★水仕事が原因の手荒れの予防法と対処法は?おすすめのハンドクリームは?


寒い冬になると水仕事で手荒れやあかぎれ、ひび割れなどに悩まされていませんか?

手荒れを起こしてしまうと、水仕事以外でも手を洗う時ですら、水に触れると痛いですよね。

水仕事を行った時に、手荒れになる原因は一体何が原因で起こるのでしょうか。

どうにか水仕事をしていても手荒れの予防法はないんでしょうか。

手荒れの予防法を前もって知っていれば、手荒れになる前に防げますよね。

また、手荒れになった時の対処法はどのようにしたらよいのでしょうか。

対処法を知っていれば、手荒れになっても怖くないですよね。

そして、手荒れになった場合に、おすすめのハンドクリームはどれでしょうか。

おすすめのハンドクリームでなるべく早く治せるようにしたいですよね。

そんな気になる水仕事が原因で起こる手荒れの予防法や対処法、手荒れにおすすめのハンドクリームについてクローズアップ!

今回は『水仕事が原因の手荒れの予防法と対処法は?おすすめのハンドクリームは?』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

手荒れが起こる原因は?

 

  • 【乾燥】秋・冬になると、空気が乾燥し、肌の水分も蒸発しやすいので、潤いが不足しやすくなります。そもそも手のひらには皮脂腺が少ないため、皮膚の表面を覆う皮脂膜が作られにくいです。

    そのため、水分が失われると、肌はかさつき、かゆみを伴ったり、あかぎれができたりします。

  • 【水仕事】手荒れの原因の主な原因は水仕事です。一日の間に、食器を洗ったり、日々の手洗いなど、日常生活で水を使うことは多いですよね。

    その時、水やお湯が手の皮脂膜を洗い流してしまうため、潤いを失い、乾燥して手荒れしてしまいます。

  • 【アレルギー】美容師さんの場合は薬剤で、医療従事者の方などはゴム手袋の刺激で、アレルギー反応が起こり、手荒れが起こってしまう場合があります。
【スポンサードリンク】

手荒れの予防法は?

 

  • 【手を洗いすぎない】手は洗うたびに、乾燥してしまいます。帰宅後やトイレのあとなど、必要な時にのみ、洗うようにしましょう。

    手洗い後は、さらに乾燥しやすいですので、こすらずに抑えるように、しっかり水分をふき取るようにしましょう。

  • 【しっかり保湿する】手を洗う度に、ハンドクリームを塗るのがおすすめですが、せめて1日に3回は塗るようにしましょう。手はいつでも空気に触れている状態ですので、気づかずに手荒れしている可能性があります。

    そのため、こまめに手を保湿するためハンドクリームを塗るようにしましょう。

  • 【熱いお湯は避け、水かぬるま湯を使う】皮脂が溶ける温度は35℃前後といわれており、熱いお湯を使うと、皮脂膜や角質層の潤い成分まで、流してしまいます。手の潤いを守る為には、熱いお湯は使わず、水かぬるま湯を使うようにしましょう。

    適温は32~35℃程度です。

  • 【ゴム手袋の着用】ゴム手袋をしておけば、水やお湯、洗剤にも触れずに、水仕事ができます。ただ、手袋自体で手が荒れてしまう人は注意が必要です。
  • 【洗剤を薄めて使う】洗剤には汚れを落とすための強力な成分が含まれています。そのため、洗剤で手についている細胞まで溶かしてしまう恐れがあります。

    なので、洗剤を薄めて使うとよいでしょう。

おすすめのハンドクリームは?

よく、ハンドクリームには尿素配合など書かれていますが、尿素ってどんなもんなのなんでしょうか。

尿素は、皮膚の保湿効果もありますが、「角質溶解作用」といって、角質の硬い部分を除去する役割があります。

そのため、水分不足で、角質がカサカサの状態の手には、肌が柔らかくもなりますので、有効です。

シアバター・ヒアルロン酸が入っているのもは、「うるおい成分」として肌に保湿を与えてくれます。

シアバターはステアリン酸、オレイン酸、リノール酸、パルミチン酸などの脂肪酸を含む植物性油脂、ヒアルロン酸は保水力や粘性が大きい特性があり、どちらも肌の細胞と細胞の間に入り込みつなぎ合わせてくれる重要な役割を持っているのです。

ハンドクリーム替わりにワセリンを塗っている人もいますが、ワセリンは、石油からとれる成分で作られた、油分の物質です。

もう手が荒れてしまっている場合、水分補給の必要がありますのでワセリンではなく、ハンドクリームを使うようにしましょう。
ハンドクリームを塗る際は、ハンドマッサージをしながら塗り込むとよいでしょう。

そうすると、肌の隙間にまんべんなく浸透し、同時に血行を促進する効果があります。

まとめ

今回は水仕事が原因で起こる手荒れの予防法や対処法などについてご紹介しました。

手荒れを防ぐためには、ゴム手袋を着用したり、洗剤を薄めて使うようにして防ぐようにしましょう。

【スポンサードリンク】

普段からこまめにハンドクリームを塗ったりして、手を保湿しておくのも大切です。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2017年7月31日

カテゴリー:健康 日常 美容

サブコンテンツ

このページの先頭へ