゆっくりと首を後ろに倒す
    • 5. 首をゆっくりと回す

    この1分程度でもむくみを解消できます。

  • 【顔のマッサージをする】まず、左側の鎖骨のくぼみのリンパ節に手をあて、外側から中心に向かってさすります。このときに、くぼみの中にゴリゴリした塊があったら、リンパが滞っている証拠ですが、無理にほぐそうとせず、優しくマッサージするようにしましょう。次に、指3本を口角にあて、口角→鼻→目の下→耳の下→鎖骨と大きめの円を描くようにマッサージします。頬の内側から外側へ、こちらも円を描くようにします。最後に、額を引き上げ、こめかみ→耳の下→首へとマッサージします。

    これを1サイクルとして、3サイクルくらい繰り返すとよいでしょう。

顔のむくみを予防する方法は?

 

  • 【塩分を抑える】一般的に、1日の食塩摂取量は、成人男性が8g未満、成人女性が7g未満と言われいます。塩分摂取量を超えないように注意しましょう。麺の汁は残したり、塩分以外で味付けするなどの工夫を行ってみましょう。
  • 【カリウムを積極的に摂る】カリウムは、果物のメロン・スイカなどや海藻のひじき・昆布など、野菜のさといも・アボカドなどに多く含まれています。
  • 【枕を見直す】枕を使用しないで寝たり、低すぎる枕を使用したりすると、血流が頭部に集中しやすくなり、顔のむくみの原因となると言われていますので、j分にあった枕を使って寝るようにしましょう。

まとめ

今回は寝起きの顔のむくみについてご紹介しました。

寝起きのむくみの原因は、寝ている間に水分や老廃物が溜まってしまっていることが多いためです。

むくんでしまったときには、リンパの流れを良くしたり血液の流れを良くしていくことが大事になってきます。

【スポンサードリンク】

流れを良くするマッサージなどを行い、むくみを解消するようにしましょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2017年7月28日

カテゴリー:健康 医療 食事 食品

サブコンテンツ

このページの先頭へ