★鯉のぼりを飾る時期は、いつからいつまで?最適な日は?何歳まで飾る?


5月の端午の節句といえば、鯉のぼりですよね。

男の子のお子様がいらっしゃる家庭では、兜や鯉のぼりなどを飾られるのではないでしょうか。

ひな祭りの雛人形は、ひなまつりの日が終わればすぐにしまうという俗説がありますが、鯉のぼりを飾る時期というのは、いつからいつまでといった決まりや時期はあるのでしょうか。

いつからいつまでといった決まりがあるのでしたら、知っておきたいですよね。

また、鯉のぼりを飾る最適な日はいつなのでしょうか。

最適な日があれば、その日に飾るようにしたいものです。

そして、男の子の節句とは言え、子供が何歳になるまで飾るものなんでしょうか。

子供が何歳になるまで飾ってよいのか気になりますよね。

そんな気になる鯉のぼりを飾る時期はいつからいつまでなのか、また最適な日や何歳まで飾るものなのかについてクローズアップ!

今回は『鯉のぼりを飾る時期は、いつからいつまで?最適な日は?何歳まで飾る?』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

鯉のぼりの由来は?

そもそも何故、端午の節句に鯉のぼりを飾るようになったのでしょうか。

端午の節句とは桃の節句とも言われる上巳の節句と並ぶ、五節句の一つです。

「端」がはじめという意味を持つことから、「端=はじめ」と「午=午の日」は5月の最初の午の日を指していました。

それが、「午(ご)=五」と音が似ていることから、奈良時代に5月5日が端午の節句として定着したそうです。

元々中国から端午の節句に菖蒲で厄払いをするという風習が「菖蒲=尚武や勝負」と結び付けられることから、江戸時代の武家で男児の出世や武運を祈る行事として定着したそうです。

そして、この時代、将軍家に長男が生まれると世継ぎの出生を祝って家紋の入った幟(のぼり)が立てられるようになります。

それを見た庶民が、幟に似せて立てたのが鯉のぼりの由来と言われています。

また鯉のぼりは、中国の故事である、竜門という滝を登り切った鯉は竜になったと言われている鯉の滝登りに習ったものだとも言われています。

これらのことから、どのような困難にもめげず、乗り越える立派な男の子になって欲しいという出世を願う気持ちを込め、鯉を幟にして立てたと言われています。

【スポンサードリンク】

鯉のぼりを飾る時期はいつからいつまで?

一般的に鯉のぼりは4月上旬から出して、5月5日の子供の日を過ぎた時に片付けます。

いつからいつまでという飾りの時期は、特に決まりごとはないようです。

春分の日を過ぎてしまえば季節感的には問題ないはずですが、3月20日からこいのぼりってちょっと気が早い気がしますよね。

4月の初旬から中旬、遅くとも4月下旬には飾り終えておくとよいでしょう。

縁起をかつぐ方だと大安の日に飾り始める方もいらっしゃいますが、そこまで気にしなくてもいいでしょう。

そして、鯉のぼりをしまう時期は、端午の節句を過ぎれば、早くしまっても大丈夫です。

もし、鯉のぼりをしまうのが遅れても嫁に行き遅れることはないので、慌てる必要はありません。

5月の中旬までに天気の良い日を選び、ホコリや湿気を取り除いてからしまうようにしましょう。

鯉のぼりの飾りは何歳まで?

鯉のぼりは、男の子が無事に成長するのを願って飾るものなので、何歳までという決まりごとはありません。

だいたい小学校から中学校くらいまで飾っている方が多いようです。

10歳を過ぎる頃には照れくさくなるようですので、お子さんが喜んでくれるうちは飾ってあげるようにしましょう。

鯉のぼりの洗たくの仕方について

鯉のぼりを翌年以降も気持ちよく飾るためにも、汚れをきちんと落として仕舞うようにしましょう。

浴槽に中性洗剤を入れて、30分から1時間程度つけ置き洗いをします。

そして、汚れのひどいところだけもみあらいしましょう。

金箔がはげてしまいますので、絞らずそのまま干すようにしましょう。

干す際は、色あせを防ぐため、陰干しがよいでしょう。
クリーニングよりは手洗いを行う方がよいでしょう。

また、アイロンがけもNGですので、鯉のぼりをしまう時は丁寧にたたみ、しまうようにしましょう。

まとめ

今回は鯉のぼりを飾る時期などについてご紹介しました。

鯉のぼりは出す時期にも片づける時期にも決まりやルールはありません。

【スポンサードリンク】

初節句のときには、少し早めに飾り、その後は4月の初旬頃に飾ったらいいでしょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2017年8月14日

カテゴリー:トレンド 行事

サブコンテンツ

このページの先頭へ