缶切りの代用はスプーン以外に何があるの?


キャンプやバーベキュー、災害避難時などでよく使う缶詰め。
保存は利くし種類も豊富なので、たくさん買い置きしておくと重宝しますね。

しかし、いざ缶詰めを開けようにも缶切りがない!っていう事ありますよね。最近はプルトップがついていて、缶切りなしでも開けられる缶詰めも多いですが、缶切りがないと開けられないタイプの缶詰めもまだまだたくさんありますよね。

そんなとき、どうしてますか?食べるのを諦めますか?

いえいえ、缶切りがなくても、諦めなくていいんです!
缶切りの代わりに、スプーン以外で代用出来るってご存知でしたか?スプーンが缶切りの代わりになるなんて驚きです!
また、スプーン以外の物も缶切りとして代用出来るんです。調べてみたら缶切りとして代用出来る物、スプーン以外にも結構ありました。スプーン以外の物も使えたら助かりますね。

今回は、缶切りがないときに缶切りの代わりに代用出来る物は、スプーン以外にどんな物が代用出来るのか『缶切りの代用はスプーン以外に何があるの?』と題して調べてみました。

【スポンサードリンク】

スプーンで缶詰めを開ける方法

まずは、スプーンで缶詰めを開ける方法をご紹介します。もちろん、金属製の硬いスプーンをご用意ください。

  • 缶詰めのフタの端のくぼみをスプーンでこすります
  • ある程度(5分くらい)こすったらスプーンを突き立てます
  • 同じ要領で数ヵ所に穴を開ければ簡単に開けられます

スプーンで缶詰めのフタが開くなんて驚きですね。スプーンならキャンプやバーベキューのときは必ず持っていく物ですし、家庭にも必ずある物ですから、缶切りがなくても慌てずに対処できそうです。スプーンは滑りやすいので怪我には気をつけてくださいね。

【スポンサードリンク】

スプーン以外で代用出来る物

スプーン以外にも缶切りの代わりになるものがあります。

【ドライバー】
ドライバーを缶のフタの端に刺して開けます。プラスでもマイナスでも出来ます。

【ナイフ】
フタのフチをナイフで少しこすってから穴を開けるようにナイフを突き刺し、そのままぐるりと回せば開きます。

【包丁】
包丁の刃元(持ち手近くにある直角に尖った部分)をフタに刺して開けます。刃先は滑りやすく危険なので、刃元をフタのフチにあて、てこの要領で力を入れて突き刺してください。
缶切りと同じように包丁を持っている手をスライドさせながら数ヵ所に穴を開ければフタが開きます。刃の薄い包丁は不向きです。

【ハサミ】
要領はスプーンで開けるときと同じです。ハサミの先でフタのフチを少しこすってから穴を開けるように突き立てます。
数ヵ所に穴を開ければフタを開けることが出来ます。練乳など汁物の缶であれば、対極の2ヶ所に穴を開けるだけで中身が注げます。

【コンクリート】
なんと、石やコンクリートに缶をこすることで缶詰めのフタを開ける方法があるのだそうです!フタの面を下にして、石やコンクリートに強くこすりつけます。そして側面を指でぐっと押すと、フタが開くそうです。
これが出来ればアウトドア上級者って感じですね。

まとめ

いかがでしたか?
缶切りがなくても、身近にある物で代用出来ることがわかりました。基本的には、棒状の金属であれば、缶詰めのフタに穴を開けることが出来るようです。

しかしいずれも正規の使い方ではないので、特にナイフや包丁、ハサミで代用するときは怪我にはくれぐれも気をつけてくださいね。
軍手や厚手のゴム手袋などで手を保護しましょう。ノコギリのような、しなるタイプの薄い刃物は不向きです。怪我の危険性が高いので使わないでください。
また、ハサミやナイフは刃先が傷んで切れ味が悪くなることがありますので、使えなくなってもいいという覚悟で代用しましょう。

【スポンサードリンク】

最後まで読んでいただきありがとうございました。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年9月18日
最終更新日:2016年9月29日

カテゴリー:日常 食品

サブコンテンツ

このページの先頭へ