字が汚い原因は性格?障害?字が汚い理由と解決策をご紹介


私は字が汚いと悩んでいる人は意外にどの年代にも多いものです。最近ではパソコンや携帯電話の普及により、字を書く機会が少なくはなりましたが、それでも履歴書や結婚式のお祝いなどはどうしても、手書きでかかないといけません。

そんな時字が汚いと、やはり印象が悪くなってしまいますよね。

よく字が汚いと学習に障害があるだの、発達に障害があるだの。果ては雑な性格だのいろんな理由をつけられてしまうことがありますが、原因はもっと根本的なところにあります

性格だ障害だという前に、まずはその根本的な原因を解決していく必要があります。

そこで今日は

「字が汚い原因は性格?障害?字が汚い理由と解決策をご紹介」

と題して字が汚い根本的な理由と、今日からできる簡単な解決策を紹介していきたいと思います。

字が汚いと今悩んでいる方も、自分の性格が雑のが原因だとか、発達障害などの障害があるのが原因だと理由をつけて、自分を卑下する前に、まずはこの解決策を試して頂ければ幸いと思います。

【スポンサードリンク】

字が汚いの原因は性格、障害ではない。理由はもっと単純だった

  •  【書く練習が絶対的に少ない】

    字が汚い人のほとんどに共通する根本の原因は、書く練習が足りないことです

    子供時代を思い出してください。

    私たちは漢字練習だとか英単語の練習を覚えるまで、ノートに何度も何度も練習していた方もいると思います。しかし最近はどうでしょうか?パソコンや携帯電話の普及により、文字を書かなくても仕事が済んでしまうことが多くなっていますよね。

    これでは字が汚くなくなるのもある意味当然と言えます。人間の身体は使わなければつかわないいだけ退化していってしまうので、意識して忘れないように書く機会を作っていく必要があります。

  •  【姿勢が悪い】 字を書く場合には、やはり姿勢が大事です。またペンの持ち方が悪くても字が斜めになっていったり、書いているうちに上に上がって行ったりすることがあります。

    姿勢が悪いと肩こりや腰痛などになりやすくなったり、何より長時間の集中ができなくなってしまいますので、今一度自分の普段の姿勢を見直してみましょう。また筆記用具もしっかり持てていないと手が疲れてしまう原因になります。今一度確認してみましょう。

  • 【また見るという意識がない】字が汚い人がよく陥る悩みとして、後から自分のとったメモを見たときに、自分で書いた字なのにも関わらず、読むことができないということがあります。

    これはメモを取るときに、話を聞くことだけに集中してしまい、メモが疎かになっている証拠です。

    人に見せる書類はもちろんですが、

    どんなに小さなメモであったとしても。後で自分が見るわけですから、書く時にはそれを念頭において書くようにしていくとよいかもしれません。

【スポンサードリンク】

字が汚いの原因、理由から考えた解決策3つ

  • 【お手本を用いて書く練習<をする】

    小学校の時などに漢字を練習した時を思い出してほしいのですが、必ず漢字のテキストに書いてあるお手本を見ながら、練習をしていたと思います。

    このお手本を用いることは脳内にその字のイメージを焼きつけるためには、とても大切なのです。特に大人ぼ場合は、字に変な癖がついてしまい、読みにくいものになっていることが多いです。

    市販で売っているペン字のテキストや用意できる方は習字などをして、脳内にもう一度字のイメージを焼き付けながら練習しましょう。また時間に余裕のある方は通信講座などを利用してもよいかもしれません。

  •  【姿勢とペンの持ち方を正す】 

    字を綺麗に書くには、正しい姿勢と正しいペンの持ち方を知らなければなりません。下記に紹介しますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

    まずは姿勢ですが、椅子は半分くらいに座り、足の裏はしっかりと床につけます。背筋はしっかりと伸ばし、肩と首の力は抜くようにしましょう。

    書くときには手元と目の距離が近くなると、字のバランスが悪くなってしまいますので、30cmは離すようにします。

    次いでペンの持ち方ですが、親指、人差し指、中指でバランスよく持つようにし。薬指や小指は軽く握りこみます。書く時には握っている小指に軽く力をいれることで、ペン先が安定し、字がきれいになります。

  • 【単純な字ほどきれいに書く】 

    字が汚い人の多くは、漢字は上手に書こうと努力するのですが、ひらがなやカタカナとなると、案外適当に書いてしまっているようです。

    ひらがなやカタカナが適当になってしまうと、どうしても全体的に見て字が汚く見えてしまうので、単純な字ほど丁寧に正確に書くように心がけましょう。

    とめやはらい、はねは字の特徴を示す大事なものです、簡単な字ほど意識し、書くようにしていくとキレイに見えるものです。

まとめ

今回は字が汚い原因と理由を紹介し、それに対する解決策を書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

昨今では字が汚いとかそういう理由ですぐに、障害だとかに結びつけてしまう人が多いようですが、案外字が汚い理由は単純明快であることがおわかり頂いたと思います。

【スポンサードリンク】

字が汚いのは今すぐにでも改善していけると思うので、ぜひ深く悩まず字がきれいになるよう頑張っていきましょう。

今日も読んで頂きありがとうございました。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年9月30日
最終更新日:2016年10月1日

カテゴリー:ビジネス 日常

サブコンテンツ

このページの先頭へ