★犬がマダニに刺された!症状と取り方は?酢がいいって本当?


犬を飼っているご家庭では、マダニやノミなどが犬の毛の中で動いているのを見たことがある人も居るのではないでしょうか。

あるいは、犬がマダニに刺された経験がある人も居ますよね。

一般的に家庭で発生している「チリダニ」や「ツメダニ」は吸血をしません。

しかし、犬に付きやすいマダニは吸血をします。

マダニは犬の顔周りやお尻付近に発生することが多く、暖かい場所を好みます。

大きさは3〜4ミリと普通のダニよりも大きいのが特徴です。

寒冷地域を除き各地に存在します。

特に5月〜9月の間に発生することが多いですが、1年を通して活動しているので注意が必要です。
犬がマダニに刺された症状が出たら、あなたはどうしますか?
また、その症状はどのようなものがあるのでしょうか。

マダニは刺したら吸血をします。

多少血を抜かれるだけならどうってことないですが、それによって色々な症状を引き起こします。

犬の皮膚に腫れているような症状があったら、マダニの仕業が高いので正しい取り方で取ってあげなくてはいけません。

しかし正しいマダニの取り方はご存知でしょうか?

取り方によっては、被害を拡散してしまう取り方もあります。

そうならないためにも、正しいマダニの取り方を覚えておいて下さいね。

さらに、マダニに刺された時は、酢が効果的だと聞いたことはありますか?

酢と聞くと、料理はもちろん掃除などに使うことはありますよね。
酢で本当にマダニを駆除出来るのでしょうか。

また、酢を使うことで犬に悪影響は無いのか心配になりますよね。
そこで、『犬がマダニに刺された時の症状と取り方、酢が効果的なのか』をご紹介します。

【スポンサードリンク】

犬がマダニに刺されたときの症状と取り方

犬がマダニに刺された時の症状は、

 

  • ・皮膚の腫れ
  • ・かゆみ
  • ・貧血

があります。

マダニは、刺したら吸血し皮膚は大きく腫れ上がり、かゆみを伴います。
多くのマダニに吸血されると、貧血を起こしてしまう可能性もあります。
マダニの病原菌による感染症は「アレルギー性皮膚炎」「ダニ麻痺症」「バベシア症」「エールリヒア症」などがあります。

犬がこれらの感染症にかかった場合は、発熱・食欲不振・リンパ節の腫れなどの症状が出ます。

特に「バベシア症」には注意が必要です!

バベシア症に感染してしまうと、死に至ることもあります。
バベシア症に感染したら、発熱、食欲不振、血尿といった症状があらわれます。

血尿が酷くなると腎臓や肝臓の機能障害を引き起こします。

では、マダニはどのように駆除したら良いのでしょうか。

犬にマダニが付いていても無理に取ろうとしたり手で潰さないようにしましょう。

メスのマダニの場合、卵を持っているかもしれないので、潰してしまうと部屋に飛び散ってしまう可能性もあります。

また、そうでなくても針の部分が残って炎症の原因にもなります。

マダニを見つけたら、駆除薬や専用のピンセットを使って慎重に駆除しましょう。

不安な場合は、獣医さんに診てもらうのが一番です。

【スポンサードリンク】

マダニには酢がいいって本当?

駆除薬や専用のピンセットでの駆除の他に酢を使って駆除をするという方法もあるようです。

やり方は、コットンに酢を染み込ませてマダニに数秒あて、口が離れたらそのまま潰さずにガムテープなどでぐるぐる巻きにして捨てるといったものです。

しかし、この方法はマダニが途中で逃げてしまう可能性や、ふいに潰れたり潰してしまう可能性ガムテープあるのであまりお勧めはできません。
やはり、駆除薬や、専用のピンセット、獣医さんに診てもらうのが良いでしょう。

まとめ

【スポンサードリンク】

いかがでしたか?
犬にマダニが居るのを発見しても、慌てずに駆除を行いましょう。
また、獣医さんに診てもらうのが一番です。
くれぐれも無理に取ろうとしたり、潰したりはしないようにしましょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年12月22日

カテゴリー:健康 行事

サブコンテンツ

このページの先頭へ