革靴のシワで足の甲が痛い!対策方法は?


革靴のシワで足の甲が痛いっとなったことはありますか?

バシッと決めたスーツにサッパリとした髪型!
そしてカッコイイ革靴でスタイリッシュに歩いて…

イテテテ…アレっ!足の甲が痛い!
革靴のサイズはぴったりなハズなのに・・・
革靴のシワで足の甲がジンジンと痛い。

社会人男性ともなれば一度は経験したことがある、革靴にシワが出来て足の甲が痛い。

対策といっても靴屋さんに持っていくのも一つの手だと分かっているけど、他にもっと手軽で有効な対策は無いものか。と、思っている内に翌日を迎え、また足の甲の痛みと戦いながら憂鬱な出勤。そうならないためにも対策を考えないと。

履き初めの靴ズレ的な痛みだけではなく、途中履いていたら革靴のシワが出来て痛いんだから始末が悪い。

なにか対策はないものでしょうか。

そこで今回は、『革靴のシワで足の甲が痛い!対策方法は?』についてご紹介していきたいと思います。

【スポンサードリンク】

どうしてシワが足を痛めるのだろうか?

履きジワが出来ないように、革靴を履く…なんてことが出来れば良いのですが、まずそんなことは不可能に近いですね。

痛みを伴うシワは何故出来てしまうのか?

それは、ウィズという甲まわりに余裕がありすぎだと言われています。ウィズとは足幅によって3Eとか書いてある表記のことです。

歩いているときに、靴の甲の凹みが大きくなり、それが足の甲に当たって痛みが生じる訳です
この余裕が適当な余裕であれば良いのですが、ありすぎるあまり余計なシワを生み出し足に痛みを与えています
だから、左右の足両方が痛い訳でなく片方だけという現象が起こったりするんですよね。

これは、購入する際に革靴のサイズに気をつけることで回避することが出来ます
靴ズレというものは、何もサイズが小さいから起こる訳ではなく、反対に大きすぎても起こるということです

具体的には普段自分が履いているスニーカー等のサイズより気持ちサイズダウンして購入することがコツなんですね。

【スポンサードリンク】

対策方法をご紹介!

ならないようにあらかじめ対策しておくことも大切だが、問題はなってしまったあとの対策です。

もちろん、その場合であっても効果的な対策方法は存在するのです。
痛くなった箇所をバンドエイドを貼ったりするのも一つの手ではあるのですが、革靴そのものを何とかしたいのが本音です。

実は、今回メインでご紹介したいのはどこの家庭にもあるものを使って対策する方法

それは、ボールペンです。
履いてみて当たっている部分を避けるように、ボールペンを押し当てながら屈曲させてみてください
そうすると意図的にシワを作ることが出来ます

残念ながら見栄えは良いものではないですが、
今痛い部分の少し手前にシワを作れば少なからず痛みは軽減します。

こうすれば、痛みのあまり履くのを諦め、下駄箱の奥にしまわれてしまう運命だった革靴を復活させることが出来るのです。

他にも1000円前後で革の伸長剤を購入し、当たって痛みがある部分に吹きかけてみたり、ペンチのようなもので当て布を押し当てながら自分にあった、ちょうど良い幅に調節してみたりと、革靴のサイズそのものをいじってみる方法もありますが、今回は無料で出来るDIYということで、説明はこの辺で終わりにしようと思います。

我慢して、諦めてしまう前に一手間かけて足の甲の痛みから解放されてみて下さい。

まとめ

せっかく買った良い革靴であっても、履き心地が悪ければ気分は最悪ですね。

それでも、今回の記事を参考にしてもらい、革靴を選ぶ際は気持ち小さめのサイズを選ぶこと。
また、シワが出来てすでに足の甲に痛みがある場合は、どの家庭にもあるボールペンを使ってシワの場所を意図的にズラし、痛みを無くすお手軽な方法を紹介させてもらった。

これらの方法を駆使してもらいながら、ビジネスマンライフを充分に堪能してもらいたいものです。

【スポンサードリンク】

最後までお読みいただきありがとうございました。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年9月16日
最終更新日:2016年9月29日

カテゴリー:健康 日常

サブコンテンツ

このページの先頭へ