ニットの洗濯時の毛玉の原因と対策はコレ!


皆さん、冬になるとニットを着ることが多くなりませんか。
その普段着られているニットや洋服、靴下の毛玉って気になりませんか?

特にこれからの季節大活躍のニットの毛玉、気になりますよね!
お気に入りのニットは、永く使いたいものですが、洗濯するたび毛玉になっていって悲しくなります。
ニットに限らず、トレーナーなども洗濯をしたら毛玉はできますよね。
実はこれ、原因がきちんとあるんです!

洗濯をしたら毛玉が出来る原因。ではその対策はあるのでしょうか?
対策をする前に、まずは原因を知ることです。

洗濯の時の対策を知っておくと、洗濯時の対策1つで、毛玉を防ぐことができるのです。では、ここでは毛玉ができる原因などを『ニットの洗濯時の毛玉の原因と対策はコレ!』として、洗濯時の対策をご紹介していきます。

【スポンサードリンク】

なぜ毛玉ができるのか?

洋服の生地の表面には繊維の毛があります。
洗濯する時、その繊維同士が摩擦により絡まり、それが毛玉になります。
また毛玉は、洗濯だけでなく日常生活のあらゆるシーンで出来ていきます。

・靴下履いて、靴を履いてる時の擦れ。
・リュックや肩掛けバッグにより、肩や脇などが擦れた時。
・洗濯の際、衣類同士が絡まった時。
・椅子などに座った際の擦れ。

このように、日常生活で毛玉を避けることは難しいとされています。

また、生地の種類によっても毛玉のできやすさが違います
綿や麻、絹といった天然繊維は、ツルツルしてて毛玉ができにくいイメージですよね。

繊維の毛が短い為、摩擦が少なく毛玉が出来にくいんです。

反対で、ポリエステルやレーヨン、アクリルやニットなどの化学繊維は、毛玉ができやすいです。
熱に弱い上に、繊維の毛が長いので洗濯時に絡まりやすいからです。

毛玉を作りにくくする洗濯方法

服を着て洗濯しないわけにはいきませんので、極力毛玉を作らずに済む洗濯方法を、伝授します。
洗濯機でガーガー洗わず、1つずつ押し洗いが一番いいのですが、そんな時間もないという方必見です!

【大量の洗濯物をまとめて洗わない】

洗濯機の中に洋服を詰めすぎると、摩擦が起き毛玉の原因になってしまいます。

【柔軟剤を使う】

柔軟剤を入れることにより、静電気が防止されるので摩擦が起きず、毛玉を防ぎます。

【デリケートな服はネットに入れる】

洗濯ネットに入れて洗うことをおすすめします。
更に裏返してネットに入れると、よりいいです。
小さめのネットに1つずつ入れると、他の服との摩擦を防げるのでおすすめです。

【ニットは小さく折りたたんでぎゅっとネットに詰める】

擦れが起きないようにネットの中に、圧縮して詰め込みましょう。

【靴下などは、裏返しにして洗う】

裏返すことによって、一番気になる表面の毛玉の防止になります。

【連続して同じ服を着ない】
日常生活の摩擦を重ねることになりますので、服を休ませてあげましょう。

このように工夫することで、洋服を大事に長く使えます。
やってみてください。

洗濯前の一工夫

毛玉は繊維の絡まりによってできるので、ブラッシングしてあげるといいです。
毛が細くて柔らかいブラシでやりましょう。

【スポンサードリンク】

できてしまった毛玉を取る方法

毛玉を取る方法としては、カミソリなどで直接切る方法や、電気毛玉取り機などがありますが、破れる恐れと、その部分だけ薄くなる可能性もあります。

毛玉取りは、意外と身近なものでも代用できます。
台所にある食器洗いスポンジの硬い部分を、水気をとった状態で衣類に押し当てるだけで、わりと毛玉がとれます
タイツやストッキングなどは、その方法だと破れる可能性があるので、やめましょう。

まとめ

いかがでしたか?
毛玉ができる原因とメカニズム、対策をご紹介してきました!

意外と知らなくてやってしまってたことが、毛玉の原因になってたんですね。
以上のことを踏まえて、衣類を大切に末長く着ていきましょう!

【スポンサードリンク】

最後までお読みいただきありがとうございました。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年9月20日
最終更新日:2016年9月29日

カテゴリー:掃除 日常

サブコンテンツ

このページの先頭へ