にんにくの保存は醤油がいい?その方法とは?


にんにくの保存方法は、やはり醤油での保存する方法が良いのでしょうか?

ではなぜ、にんにくの保存方法はなぜ、醤油の方法が良いのでしょうか?

特に、にんにくは特殊な保存醤油があるのではなく方法としては、あまり聞かないですよね。

にんにくって臭みがありますからね。

醤油以外の保存方法を知りたいものですね。

にんにくの保存方法以外にも醤油は何か使えないものでしょうか?

そこで今回は『にんにくの保存は醤油がいい?その方法とは?』と題して大公開したいと思います。

【スポンサードリンク】

にんにくの保存は醤油がいい?

よくある保存方法は、にんにくでいけば、やはり醤油になります。

特に臭みがある、にんにくは、醤油で味が変わるぐらい、とても良いと思います。

にんにくは、保存というより、何もしないで、そのまま放置という人もいると言えるのではないでしょうか?

そもそも、にんにくは、皮を剥くのがのが大変ですから、下処理の段階で、皮を剥いておいて、保存しておけば調理は、とても楽だと言えます。

もし、このような保存方法をしないで、放置しておいたら、にんにくは、どんどん臭みが増してしまいます。

そこで醤油での保存方法が役に立つのです。

特に醤油での保存方法は、それだけで調味料になるので、とてもありがたい存在で、なぜなら、醤油での保存方法は、それだけで醤油は、にんにく入りの調味料になるので、とても楽になります。

にんにくの醤油漬けは、オリーブオイル漬けなどと同じ考え方で作れます。

つまり皮を剥いて、そのまま、醤油につけると良いのですから、こんな楽なことはないと言えます。

この醤油漬けで助かるのが、ガーリックライスです。

この調理方法を使えば、ご飯を炒めて、そのまま、醤油で保存して、おいた、にんにくチャーハンになるのです。

【スポンサードリンク】

その方法とは?

この醤油での保存方法は、にんにく醤油と言われています。

にんにく醤油という調理方法ともも言えます。

作り方としては、皮を剥いて、そして、ビンに詰めて醤油を入れるだけです。

こんな楽なことはないと言えます。

まず簡単な、やり方としては、にんにくを水の中に入れて、水の中で皮を剥くのです。

熱消毒したビンに詰めて、醤油を入れるだけになります。

にんにくの醤油漬けですが、こだわりが大切で、特に醤油で、にんにくと醤油というシンプルな保存方法なので、醤油だけは高額な醤油を選びたいもので、けっして安い醤油を使わないようにして、高価な醤油を使いましょう。

たかが醤油で、されど醤油です。

お店に行ったら醤油の棚を見に行ってください。

数々の醤油が売られているといえますので、必ずチェックするようにしましょう。

この醤油漬けは、最低、数日で、完全になくなるように使いましょう。

そうしないと風味もなくなります。

もしもっと長時間の保存をしておきたいというのなら、醤油での保存でなく、サラダドレッシングなどにするために、大量のお酢で保存するのをおすすめいたします。

醤油での保存ができるのですから、醤油じゃなくても、大丈夫です。

とにかく、にんにくをビンに詰めて、そして、お酢や醤油を入れておけばよいので、とても楽な保存方法です。

そして、これで有名な方法は、オリーブオイル漬けです。

この保存方法だけで料理できてしまうのがイタリヤ料理ができます。

まとめ

意外と、簡単に、醤油で保存ができるものなのですね。

とても、驚きました。

しかしシンプルだからこそ、醤油を選びたいものだと思いました。

しかし、醤油での保存だけで、こんなに、いろいろ使えるのですね。

ガーリックトーストや、ガーリックチャーハンなどに使えるなら、こんな楽な保存方法はないと思いました。

また新たな、にんにくの保存方法が分かり次第、また大公開したいと思います。

【スポンサードリンク】

どうもありがとうございました。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年9月4日

カテゴリー:健康 食事 食事

サブコンテンツ

このページの先頭へ