寝起きの口が臭い原因と予防方法!


朝の寝起きに口が臭いことってよくありますよね。原因ってなんでしょうか?

予防方法などあるのでしょうか?とても知りたいですね。

なんで朝の寝起きって口が臭いんですかね?

原因が分かれば予防方法も分かると思います。

寝起きに口が臭いのは原因があるとしても予防方法まで分かるものなのでしょうか?

寝起きに口が臭いのは何かの病気でしょうか?

原因と予防方法を知りたいものです。

そこで今回は『寝起きの口が臭い原因と予防方法!』と題して大公開いたします。

【スポンサードリンク】

寝起きの口が臭い原因

夜の唾液の分泌量が、朝の寝起きの口臭の原因で、なぜ夜の唾液の分泌量が多いのかというと昼の活動量が多いと、唾液には、汚れを洗い流す作用があるため、夜に汚れた口内を洗い流すため寝ている間に洗浄されているから朝、口臭になるのです。

細菌を洗い流すために、口臭が臭いのだから、もう致し方ないということと考えるしかないかもしれませんし、口臭が発生するということは洗浄作業が発生しているので、やはり健康には良いのかもしれません。

それでも、口臭が気になるのであれば、いくつかの予防法が現在、考えられていますから対策をしてみるのも良いかもしれません。

【スポンサードリンク】

予防方法

これはもう予防方法というより、当たり前のことですが、寝る前に歯磨きをするで予防ですが、これしか最終的に手段は無いと思ったほうが良いでしょう。

やはり基本は歯磨きで、他の予防方法は、歯磨きの次に行うための代替手段だといえます。

歯磨きがしっかりしていないと、口の中が汚れているので唾液の分泌量が増えますから当然、唾液が増えれば口臭が増えますので、寝る前の歯磨きは、5分を目安に磨くことをお勧めいたします。

歯ブラシによる歯磨きだけでなく、もっと効果があるフロス(糸ようじ)が効果的です。

これは、本当に盲点ですが歯ブラシによる歯磨きより、フロス(糸ようじ)のほうが汚れが落とせると言われるぐらいこの方法は口臭予防に効果的です。

そして歯ブラシでの歯磨きとフロス(糸ようじ)による歯の間を磨くことの次に行う予防方法は、舌を磨くことです。

タバコをやめるのも一つの手段で、このタバコが口臭の原因である可能性はかなり大きいですから、ただタバコをやめるだけで、口臭がなくなるだから、明日からやめられる状態であれば、すぐタバコはやめたほうが良いでしょう。

どうしてもタバコがやめられないのであれば、やはり歯磨きが一番の効果があると言えるでしょうし、やめられないのであれば、寝る前や、夜に吸うのをやめるという方法もあります。

そしてタバコときたら次は酒です。

つまり酒をやめることで、口臭がなくなるのであれば、今日からやめるべきですが、どうしてもやめられないのであれば、やはり晩酌をやめるということが一番でしょう。

酒、タバコときたら次は、やはりストレスということになります。

ストレスは、ほぼほとんどの病気などの原因でもありますが、口臭の原因もやはりストレスです。

なぜストレスが口臭の原因になるのかというと、ストレスで口の中が渇きますと、唾液の分泌が減ります。

こうなれば、雑菌が増えますから当然、口臭が発生します。

これらをやめていけば、口臭予防はパーフェクトなので、かなり簡単に口臭が予防できるということが分かると思います。

まとめ

いろいろ口臭対策ってあるものなのですね。

特に、お酒やタバコやストレスで口臭が発生してしまうのであれば、もうこれはやめるしかないと思いました。

タバコや酒やストレスだけでなく、昼間の活動により、唾液の分泌量が増えるのであれば、やはり口臭は悪いものでもないかもしれません。

歯磨きや糸ようじで、口臭予防をしていきたいものですね。

それではまた、新しい情報が入り次第また大公開したいと思います。

どうもありがとうございました。

人気記事はこちら

アマゾン(Amazon)で中古本を購入する際に1円でも後悔しない買い方とは?

一ヶ月のデート代平均は社会人と大学生でどれくらい違いがあるの?

歯磨きをする時間、朝は食前 食後どちらが効果ある?

塩シャンプーのデメリットは茶色になる?口コミを調べてみたよ!

【スポンサードリンク】

ガムの効果は顔や顎にどんな影響があるの?禁煙に効くって本当?

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年8月30日
最終更新日:2016年9月1日

カテゴリー:健康 医療 食事

サブコンテンツ

このページの先頭へ