風邪対策アナウンサーに学ぶ食事や湿度などの体調管理法


冬が到来する寒さと空気が乾燥することで、風邪の菌やインフルエンザウイルスの活動が活発になり、毎年毎年多くの方が風邪に悩まされています。

ただ社会人になりますと、風邪で会社を休んだりすると多くの人に迷惑をかけてしまうことになり、簡単には休めません。

ですから普段から風邪対策をして、風邪にかからないようにする必要があろうかと思いますが、あなたは風邪対策どうしていますか?

風邪対策としてよく言われるのが、バランスの取れた食事と、身体を温めること、そして睡眠時間をしっかりとること、そして冬は乾燥するので、適度な湿度を保つことも重要だといわれます。

しかし普段から激務に追われていますと、なかなかすべてを満たすことはできません。

そこで数ある職業の中で同じく激務で、一番風邪をひいてはいけない職業は何なのかと考え、テレビのアナウンサーを思いついたのです。

アナウンサーにとって風邪をひくことは自分の商売道具である声が出なくなることにつながるのでまさに大敵です。

特にお天気レポートのなどで外取材が多い、アナウンサーなどは風邪をひいている人との接触が多く、なおのこと風邪対策に気を使っているはずです。

きっと一般のひと以上に食事や湿度の管理等風邪対策に精通しており、参考にになるのではないかと考えました。

そこで今日は

「風邪対策アナウンサーに学ぶ食事や湿度などの体調管理法」

と題して書いていこうと思います。

前半ではアナウンサーが風邪対策の中でも食事の面で気を使っていることについて書いていきます。

そして次の章ではで乾燥しやすい冬に湿度をどのように管理しているかについて書いていきます。

そして最後は、食事、湿度の管理以外で特に気を使っていることについて書いていきたいと思います。

【スポンサードリンク】

アナウンサーが風邪対策として食事面で気を使っていること

多くのアナウンサーががやはり気を使っていることは、こまめに水分補給をするということです。

風邪の原因の一つに乾いた喉に、菌やウイルスが付着するというのがあり、喉が特別乾いていない時でも間を見つけては、水分を摂っているそうです。

また水をただ飲むだけでなく、野菜(葉物)とリンゴなどの
果物に生姜を混ぜた特別スムージーを作って飲んだりする方や、生姜ではなく、紅茶やホットミルクにハチミツをいれて飲む方など様々でした。

確かに生姜は身体を温める効果や喉の傷みの改善、殺菌工効果がありますし、ハチミツに含まれる濃度の濃い糖分には、風邪の菌やウイルスに含まれる水分を除去し、ウイルスの増殖を抑える効果があるので、大変理に適っています。

もし生姜の風味が苦手な方なら、ハチミツだけでも摂るようにしましょう。

なおこれはアナウンサーの話ではないですが、普段子供の診察をする小児科医の先生などは、いちいち診察ごとに洗面所でうがいをする暇がないので、お茶を飲んで最後はうがいをしているようです。

これで10年風邪ひいたことがないとのこと、確かに風邪の場合気管に入るから風邪の症状になるので、消化器に入れてしまえば、少なくとも喉はやられません。

どうしても忙しい人は実行してみてもようかもしれません。

アナウンサーの風邪対策で湿度の面で気を付けていること

冬場はやはり乾燥するいることが多く、多くのアナウンサーが部屋の湿度に気を使っているそうです。

特に各地に取材で出張にいく、アナウンサーやレポーターなどはホテルは加湿器のあるところを必ずえらぶようです。

また仮に加湿器がない場合は、お風呂のお湯を抜かずにおいておいたり、寝るときにマスクをして寝て喉の乾燥を防いでいるとおことでした。

専門家の話によると風邪のウイルスは湿度が50%を超えると、ほとんど活動できなくなるそうなので、もし冬になると必ず風邪をひいてしまう方がいたら試しに加湿器を購入してみてはいかがでしょうか?

最近の加湿器には特定のウイルス除去機能があるものもあり、効果的な風邪対策ができると思います。

また万一風邪で喉が痛いと感じた場合は鼻うがいをすることで、喉に入っった菌やウイルスを撃退することができます。

部屋の湿度も確かに重要ですが、私たちの喉の湿度も高く保つことが重要であることがよくわかります。

【スポンサードリンク】

アナウンサーに学ぶ食事や湿度以外での風邪対策

ここまではアナウンサーの風邪対策を食事面と湿度のめんから考えてきましたが、他に気をつけていることはないのでしょうか?

ここでは風邪対策として食事や湿度管理以外で気を付けていることをまとめてみました。

まず多くのアナウンサーがやっているのが、厚着です。

冬場に身体を冷やすことは内臓の機能を低下させ、やがてそれが免疫力の低下につながります。

そこで厚着をしたり、またホッカイロを服の中に入れたりするなどしているようです。

また寝る得などは首にタオルをまいたり、また靴下の上にタイツをはいたりして、身体の保温に努めているということです。

またそもそも根本的に風邪が流行っているときは、風邪感染した人に会わないのが一番であるというかたもおられました。

どうしても不特定多数の人と会わなければいけない冬は、マスクをしていくことが大事であるといえます。

まとめ

ここまでアナウンサーの風邪対策を書いてきましたがいかがだったでしょうか?

「よく風邪対策でいわれていることで新鮮味がない」

と思う方もおられるでしょうが、そういう風邪対策を毎日続けているからこそ、風邪を確実に予防できるのだと思います。

大事なのは何をやったかではなく、たとえよくある風邪対策であったとしてもどれだけ続けられたかだと思います。

あなたも今からできるだけ長く継続し、冬場に備えましょう。

【スポンサードリンク】

今日も読んで頂きありがとうございました。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年8月25日
最終更新日:2016年9月4日

カテゴリー:健康 医療 食事

サブコンテンツ

このページの先頭へ