LEDダウンライトの電球交換の注意点と解決方法!


LEDダウンライトってカッコいいですよね。

電球交換ってどうやるんでしょうか?

注意点などあったら知りたいです。

LEDダウンライトって電球交換が難しそうだし、注意点が多そうですよね。

できればLEDダウンライトの電球交換の注意点に詳しくなりたいものです。

LEDダウンライトの電球交換の注意点、とても知り合いですね。

そこで今回は『LEDダウンライトの電球交換の注意点と解決方法!』と題して大公開したいと思います。

【スポンサードリンク】

LEDダウンライト電球交換でお困りの方に解決方法

壁に埋め込みとなっていてデザイン的にもスッキリしててキレイですから、長い廊下だったり、お風呂やアプローチ、オフィスなどでも好まれてつけられていると思います。

事務所などは業者に頼むことが多いと思いますが自宅の場合は数も少ないとなれば自分でできそうな感じになるので挑戦するのですが一番難しいという声は、

カバーの取り外しのときに上手く出来ないとか本体まで引っ張ってしまい電球交換前ができなくて、お困りの方のために説明します。

電球交換の解決方法と注意点

まずダウンカバーの大きさには2種類あるのですがそれは、直径が17cmのものとのものがあり、17cmサイズのものはカバーなら個人でも取り外せますが12cmのものになると取り外しができたとしても難しくなりますので12cmの場合は専門業者に頼んだ方がよいです。

17cmのカバーでしたら、埋め込まれている本体とふたのようになっている周りのカバーは離れますので、

そのそのカバーの外側をつまんで真下へ引っ張ると、両サイドにバネのようなものが出てきますから、

そのバネをつまんで完全に引き抜いて電球交換が終わったら、

カバーをもとの位置に戻すとき△マークの上にバネを差し込む穴があるのでそちらへバネを差し込んでキチンとハマってるか、落ちてこない状態になっているかを確認忘れないようにしたら終了です。

【スポンサードリンク】

寿命と光熱費コスト

LEDにすると寿命が長くなり、光熱費コストも下がることでも喜ばれていますから、白熱電球からLED電球に交換する人が多いのは自分でも簡単に交換できると挑戦したが上手くできないという声も時々出てきます。

それはもしかすると施工時に筒状のはめ込みが甘かったりすると真下に引っ張った時にカバーだけ引っ張れないということも考えられます。
本来であれば簡単にカバーだけを引っ張ることができますが、

筒状全体が引っ張られるというのでしたら、もう一度筒状の本体を壁に押し戻し筒状の方をしっかり押さえながらカバーだけを引っ張るなどをしてみてください。

それでもできないときは電気屋さんに依頼することをお勧めします。

ダウンライトの情報

デザイン的にスッキリしていますし。

スポットライトのように欲しいところにだけ照明を当てたいなどにはダウンライトがお勧めですが、天井などに埋め込み式なため一度設置してしまうと簡単には器具の変更とかが簡単ではないパターンもありますので

サイズや種類を選ぶ最初が大切になります。使う場所は室内はもちろん浴室や野外でも設置ができますから取り付けたい場所に応じてよくご相談したうえで種類を選ぶことをお勧めします

まとめ

ダウンライトは筒状になった形のものが天井に埋め込み式照明としてスッキリしてるので人気といわれる特徴で、

スポットライトのようなものですから補助的な照明とか、ムード的なものが欲しいとか、

全体を明るくしたくないなどデザイン的おしゃれを重視して付ける方がいると思いますが、もう一つ良い点がありまして加熱による火災を防ぐためにダウンライトの筒状形状の内側は断熱加工されている

【スポンサードリンク】

【S型ダウンライト】と呼ばれています。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年9月14日
最終更新日:2016年12月7日

カテゴリー:トレンド 話題

サブコンテンツ

このページの先頭へ