風邪薬はアルコールを飲んでしまったら何時間間隔をあけたら致死量を避けられるの?


風邪薬を飲んでいる時に、ついアルコールを飲んでしまったら何時間間隔をあけたら致死量にならずにすむのでしょう。

風邪をひいて風邪薬を飲んでいる時には、アルコールは控えた方がよいのは分かっていますが、お付き合いもあって飲んでしまったという事もあると思います。
そんな時には、何時間間隔をあけたらいいでしょう。知らずに致死量をなんていうのは怖いですから。

風邪薬にもよって、何時間間隔をあけて下さいと記入してありますがアルコールを飲んでしまったら量によって致死量があるので知らないといけませんね。

風邪薬を飲んでしまったら、アルコールを何時間間隔をあけるといいか。アルコールを飲んでしまったら、致死量を避けるため何時間間隔をあけたらいいのか。

では今回は『風邪薬はアルコールを飲んでしまったら何時間間隔をあけたら致死量を避けられるの?』として調べてみようと思います。

【スポンサードリンク】

風邪薬を飲んだ後のアルコールとの飲み合わせは?

風邪をひいたら風邪薬を飲んで早めに飲んで治したいですね。

その風邪薬の一般的な飲み方は、説明書を見ると「水またはぬるま湯で服用してください」と書かれてあるのが多いです。また、「服用前後は飲酒しないで下さい」とあります。
風邪薬を飲んでいる時に、夕食の際にお酒を飲むことがあると思います。そんな時、食後に風邪薬を飲んでも大丈夫なんでしょうか。

いいえ、結論から言えば危険なのです。
副作用が出てしまったり、反対に薬の効果が得られなくなってしまうからです。

風邪薬には、眠くなる成分が使われています。アルコールも同じようなさようがあるので相乗効果で眠気が強くなってしまうことがあり、意識障害呼吸困難などにつながる危険性があるので絶対にやめて下さい。

しかも、どちらも肝臓で分解されますので同時に摂取してしまうことになります。そうすると、肝臓に負担がかかり悪酔いや二日酔いにもなりやすく、肝臓疾患につながる可能性もあります。
さらに、胃を刺激してしまい胃潰瘍となることもあります。

くれぐれも飲み合わせはしないようにしてください。

何時間間隔をあけたら飲んでもいいのか?

それでも、仕事上どうしてもお付き合いにいかないといけない事もあります。どれくらいの時間を空けたら影響が出にくいのでしょう。

薬の効果の持続時間でも変わってはきます。一般的な風邪薬は、1日3回の服用が多いと思います。
その場合には、約5~6時間効果が続きますのでそれくらいの間隔は空ける事が必要となります。

いまでは、1日1回の服用でよい薬もあるのでその場合は、薬を飲んだ日はアルコールは避けた方がよいですね。

もし、アルコールを先に飲んだ場合にはアルコールが完全に分解されてから薬を服用してください。
約6~8時間は必要とされます。しかし、体質や体格・体調・お酒の量にもよりますので注意をして服用するようにしてください。
注意することは、多くアルコールを摂取したr、夜遅い時などは風邪薬の服用はやめておきましょう。

【スポンサードリンク】

間隔を空けて致死量を避ける

先ほども風邪薬を飲んだ後には、数時間空けることが大事です。それは体に摂取する量、致死量となるからです。
知らず知らずのうちに致死量を摂取してしまっていた、という事にならないようにして欲しいのです。

風邪薬の成分で、過剰に摂取したりアルコールを伴うと肝臓障害や胃に負担がかかり重大な副作用を引き起こす危険性があるのです。それで、「」に至る場合があるのです。

風邪薬とアルコールの摂取量次第では致死量となり、最悪な事になってしまうのです。

風邪薬に含まれているアセトアミノフェン(鎮痛作用をもつ非ピリン抗炎症剤)は比較的に安全性のある薬ですが、大量に服用またはアルコールと服用すると、肝臓障害をおこして死にいたるという訳です。

アセトアミノフェンは、体重60Kgあたり約9Kgで中毒症状をおこし約15~20gで重い肝障害がおきるのです。

くれぐれも風邪薬とアルコールの摂取時間や間隔をきちんと守り大量な摂取をしないよう注意が必要です。
これが犯罪につながる場合があるので、さらに注意が必要となるのです。

まとめ

なかなか風邪がおさまらないからと風邪薬を飲み過ぎたり、薬を飲んでいたことを忘れてアルコールを大量に飲んでしまったという事がないようにご自身で気をつけておかなければならないですね。

服用する際には、決められたことをきちんと守って飲んで下さいね。

【スポンサードリンク】

最後までお読みいただきありがとうございました。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年9月4日

カテゴリー:健康 医療 日常

サブコンテンツ

このページの先頭へ