★緊急地震速報の音が怖い!トラウマになりそう!音を消す方法ってあるの?


電車に乗っていたら、急に携帯から緊急地震速報の音が鳴って慌てたという場合や、寝ている時に鳴って、びっくりしたというような方多いのではないでしょうか。

普段聞き慣れない音がなる緊急地震速報。

心臓に悪く、トラウマになりそうで、緊急地震速報で困ったことありませんか?

緊急地震速報を消すことができるんだったら、消しておきたいところですが、トラウマになりそうなこの緊急地震速報の音を消すことはできるのでしょうか。

そんな気になるトラウマになりうる緊急地震速報の音を消す方法についてクローズアップ!

今回は『緊急地震速報の音が怖い!トラウマになりそう!音を消す方法ってあるの?』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

スマホの地震速報って何?

スマホ等の携帯に流れてくる地震速報は、気象庁が発表した「一般向け緊急地震速報」を利用して、ドコモやau、ソフトバンクなどの各社が、自社のユーザー向けに配信しているものです。

スマホに地震速報が流れる条件は、震度5以上の地震があったとき、震度4以上になる地域に対して配信されるそうです。

地震には「P波」と「S波」があり、第1波であるP波を感知し、その後起こる大きな揺れであるS波の情報を配信するそうです。
これにより、揺れより早い速報を実現する事が出来るそうなんです。

【スポンサードリンク】

緊急地震速報の音の由来は?

「最適な緊張感、インパクトがある」、「危機感を感じる」など諸説あるようですが、日常聞きなれない音にすることによって、危機感を与えるのでびっくりしてしまうようです。

あまりに怖い音だと人間の身体は恐怖ですくんでしまい、緊急速報の意味をなさなくなってしまいますので、「怖すぎず、あまり明るすぎない」ということを考えて設計され、この音になったそうです。

緊急地震速報の音は消せる?

誰でも一度は緊急地震速報の音にびっくりしたことがあり、あの音がトラウマになったという方もいらっしゃるでしょう。

電源を切っていれば、スマホの地震速報は受信できないため、緊急地震速報の音は鳴らないようですが、いつくるか分からない地震に対して、電源を切るのは不安ですよね。

機種や携帯会社によって違ってきますが、緊急地震速報の音を消す方法はありますので、トラウマになる前に試してみるとよいでしょう。

 

  • 【iPhoneの場合】・「設定」のアプリを開き、「通知」を選択します。
    ・その通知の画面で、「緊急速報」というものがありますので、これをオフにします。
  • 【docomo、スマートフォンの場合】・アプリから「災害用キット」選択し、その中から「緊急速報(エリアメール)を選択します。
    ・「受信設定」を選択し、右側にあるチェックを外せば、緊急速報が鳴らないようになります。
    緊急地震速報を受信時だけ音を消す方法は、
    ・「災害用キット」の「緊急速報(エリアメール)」から着信音を選択します。
    ・初期設定では、マナーモード時でも鳴動するになているので、横にあるチェックを外します。
    こうすると、マナーモード時には音は鳴らず、通知だけ受け取れます。
  • 【docomo、ガラケーの場合】・「メール」を選択し、「緊急速報エリアメール設定」を選択します。
    ・「受信設定」をオフにします。
  • 【au、スマートフォン、ガラケーの場合】・「メール」のアプリを選択し、Cメール、SMSのメニュー内で「緊急地震速報」を選択します。
    ・そして、「受信設定」でオフにすればOKです。
  • 【Softbank、スマートフォンの場合】・「緊急速報メール」のアプリを選択し、「利用する/利用しない」を「利用しない」にします。
  • 【Softbank、ガラケーの場合】・メールメニューから「メニュー設定」を選択し、「その他の設定」を選択します。
    ・「緊急地震速報設定」の「受信設定」から「利用する/しない」を「しない」にします。

SIMカードなしでも緊急地震速報は鳴る?

SIMカードなしの状態ですと、地震速報は鳴りません。

ドコモ、au、ソフトバンクなどの通信会社の電波を受信している必要がある様です。

まとめ

今回は携帯の緊急地震速報の音についてご紹介しました。

緊急地震速報の設定は、iPhone、携帯会社、スマートフォン、ガラケーなどによって様々です。

【スポンサードリンク】

音が鳴ると驚きますし、トラウマになってしまう人もいると思いますので、気になる方は設定を変更するとよいでしょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2017年9月26日
最終更新日:2017年9月28日

カテゴリー:トレンド ビジネス

サブコンテンツ

このページの先頭へ