★かき氷シロップが余ったら!使いきりアレンジレシピ!飲み物以外の使い道はある?


夏になるとより美味しいのが「かき氷」。

いちごやメロンなどいろんな味のかき氷シロップがありますよね。
でも、そんな一気には食べ切れず、かき氷のシロップが余ったまま冷蔵庫に入っているという方も多いでしょう。

余ったかき氷シロップをアレンジする使い道はないのでしょうか。

そして、アレンジレシピとして、飲み物以外の使い道などあるのでしょうか。

そんな気になる余ったかき氷シロップの使い切りアレンジや飲み物以外の使い道についてクローズアップ!

今回は『かき氷シロップが余ったら!使いきりアレンジレシピ!飲み物以外の使い道はある?』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

かき氷シロップの使い道アレンジ

まずは簡単なかき氷シロップのアレンジについて見ていきましょう。

 

  • 【牛乳に入れる】やり方はとっても簡単!牛乳にかき氷シロップを入れて混ぜるだけです。

    いちごや抹茶など相性ばっちりなんです。

  • 【ヨーグルトに入れる】フルーツ系のかき氷シロップであれば、大体合います。かき氷シロップ自体が甘いので、ヨーグルトは無糖のものがよいでしょう。
  • 【ガムシロップ代わりに】みぞれシロップに限ってですが、アイスコーヒーやアイスティーなどにガムシロップの代わりに入れる方法があります。
  • 【紅茶に入れる】みぞれシロップ以外にも、フルーツ系のかき氷シロップと相性がよいです。
  • 【オリジナルの炭酸飲料】炭酸水にかき氷シロップを入れると、オリジナルの炭酸水ができます。レモン汁も加えると、酸味で味が引き締まります。
  • 【おしゃれなカクテルに】ブルーハワイはもともとカクテルなので、お子様は飲めませんが、大人は楽しめますよね。作り方は、ホワイトラム:2、ブルーハワイシロップ:1、パイナップルジュース:2、レモンジュース:1の割合で、混ぜればブルーハワイカクテルの完成です。

    ノンアルコールで楽しみたい場合は、ラムを抜けばOKです。

飲み物以外の使い道は?

 

  • 【カラフルゼリー】ゼラチンとかき氷シロップを混ぜると、カラフルゼリーの出来上がりです。かき氷シロップの種類やヨーグルト、牛乳、フルーツなどのトッピングなどを行うことによって、アレンジが広がります。
  • 【カキ氷シロップで簡単グミ】ゼラチン、かき氷シロップ、レモン汁を耐熱容器に入れ、電子レンジで40秒〜50秒ほど温めます。全てとけたらよくかき混ぜ、容器に流し入れ、冷蔵庫で冷やせば出来上がりです。
  • 【いちごのかき氷シロップでクッキー】薄力粉、コンスターチ、サラダ油、いちごシロップ、砂糖などの材料を入れ、混ぜます。そして、適当な大きさに丸め、オーブンで20分ほど焼きます。

    そして、荒熱がとれ、粉糖まぶしたら、出来上がりです。

  • 【カラフルアイス】各かき氷シロップを水50mlずつで薄め、3色分のアイス液を作ります。1食ずつ層になるように冷凍庫で固めて出来上がりです。

かき氷のシロップの保存方法は?

どうしても使い切れない場合、どのように保存すればよいのでしょうか。

かき氷シロップはかなり糖度が高いので、保存は長期間きくようにはなっています。

しかし、食品衛生上、開封後は1年はもちません。

そして基本的には開封後は冷蔵庫で保存します。

そのため、余ったかき氷のシロップは来シーズンまではもちませんので、アレンジレシピで使い切るようにしましょう。

 

  • 【フルーツミルクフレンチトースト】いつものフレンチトーストに、フルーツ系のかき氷シロップを追加します。いちごやメロン味などの組み合わせがマッチするんです。

    お好みでコンデンスミルクをかけて食べるとよいでしょう。

  • 【色つきポップコーン】まず、フライパンや電子レンジなどでポップコーンを作ります。鍋に牛乳、砂糖、バターをいれ、中火にかけます。

    フツフツと泡が出てきたら、かき氷シロップをかけ回し入れます。

    また泡がたってきたら火を止めて、素早くポップコーンに絡ませてくっつかないようにクッキングシートの上に並べ、冷めたら完成です。

まとめ

【スポンサードリンク】

今回は余ったかき氷シロップの使い切りアレンジレシピや使い道についてご紹介しました。
かき氷シロップは、かき氷にしか使えないと思われがちですが、実はいろんなデザートにアレンジすることができるんですね。

今までかき氷シロップが余ってしまい、もったいないけど捨てていたという方は、ぜひアレンジレシピを試してみてください。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2017年5月25日

カテゴリー:食事 食品

サブコンテンツ

このページの先頭へ