自転車の鍵の壊し方!傘で開けられるって本当?ニッパーやヘアピンも試してみた!


自転車で外出し、自転車置き場に置いて鍵をかけ、用事を済ませて自転車置き場に戻ってさあ帰ろうとポケットを探るも…ない!
たしかにポケットに入れたはずの自転車の鍵がない!鞄も散々探したけど、ない!来た道戻って探してみるも…ない!!

こんなとき、とても困りますね。
自転車屋さんに自転車を持って行こうにも、自転車が動かせないんじゃどうしようもありません。
自転車の鍵を壊すしかないのでしょうか?でも自転車の鍵なんて頑丈そうなのに、素人でも出来るような壊し方なんてあるのでしょうか。簡単な壊し方があるならぜひ知りたいものです。

しかし、ちょっと待ってください!

自転車の鍵は、傘を使って開けられると聞いたことがあります。自転車の鍵を傘で開ける?本当にそんなことが出来るのでしょうか。

また、鍵を開けるといえば昔からヘアピンと相場は決まっています。ヘアピンで本当に鍵が開けられるの?他に、ニッパーで開ける方法もあるらしい?出先で自転車の鍵をなくしたとき、本当に傘やヘアピンやニッパーで開けられるのなら、100円ショップがあればなんとかなりそうですよね!傘もヘアピンもニッパーも揃っちゃいます。

自転車の鍵の壊し方、簡単な壊し方とは?傘やヘアピンやニッパーで自転車の鍵は開けられるの?
そこで今回は『自転車の鍵の壊し方!傘で開けられるって本当?ニッパーやヘアピンも試してみた!』と題して、自転車の鍵は開けられるのか、試してみました。

【スポンサードリンク】

傘で自転車の鍵を開ける方法

今回は、後輪に付いているリング錠を想定して説明します。

傘で自転車の鍵を開けるには、傘を壊す必要があります
なので、傘が手元にない場合は、100円ショップやディスカウントショップに売っている安いビニール傘を入手しましょう。
必要なのは、持ち手の上にある、傘の開閉に使う金具の部分です。まずは柄の部分を折ります。足で踏んづけながら曲げれば、意外と簡単に折れます。

ペンチやニッパーを使って(これも100円ショップで手に入ります)、柄に切り込みを入れていけば、緩いカーブ状の金具が取り出せます。これをピッキング道具の代わりに鍵として使うのです。

では手順です。

  • 取り出した金具の、幅の広いほう(傘だったときに親指で押す部分)を後輪のリング錠の鍵穴に差し込みます。
  • 通常の鍵ならば、真下に鍵を挿しますが、この場合は金具を手前(鍵穴付近)、内側(タイヤ側)に差し込むイメージで。
  • あとは、持ち手を自転車側に強く押し込めば、解錠完了です!!

慣れないうちは時間がかかりますが、慣れた人なら傘から鍵を作ったあとは、10秒もかからず解錠出来るそうです。

出掛けた先で作るにはちょっと大変かもしれません。
ですが、自転車屋さんに来てもらうと鍵の交換代や出張費など数千円の痛い出費になりますが、この傘から鍵を作る方法を覚えておけば、傘とニッパー代で数百円、傘を持っていればニッパー代の108円で済みますね。

【スポンサードリンク】

ニッパーやヘアピンでも開けられる?

ニッパーで鍵を開ける場合は、これは鍵を切断して壊すということになります。

ミゼットニッパーというものが、ホームセンターで売っています。調べてみると、100円ショップでも324円で売っているらしいです!また、100円ショップの金鋸でも切断出来るらしいです。

後輪リング錠の、タイヤのスポーク部分に跨がっている棒状の金属をミゼットニッパーでバチンとやると切断出来ます。
これでとりあえずは鍵を壊してタイヤが廻るようになりましたので、自転車屋さんに持っていって鍵を付け替えるなり自分で鍵を購入して付け替えるなどしてください。

鍵が壊れた状態で乗り続けていると、盗難車と思われお巡りさんに職務質問されることがあるそうです

次にヘアピンでのやり方です。
ヘアピンの先を「レ」の形にねじ曲げ、引っ掛ける場所を作ってから鍵穴に差し込み、中の金具に引っ掛けて開けるということですが、これは素人には非常に難しく、成功率は極めて低いようです。

まとめ

いかがでしたか?
傘の金具が鍵の代わりになるとは驚きでした。鍵をなくさないに越したことはありませんが、もしなくしてしまって、スペアキーもない、近くに自転車屋さんもないという非常事態には、傘1本の犠牲で鍵が開くのであれば試してみる価値はありそうですね!

ただし、最新の自転車は防犯対策が万全で、この方法では開かないという報告もあるようです。また、自転車が壊れる可能性もあります。試すときは自己責任でお願いします

【スポンサードリンク】

最後まで読んでいただきありがとうございます。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年9月13日
最終更新日:2016年9月28日

カテゴリー:スポーツ 日常

サブコンテンツ

このページの先頭へ