★意外にうるさい!隣人のエアコンの室外機の騒音、原因は?対策はある?


エアコンの室外機の室外機がうるさい気がする。

さらには、隣人にうるさいと苦情を言われたりしたという方もいらっしゃるでしょう。

でも、どうしてエアコンの室外機が騒音になってしまうのでしょうか。

騒音になる原因について知りたい。

エアコンを使わないと暑いけど、隣人とのトラブルが怖くて使えないなんてならないように、エアコンの室外機を静かにさせる対策はあるのでしょうか。

そんな気になるうるさい隣人の室外機の騒音の原因や対策など、室外機がうるさくなる原因やその対策法についてクローズアップ!

今回は『意外にうるさい!隣人のエアコンの室外機の騒音、原因は?対策はある?』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

室外機の仕組みは?

エアコン本体で空気を冷やしたり温めたりするために、室外機で熱を捨てたり集めたりしています。

冷房をつけている時は、室外機からは暖かい空気がでて、暖房をつけている時の室外機からは冷たい空気がでます。

一般的に冷房と暖房では暖房の方が室外機から大きな音がします。

熱を外部に捨てるより、熱を外部から集める方がより多くの出力が必要なため、音が大きくなります。

エアコンは暖房より冷房の方が高いので、暖房時の方がよりエアコンに負担がかかります。

製造年や機種によって、 室外機の騒音の度合いが違ってきます。

【スポンサードリンク】

室外機から大きな音がでてしまう原因は?

室外機は前にも述べた通り、熱を放出、吸引します。

そのために大きなファンがついていますので、どうしてもある程度の音がします。

しかし、室外機のうるさいと感じる騒音の原因として、「室外機の部品が老朽化」、「エアコンのフィルターにホコリや毛が詰まっている」、「室外機に異物が入り込んでいる」、「室外機の立て付けが悪い」などがあげられます。

騒音がするから、室外機が故障しているというわけではありません。

室外機を固定している部品が弱っていたり、設置されている位置が悪いだけで騒音が発生してしまうこともあります。

また、室外機の立て付けが悪くて騒音が発生している場合、自分には聞こえていなくても、壁や塀を伝って隣の家に騒音や振動が発生する場合もあります。

しかし、屋外に設置されている室外機はその期間より早く故障してしまう可能性が高いですので、長持ちさせたい場合は、エアコンや室外機に汚れが詰まったりしないよう定期的なメンテナンスを行いましょう。

エアコン室外機の騒音や振動を抑える方法は?

室外機の騒音や振動を抑える方法を見ていきましょう。

 

  • 【防音グッズを使う】ホームセンター等で売っている吸音マットや防振ラバーなどを使えば、騒音や振動を防ぐことができます。騒音だけが気になる場合、使わないバスマットなどで代用することもできます。

    布には音を吸収する機能があるので、お金をかけずに騒音を防ぐことができます。

  • 【フィルターをクリーニングする】室外機のフィルターに毛やホコリがつまっている場合、フィルターをクリーニングするのが一番です。自分で掃除することも可能ですが、やり方が分からない人はプロにお願いするとよいでしょう。
  • 【室外機を設置しなおす】室外機の周囲にある、アルミサッシやベランダの手すりに振動が伝わって騒音になる場合もあります。

周りにものがない、広い場所に移す等、室外機の場所を変えてしまえばOKです。

隣人の室外機がうるさい時の対処法は?

自分の所の室外機ではなく、隣人の室外機がうるさい場合はどうしたらよいでしょうか。

 

  • 【マンション、アパートの方】マンション、アパートの方の場合、まず管理会社か大家さんに相談しましょう。管理側としては契約者の住居環境を守る義務がありますので、何かしら対策を講じてくれるはずです。
  • 【一軒家の方】当人同士のみで解決しないようにしましょう。直接騒音先の相手に注意をしてもなかなか聞き受けてもらえなかったり、関係が悪化してその後の生活に支障をきたす可能性もあります。

    そのため、役場や市役所の生活課などを尋ねてご近所の騒音について相談すると良いでしょう。

    事前に騒音計などで音の度合いを測って相談の際の資料にすると話が早く進みますが、勝手によそ様の住居スペースに侵入するのは許されませんので、役所の方に音を計測してもらうとよいでしょう。

    「騒音」と認定された場合、騒音の出所である主人に対処を講じるよう指示がでるでしょう。

まとめ

今回はエアコンの室外機の騒音についてご紹介しました。

【スポンサードリンク】

故障していれば買い換えればいいですが、まずは防音グッズなどで試してみてみるとよいでしょう。

隣人の室外機がうるさい場合は、管理会社や役所などに相談してみるようにしましょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2017年8月22日

カテゴリー:日常 話題

サブコンテンツ

このページの先頭へ