★子供の靴下の名前付け、ペン・フロッキー・スタンプ・ネームラベル、おすすめは?


子供が幼稚園や保育園に入園すると、子供の持ち物に全て名前を書かなくてはいけませんよね。

本やノート、服、小物などたくさん書くものがありますが、マジックで書けますので、さほど苦労はしません。

でも、苦労するのが靴下ですよね。

靴下の場合、洋服のタグなどがないため、書く場所にも困りますし、ペンで書こうとしてもうまく書けなかったりします。

ペンの他にもフロッキーやスタンプ、ネームラベルなどを使って名前を付けることはできます。

でも、ペン、フロッキー、スタンプ、ネームラベルの中でおすすめは一体なんでしょうか。

靴下に名前付けする際におすすめのものを知っていれば、今後苦労しませんよね。

そんな気になる子供の靴下の名前付けはペン、フロッキー、スタンプ、ネームラベルの中でのおすすめは何なのかについてクローズアップ!

今回は『子供の靴下の名前付け、ペン・フロッキー・スタンプ・ネームラベル、おすすめは?』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

靴下に名前を書く際、どこに書く?

靴下の場合は、靴下の裏に書く人が多いようですし、書きやすさ、見やすさとしては、この位置が一番良いでしょう。

でも、足の裏は靴下で一番汚れが酷い部分なので、手で揉み洗いをしてから洗濯機に入れるという人が多いでしょう。

そのため、名前を書いても、シールを貼るにしても、一番名前が取れやすい箇所です。

また、油性ペンで書く場合は汗を搔いたら上履きに移る可能性がありますので、余程強力なペンか、名前シールでないと短期間で取れてしまう可能性がある箇所なのです。

でも、子供の靴下の裏に、滑り止めがついている場合もありますよね。

そんな時は、靴下の履き口を裏返して書くとよいでしょう。

【スポンサードリンク】

靴下の名前付けのおすすめは、スタンプ?ペン?フロッキー?

靴下の名前付けは書く場所も迷いますが、何を使うのかも迷いますよね。

それぞれ見ていきましょう。

 

  • 【フロッキー】フロッキーを使えば、ぷっくり可愛く、見た目もキレイになりますよね。

    しかし、靴下の素材によってはすぐ剥がれたりするので、靴下は消耗品ですので、コスパがかかったりしてしまいます。

  • 【スタンプ】とにかく楽ちんなのが、おすすめです。

    インクをつけ、どこにでもポンポン押せばOKなんです!

    靴下だけでなく、他の名前付けにも使えるので、活躍します。

    しかし、スタンプなので、洗濯回数が増えてくると薄くなってきます。

    特に靴下は、ゴシゴシ洗うことも多いので1回で薄くなることもありえます。

    薄くなった場合は、上からポンと押すだけで簡単に上書きできます。

    ただ、スタンプは色柄が薄いものには適していますが、はっきりとした柄物や色の濃い靴下には見えにくいというデメリットもあります。

    そんな時、スタンプインクの色を変えてみたり、柄の薄いところに押すようにするとよいでしょう。

  • 【ネームペン】多くの人が、書くのが上手くできないからお名前シールやスタンプに逃げるがちですが、逆に、そっちで良い商品に出会えず手書きに戻る人もいるようです。

    昔の布用ペンは文字が布に浸透しづらくて書きにくかった記憶があるのですが、最近は複数メーカーが布用の白色ペンを製造して、発色の良いものも出てきているようです。

    ボールペンタイプで書きやすいものもあるそうです。

    太いマジックだとやっぱり書きにくいので、なるべく細い字がかける、ネーム用のマジックを使いましょう。

    そして、濃い色や柄がついている場合、黒のペンが見えなくなってしまいますよね。

    そんな時には、白いペンを使うとよいでしょう。

  • 【ネームラベル】ネームラベルは、ネームシールにマジックで名前を書いて、アイロンでくっつける方法です。

    アイロンシールであってもメーカーによって工夫点が異なりますし、使う人のアイロンのかけ方や、つける布の素材によっても剥がれにくくなったり剥がれやすくなる可能性があるので何が一番おすすめかとは言えません。

    ・ラバータイプ

    ラバータイプは、下地が透けない布ですので、黒色や紺色などの濃い布の場合におすすめです。

    ・半透明タイプ

    半透明タイプは、下地が透けて見えますので、白色や淡い色の場合に自然な感じで貼り付けできます。

ネームラベルの場合、洗濯すると取れやすいのではないかと思いますが、「意外と取れにくい」と言う人が多いようです。

もし気になる場合、名前シールの四隅を少し切って丸く面取りしておくと、取れにくくなるようです。

まとめ

今回は子供の靴下の名前付けについてご紹介しました。

どれも一長一短あるとはいえ、昔のものに比べて洗濯した際の取れやすさや色落ちなど、かなり改良されているようです。

名前付けもいろんな方法がありますが、やはり「簡単で手間がかからない」という方法が一番大事でしょう。

【スポンサードリンク】

大量作業が面倒と感じる場合はスタンプにしたり、可愛い仕上がりにしたい場合はフロッキーにしたりと色々試してみるのもよいでしょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2017年8月15日

カテゴリー:日常 行事

サブコンテンツ

このページの先頭へ