正しい枕の高さは?バスタオルで調節し首の痛みをとる理想の高さ調整法とは?


普段の日常生活で首の痛みなどがありましたら、マッサージ機やお店に行って首の痛みを解消するのが正しい解消法の1つですが、理想的には首の痛みはあまりお金を使わずに解消した方が良いと思います。

そんな首の痛みの正しい解消法や理想の解消法についてですが、実はバスタオルを使って枕の高さを調整すればマッサージ機やお店に行かずに首の痛みを解消することができる理想的なやり方があります。

ですので、今回はバスタオルと枕の高さを使った理想的で正しい首の痛みの解消法について紹介します。

【スポンサードリンク】

首が痛いときの枕の高さ

首の骨は外側に緩やかなカーブになっており、、枕がその首の骨のカーブにぴったりにすることで安眠でき、疲れも取れるのです。

ですが、あまり枕が高いと寝ていても首が緊張した状態が続き、首や肩の筋肉に負担がかかってしまい、その影響で朝起きたら首が痛かったり、肩が凝った状態が発生してしまいます。

また、首にはたくさんの神経があり、それらを圧迫してしまうと首だけでなく、肩や腕、指先までしびれが起きたり自律神経にも影響を及ぼしてしますこともあります。

その他にも仰向けで寝てるのに朝起きたらいつも横向きになってるという人は枕が高すぎて首がつらかったり、呼吸がしづらいので自然に横向きに寝てしまうことがありますが、そうなってしまいますと今度は耳が圧迫されて痛いから夜中に何度も目が覚めたりと深い眠りにつけないなどの影響がでます。

このように正しい枕の高さにしておかないと首に痛みが発生したり、夜まったく眠ることができない状態になってしまいます。

枕の高さは年齢や太っている、痩せている、性別などでそれぞれ違っており、また枕の種類の体重による沈み具合、敷布団の固さによっても変わります。

枕の高さは女性で3㎝前後、男性で4㎝前後が標準で、太っている人なら枕の沈み具合も深いので1~2㎝高い枕を、逆に痩せている人なら1~2㎝低いものが合うなど変わってきます。

これは仰向けに寝た場合の数値ですが、横向きやうつ伏せで寝る習慣の人はまた高さが変わってきます。

その他に寝返りしやすいかどうかもポイントになり、寝返りがスムーズにできないと目が覚めてしまって熟睡できないことにもつながります。

最近では枕などの寝具専門店も最近は増えました。そういったショップへ行くと首の形状(カーブ)からぴったりの高さを提案してくれて、数種類の枕をその場で試せます。
そういったところを利用するのもおすすめですかわ、ショップではたいていベッドをおいていますから自分が普段使っているベッドで試したり、自分が使っている敷布団以上のふかふかの敷布団を使っているなど、お店の環境で試して購入したものを家に帰ってから使用すると失敗した。ってことにもなりかねません。

また、枕が高すぎて首が痛い状態が続いている人は枕なしで寝てみる方法も良いと思います。
枕なしを推奨している医師もおられるようで、枕をしないことで頭と体が平行になって血液の循環もよくなり、高い枕をしている時の首の痛みの改善にもつながります。

体の調子がいい状態が続くなら枕なしで寝られるのがいいでしょう。

しかし、先ほども説明しましたが、首はゆるやかなカーブを描いていますので、頭と肩がまったく一直線上というわけではありません。

そのため枕なしで寝ると頭が心臓より低い位置になるので血が下がって朝起きて顔にむくみがでることもあります。

また横向きで寝るには肩幅がありますから首が下がりすぎる状態になりますので、枕無しで就寝するときは気をつけてください。

【スポンサードリンク】

首が痛いときの枕の選び方や枕の代わりになるもの

今使ってる枕が合わなかったり、自分に合う枕の高さが知りたいという時に自宅で簡単に合う高さを決められる方法があります。

その方法とはバスタオルを使う方法で、バスタオルを3枚使い、そのうちの2枚は同じ厚みを用意します。

やり方としては1.バスタオルの長い方を4つに折ります。その状態で固めにくるくる巻いて輪ゴムで止めます。

2.同じものをもう一つ作ります。

3.今度は4つに折っただけのバスタオルを丸めたバスタオルの上に置きます。余った部分は丸めたバスタオルの端へ引っ付ける感じに織り込みます

4.2つの巻いたバスタオルの溝部分に耳がくるように寝ます。

以上になります。

バスタオルの厚みを変えていろいろ試してみることで自分にあった高さがわかり、その高さを図って枕を購入することで首が痛まずに睡眠できる枕が選ぶことができます。

まとめ

【スポンサードリンク】

まとめとしては首の痛みは枕の高さが合わなかったり寝相が悪いと首に痛みが発生してしまうので、バスタオルなどを利用して枕の高さを調整すれば首の痛みは治ると思います。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年8月22日
最終更新日:2016年8月23日

カテゴリー:健康

サブコンテンツ

このページの先頭へ