風邪で休むという電話やメールを会社にする方法と判断基準


会社への連絡は電話?それともメール?風邪で休む、そんなときはどうしますか?

体調管理は社会人としての責務とは言うものの
ひいてしまったシツコイ風邪で休む、そんなことも時にはあるでしょう。

しかし、会社に風邪で休むことってなかなか言いにくいですよね。

過去に仮病で「風邪で休む」という呪文を使ってしまって人にとってはなおさら言いづらいですね(笑)

話を戻しまして、電話をするのもなんだか気がひけるし、メールもなんだか誠意が伝わりにくい気がするし。

いっそのこと電話もメールもめんどくさいから
会社に行こうか…とは思うもののやはりしんどいのはごまかせそうにないし、休む以上に会社に迷惑がかかるのも申し訳ない。

やっぱり…ということで電話やメールをするにしても
どのように電話をしたり
どんな内容のメールを送れば良いのだろうか。

そこで今回は、『風邪で休むという電話やメールを会社にする方法と判断基準』についてご紹介していきたいと思います。

【スポンサードリンク】

適切なのは電話?それともメール?

日頃から手洗いうがいに気を付け、予防に努めていたとしても、風邪を引いてしまうときはあります。

いざ風邪をひいて会社を休む場合はどのように連絡したらよいのだろうか。

電話で連絡する場合は、特に問題は起こらないだろう。
なぜなら、直接会話が出来るので、事情も話せますしもし、何か引き継ぐ内容があれば伝えることが出来ます。
上司としましても、聞いておくべきことだけは聞いた上で気づかいの言葉一つかけて事足ります。

一方でメールを使って欠勤の連絡をする場合は注意が必要です。

そもそも、病欠に限らず欠勤する際にメールでの連絡を会社で禁止していることもあるかもしれません。
確認しておくべきでしょう。

一般的に考えられているビジネスマナーでは
やはり電話にてやりとりするのが通例です。

とはいえ、風邪で声が出ない等の理由も含め
やむなくメールにて欠勤の報告をする場合も出てくると思います。

その際は、一分一秒でも早くメールをすることです。
上司がいつメールチェックをするかも分かりませんし、チェック後にメールが届いたら
確認が遅くなり、仕事に支障をきたす場合もあります。

さらに、電話と違いリアルタイムでのやり取りでない場合も想定して、電話のとき以上に
引き継ぎ事項や期日の近い業務をメールに入れるべきです。

もちろん皆それぞれ業務を持っていますから
「最低限の業務」にするべきですね。

理想を追求するのであれば、電話をした上で
メールでも連絡を入れておくのが
一番スマートな方法であると言えます。

【スポンサードリンク】

会社を風邪で休む判断基準!?

さて、どれくらい熱が出て咳が出てると会社を休んで良いのか。
そんな話を休憩中に談議した経験は誰しもあるのではないだろうか。

もちろん明確な基準なんてのは無いのだが、
無理は禁物であるどころか
同僚に風邪をうつしてしまったり
さらに悪化させてしまったりと
良いことは一つも無い。

つまり、自己判断で
「会社に行ったところで仕事など出来そうもない」場合は欠勤するべきです。

まとめ

【スポンサードリンク】

社会人としてビジネスマナーをきちんと意識した上で、電話やメールを入れることが重要です。

誰もがなりたくてなるわけでない風邪でだからこそ、なってしまったときはいつも以上に周りの人たちに感謝してゆっくり休み、出来るだけ早く完治させて出社すると良いですね。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年9月21日
最終更新日:2016年9月30日

カテゴリー:ビジネス 日常

サブコンテンツ

このページの先頭へ