カーペットのダニはスプレー?洗濯?効果的な掃除方法をご紹介


冬になるとカーペットを使用することが多いと思います。

暖かい部屋でついついうたた寝をしてしまって起きたら、何か腕や足などがかゆくなり、かいていたらブツブツができた。

ということを経験された方もきっと多いのではないでしょうか?

実はこのかゆみとブツブツの犯人は、カーペットに潜むダニです。ダニは家庭内のあらゆるところに、生息しており、家庭内で検出されるダニは実に100種類以上にも上ります。

中でもカーペットに多いのが、チリダニとツメダニというダニであり、このツメダニこそ身体の痒みを引き起こす元凶であります。

一般的にダニは気温が20℃から30℃、湿度が60%の環境を好み、人間のフケやアカ、食べかす、血液などをエサにし、成長します。

つまりこのエサがカーペットの上に無ければ、ダニが爆発的に増えることはありません。ですからこまめなカーペットの掃除が重要になってくるわけです。

「でもカーペットの掃除と言われてもダニは目には見えないし、どうやって取ったらいいの?」

という方もおられると思います。最近ではスプレーや洗濯など様々な方法で、ダニを落とすことができるようになりましたが、より効果的に掃除するにはどうしたらよいのでしょうか?

そこで今日は

「カーペットのダニはスプレー?洗濯?効果的な掃除方法をご紹介」

 

と題して、カーペットをスプレーや洗濯で掃除する場合のコツとそのほかの効果的な掃除方法を書いていこうと思います。

  • 「カーペットのダニ駆除のために、スプレーを購入したけどイマイチスプレーをどう使えばより効果的におちるかわからない。」
  • 「カーペットを洗濯してはみたものの、ざっくり洗濯しただけで、カーペットもダニが落ちているか不安だ。」

と悩んでいる方はぜひこの記事を参考にして頂ければ幸いです。

【スポンサードリンク】

カーペットのスプレーや洗濯を使った効果的な掃除方法

カーペットのダニの駆除は基本掃除です。掃除は基本毎日行うようにし、カーペットの裏なども入念に掃除するのが理想ですが、なかなか忙しくてそこまでは出来ないという方には、スプレー型の殺虫剤でダニを駆除するのが良いでしょう。

ダニ駆除スプレーで有名なのが、「ダニがいなくなるスプレー」です。これがダニを殺すとともに、ダニが嫌がる臭いを発生させて、商品名通りダニを寄せ付けません。このスプレーがあれば安心といいたいところですが、最近ではこういったスプレーに耐性を持つダニも増えてきており、注意が必要です。

そのような時は、レモン皮を細かく切って、そこにエタノールを入れて作り、オリジナルスプレーを使うのが、お勧めです。なおこのスプレーの使用後はしっかり洗乾燥させておいてください。

続いて洗濯ですが、カーペットダニを駆除するには、洗濯は大変効果があることは知られているのですが、残念ながら家庭で普通に洗濯したとしても、ほとんど効果がありません。

その理由が、ダニが苦手とする環境にあるます。ダニが苦手な環境は湿度30%以下であるか、高温【50℃以上】であることです。

一般家庭でこの環境に近づけようと思ったら、洗濯を行う前に、50度以上のお湯に漬け置きすることです。そうすることによってダニが洗濯する前に死滅します。

またもしカーペットの洗濯が難しいようなら、カーペットの濡れたタオルを置き、その上からスチームアイロンをかけると、同じ効果が期待できます。

【スポンサードリンク】

カーペットのダニがつくのを予防はできないのか?

ここまでカーペットのダニの駆除方法について書いてきましたが、なかなか手間もかかり大変ですから、できればカーペット内に、ダニが付かない様にしたいものです。

そこで登場するのが重曹です。どのように使うかというと、まず粉状の重曹を、カーペットに敷き、そのまま20分放置します。そのあと掃除機をかけることで、カーペットの目詰まりしている頑固なダニを駆除することができます。

これは、重層を敷くことによってダニが好む湿気を奪い、意図的にダニが住みにくい環境を作ることを狙ったものです。

また重曹には、このほかにも消臭効果や汚れを落とす効果もあるので、カーペットを普通に掃除すると同時に、ダニが住みにくい環境にすることもできます

またカーペットのダニを繁殖させないようにするには、換気も重要です。特に冬は寒いので、なかなか換気するとなると大変ですが、積極的に行うことで、カーペットに湿気が溜まるのを防ぎ、ダニの栄養源を断つことができます。

まとめ

これから真冬に向かっていく中で家のリビングにあるカーペットは家庭にいる誰もが使うものです。特に赤ちゃんは肌が弱く少量のダニであったとしても皮膚炎を起こしてしまうので、普段からダニが住みにくい環境を作っていくことがとても重要になってきます。

ダニが減っているかどうか、なかなか効果は見えないですが、普段から意識して心がけていれば、必ず効果が表れてきますので、ぜひ普段から、カーペットの掃除を念入りに行うようにしてください。

【スポンサードリンク】

今日も読んで頂き、ありがとうございました。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年10月10日
最終更新日:2016年12月8日

カテゴリー:掃除

サブコンテンツ

このページの先頭へ