捺印か押印を上司に「お願いします」という時の正しい言い方はなに?


あなたは上司に「印」をお願いします。という時に、何と言ってますか?

仕事上どうしても上司に印鑑確認をもらわないといけないということが出てきますよね。
そんな時は他の人はどんな言い方で、お願いします。と言っているのか気になったりしませんか?

例えば敬語だと思っていても使い方を間違えたり、使う状況を間違えていないか、気になりだしたらあなたはどうしてますか?

特に会社に勤めて間もないときなど、大事な書類に上司の認印が必要となったその時、上司へお願いします。と、何と言っていますか。
捺印と言えばいいのか、それとも押印と言えばいいのかわからなかったりしませんか。

ネットで調べてみても、意味合い的にはどれも同じという説明が多くてハッキリした回答
がないのも事実です。

あと押印をどのように読んでいましたか?
勤めて間もないときには上司へお願いします。という言葉が分からなったりなので『捺印か押印を上司に「お願いします」という時の正しい言い方はなに?』として、調べてみましたので、参考にしてみて下さい。

【スポンサードリンク】

捺印と押印どのように読んでますか?

捺印(なついん)押印(おういん)読み間違えやすいのが(おしいん)と読まれがちです。
押印(おういん)を検索にかけていただければ、検索窓で押し印の(し)を消したりせずに押印が出てきます。
普段は捺印とか押印などと、あまり書くということがないと思います。

捺印と押印のこの単語だけで考えようとすると、どちらも意味合い的には似てることになります。

その時の状況や、書類の内容だったり、認印だけが必要なのか?なども考えて上司へお願いするときの言葉を選んでみるといいでしょう!

捺印と押印 書類の内容や状況によって違うのか?

日言葉が難しいとよく言われるのですが、普段気にせずに使っているんですね。特に日本語では。
いざどういう意味?と詳しく説明を求められると分からないことが多くありながらも、何となく意味が通じるからと日常で使っていることが多くあります。

その一つに「捺印」と「押印」ですが、調べても意味が似ているのに、言い方の違う単語が他にもあるのでしょうか?

何かの契約するときによく聞く台詞です。
こちらへ[署名捺印]をお願いしますという言い方は聞き覚えはありませんか?
この場合は、自筆で自分の名前を書いてハンコを押してくださいといった意味を持っています。

例えば、書面の下の方へすでに本人の名前が印刷されていたり、名前のゴム印を押されていたりするものの横へハンコを押してもらう時には「押印」をお願いしますと使います。

基本的に調べてみても意味としては印鑑を押すということで同じですから、大きな間違いにはならないのです。
書類を見て、上司の署名と印鑑が必要なのか?すでに名前が書かれているので印鑑だけ押してもらうことなのか?を理解出来ているか。このちょっとした違いが日本では大きな違いとなることもありますね。

【スポンサードリンク】

法的の知識

日本ではサインだけでなく、印鑑それも実印であればほとんどが法的に本人が認めたこととなります。

本人の署名と捺印があるかどうかを法的に見ると印鑑よりも、自筆署名なのか名前が印刷されたものかではまた大きく違いとなり、もしも後々問題になったりしたときには重要となるチェックとなります。

最後に

上司へ「ハンコください」といっても通じます。
捺印と押印を使い分けられる人は少ないはずですので、是非この捺印と押印の言葉を使う時には使い分けをおすすめします。

A:署名と捺印をよろしくお願いします。
B:記名がありますので押印をよろしくお願いします。

時々上司へ気を使いすぎて変な敬語を使ってしまう事も。
そうならない為にも日頃から知らないことを知らない、と素直に質問できる人間関係を作れるのがベストです、ただし上司の回答がすべて正しいとも限らないので自分でも調べる癖は付けておきましょう。

【スポンサードリンク】

最後までお読みいただきありがとうございました。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年9月30日

カテゴリー:Uncategorized ビジネス 日常

サブコンテンツ

このページの先頭へ