夏の車の曇りを取る方法は?とれないからコレで卒業!


夏に車を運転していて、フロントガラスが曇ってきてしまって焦った経験はありませんか?
ガラスの曇りは拭くだけではなかなかとれないし、一度拭いてもすぐまた曇ってきます。
運転中にガラスが曇ると視界が遮られるので危ないし、運転中に曇ったガラスを拭くなんてもってのほか!大変危険です。

夏に車が曇る現象、なんとかしたいですね。なぜ夏に車のガラスが曇るのでしょうか。なかなかとれない車の曇りを取る方法、あるのでしょうか。拭いてもとれない車の曇りを取る方法があるならすぐにでも試してみたいです。

そこで今回は、夏によくある、なかなかとれない車の曇りを取る方法を調べてみました。車の曇りを取る方法を『夏の車の曇りを取る方法は?とれないからコレで卒業!』と題して調べましたので、ぜひ実践してみてください。

【スポンサードリンク】

夏にガラスが曇る理由

フロントガラスが曇る原因は

・車の中と外の温度差
・夏の雨による湿度の高さ
・ガラスに付着したホコリなどの汚れ

が挙げられます。

夏の外気温は30℃以上になることが多いです。
そのくらい暑くなると、多くのドライバーはエアコンをかけると思います。そうすると車の中は冷やされ、20℃程度まで温度が下がります。ガラスは内気で冷やされているのに、外が暑いと空気中の水分が水蒸気となりガラスに貼り付きます。
いわゆる結露が発生します。この状態が「曇る」という現象です。

また、梅雨時など、湿度が高い場合も窓に結露が発生しガラスが曇ることになります

温度差や湿度によって発生した水蒸気は、ガラスが汚れていてヤニやホコリがたくさんついている場合は余計にガラスに水滴がつきやすくなってしまうのです。

窓ガラスの内側を綺麗に掃除をすることが効果的です。
窓ガラスにホコリなどの汚れがついていると、微細な結露が発生しやすくなるので、内側も定期的に掃除をした方がいいですね。

日頃から窓ガラスを綺麗にしておいて、エアコンを活用すれば曇りを防ぐ事が出来ます。気になる場合には、市販の曇り止め剤を使うとよいですね。

【スポンサードリンク】

曇りを取る方法とは?

フロントガラスの曇りを、タオル等で拭くことはあまりおすすめ出来ません
走行中は危険なので絶対にやめて頂きたいですが、路肩に車を止めてガラスを拭いたとしても、またすぐに曇ってきてしまい、根本的な解決にはなりません。

ではどうすればいいのかと言うと、下記の方法を試してみてください。

・空気導入を「外気導入」にする
・窓を開けて外気を取り込む

外気導入にする、もしくは窓を開けると、外の暖かい空気が車の中に取り込まれます。
エアコンで冷やされたフロントガラスに暖かい風が当たることで車の中と外の温度差が少なくなり、曇りが解消されます

【デフロスターを入れる】

車には「デフロスター」という着霜・結露防止装置がついています。
フロントガラスの形に三本の矢印の波線がついたマークのスイッチデフロスターです。
これを入れると渇いた風がフロントガラスに向けて放出され、結露の解消になります。リアガラス(後部ガラス)用にもデフロスターがついた車も多くあります。
リアガラスに何本か線が入っている車を見かけたことがあると思います。
これが熱線となっており、ガラスを温めるのです。

【ガラスの汚れを落とす】

汚れがひどい場合は、中性洗剤を10倍に薄めた液を雑巾につけて汚れを拭き取ると、きれいに汚れが落ちます。

【曇り止めを使う】

市販の曇り止め剤やスプレー等を事前に塗っておく

まとめ

いかがでしたか?
夏のフロントガラスの曇りは、簡単な方法で取ることが出来ます。
まずは、フロントガラスをきれいに拭き、曇り止め剤を塗っておくことで曇りを予防しましょう。それでも曇ってしまった場合でも、窓を開けたりデフロスターを入れたりして、慌てずに対処しましょう。

焦ってしまったりガラスの曇りを放置して運転を続けると事故の危険性が高まり大変危険です。ガラスの曇りを解消し、安全運転を心がけましょう。

【スポンサードリンク】

最後まで読んでいただきありがとうございました。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年9月26日
最終更新日:2016年9月27日

カテゴリー:掃除 日常

サブコンテンツ

このページの先頭へ