★お詫びの菓子折りの金額の相場は?おすすめのお菓子と渡し方は?お詫びのマナー!


取引先や顧客に対してや、事故などを起こしてしまい、謝りたい時・・・など菓子折りを持ってお詫びに伺いますよね。

そんな時、お詫びに行くのに手ぶらでは行けないものの、どのような菓子折りを選べばよいのか迷いませんか。

お詫びに行ったのに、菓子折りでさらに相手を怒らせてしまったら、意味がありません。

そこで、お詫びの菓子折りの金額はどれくらいのものを選べばよいのでしょうか。

お詫びの菓子折りの相場の金額はどれくらいの金額で、おすすめな金額の相場はあるのでしょうか。

また、菓子折りを渡す時のおすすめの渡し方や、お詫びのマナーはどのようなマナーを覚えておけばよいのでしょうか。

そんな気になるお詫びの菓子折りの金額の相場や、おすすめの渡し方やマナーについてクローズアップ!

今回は『お詫びの菓子折りの金額の相場は?おすすめのお菓子と渡し方は?お詫びのマナー!』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

菓子折りの意味や由来は?

元々、菓子折りは「菓子が入っている折箱」を指していたそうです。

折箱とは、薄木で作った箱のことでしたが、近年では、菓子も含めて「菓子折り」と捉えられるようになっています。

さらに、薄木で作った箱ではなく、紙の箱に詰められたお菓子でも、「菓子折り」とされています。

お詫びの菓子折りの相場金額はどれくらい?

お詫びの菓子折りの金額の相場は、5000円〜10000円が相場と言われています。

あまり高いものを用意してしまうと相手を逆に恐縮させてしまったり、菓子折りだけでご機嫌を取ろうとしている等と勘違いされかねません。

センスのよいものを用意する必要がありますが、肝心なのは謝罪することであって、菓子折りはあくまでも気持ちということです。

【スポンサードリンク】

どんな菓子折りを選べばよい?

お詫びの菓子折りを選ぶとなると、あれこれ悩んでしまいますよね。

高価すぎるものもNGですが、カジュアルすぎるものもよくありません。

そして、お菓子は、日持ちするもの、常温保存が可能なものが適切です。

会社の場合、冷蔵庫があるかわかりませんし、日持ちしないものは処分する可能性が高くなり、かえって迷惑がかかってしまいます。

お菓子を選ぶ際、「このお菓子、流行っていて美味しいと評判」など、美味しいものを選びたいという気持ちは当然ですよね。

しかし、流行りのお菓子は、人によっては軽薄だと感じられる場合がありますので、誰もが知っているような老舗の上品な品が無難です。

お詫びの菓子折りを選ぶ基準は、「少しだけ高価でかしこまったもの」がおすすめです。

そして、次に気をつけるべき所は、菓子折りを購入する場所です。

お詫びに伺う相手の近くのお店で購入するのは、来る直前に間に合わせで用意したと受け取られてしまう可能性もありますので、注意が必要です。

お菓子を選ぶ際、洋菓子を選ぶべきか、和菓子を選ぶべきか迷いますよね。

お詫びの菓子折りは、洋菓子でも特に決まりはありません。

最近ですと、年配の方でも洋菓子を召し上がりますし、年齢などで和菓子と決めつける必要はありません。

もし相手の好みが分かるのであれば、それに合わせるのが一番です。

適切なのし紙の作法は?

 

  • 【のし紙の選び方】必須ではありませんが、のし紙があった方がきちんとしている印象を受けるので、お詫びの意味を示すのし紙があった方がよいでしょう。

    「のし」は慶事の場合に用いられるので、謝罪に用いる菓子折りののし紙については、「のし」がないものを選ぶようにしましょう。

  • 【表書き】表書きは「粗品」「松の葉(寸志と同じ意味で目上の人に使う言葉)」、謝罪の気持ちをより伝えたい場合は「お詫び」、「深謝」、「陳謝」などを書くようにしましょう。
  • 【水引】水引は、本数や色で意味があります。

    お祝いごとには何回あってもいいとされる紅白の花結びを用いられます。

    菓子折りにつけるのしの水引は、お詫びの場合でも、お礼などと同様に紅白の花結びで問題ありませんが、気になる場合は、水引がないタイプを選ぶようにするとよいでしょう。

渡す時のマナー

菓子折りは渡す直前まで袋に入れておくようにしましょう。

昔は、菓子折りは風呂敷に包んでおくことが一般的でしたが、現在は袋でも構いません。

まずしっかりと謝罪し、謝罪のあとに「心ばかりではございますが、どうぞお納めください。」と言葉を添えて渡します。

もし、菓子折りを受け取ってもらえない場合は、無理に押しつけず持ち帰るようにしましょう。

まとめ

今回はお詫びの菓子折りの相場の金額や渡し方などのマナーについてご紹介しました。

お詫びの菓子折りはあくまで謝罪の補助的な役割です。

【スポンサードリンク】

大事なのは、謝る際の誠意や立ち振舞いがとても大事ですので、そのこと忘れず気をつけるようにしましょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2017年6月29日

カテゴリー:ビジネス 日常 行事

サブコンテンツ

このページの先頭へ