お米保存にペットボトルや冷蔵庫を使うと虫避けになるのは本当か?


あなたはお米の賞味期限について考えたことがありますか?

多くの家ではお米は精米されたものをを購入して、食べていると思いますが、一人暮らしであるだとか、子供がもう手が離れて生活している夫婦などの場合は、なかなか食べきれないと思います。

そんな時についつい

「お米は腐るもんじゃなし、いつまで保存できるわよね」

と思ってお米の保存についてはあまり気にしていない方も多いと思います。

しかしながらお米の保存の方法によってはお米の賞味期限は思ったより短いものになる可能性があります。

賞味期限の切れたお米は虫がつきやすくなったり、カビなどが生えやすくなってしまい、衛生的にはよくありません。

参考までに米櫃にいれるなど、一般的なお米の保存の方法で特に温度や湿度を気にしなかった場合の、保存できる期間をみていきましょう。

  • 玄米のまま         1年
  • 精米後   【冬】     2カ月
  • 精米後   【春 秋】   1か月
  • 精米後   【夏】     2週間

御覧頂いた通り、お米は玄米のままであれば、そこそこ持ちますが、精米した後であると、極端に賞味期限が短くなることがお分かりいただけたと思います。

しかも虫が湧きやすい夏に至ってはたったの2週間です。これではさすがに食べ盛りの子供がいても難しいですよね。

そこでお米の保存の方法をペットボトルにいれて冷蔵庫にいれるようにしたところ、虫がつきにくくなり、賞味期限が下記のように変化しまます。

  • 玄米のまま          3年
  • 精米後    【冬】     6カ月
  • 精米後    【春 秋】   3カ月
  • 精米後    【夏】     1か月半

御覧頂いたように、なんと普通にお米を保存するよりも、3倍も長持ちするのです。

いったいペットボトルと冷蔵庫にはどういった効果が隠れているのでしょうか?

そこで今日は

お米保存にペットボトルや冷蔵庫を使うと虫避けになるのは本当か?

と題して、今のお米の保存の方法の問題点と、ペットボトルと冷蔵庫を使うと、どのようにして虫の害を減らすことができるのか、そのしくみをやり方と合わせて解説していきます。

ペットボトルなら簡単に入手できますし、冷蔵庫の空きさえ作ればきょうからでもできそうですよね。

【スポンサードリンク】

お米の保存の方法今のままだと賞味期限が短く、虫が湧きやすい理由

まずあなたはお米をシンクの下や、比較的涼しい場所にと心がけて保存しているとは思いますが、これであると、夏場は温度が高すぎるのと湿気が多いのが原因でお米の酸化やカビの原因になってしまいます。

お米が酸化してしまいますと、味が落ちお米のデンプン特有の最後の甘さが失われたり、炊き上がった時にべたついたりしてしまいます。

お米を保存するには、温度も湿度も高すぎるのです。

お米に最適な保存環境は15度以下で湿度が70%ほどであるといわれており、特に10度以下であるとお米の酸化が常温の半分以下になるといわれています。

逆に15度以上でお米にもともと出荷時に産み付けられていた虫の卵が孵化しやすくなり、18度以上になると、お米につく虫が発生しやすくなります。

加えて湿気が多いとカビが生えやすい環境になってしまいます。

またお米は生きており、呼吸もしているので、匂いの強いものと一緒においておくと、匂いが移ってしまい、食べるときに違和感を覚えることもあります。

もし夏場にお米を米櫃で保存するのであれば、米櫃をこまめに掃除するのと、そもそも大量のお米を購入しないよう、心がけることが重要といえます。

【スポンサードリンク】

お米の保存をペットボトルと冷蔵庫ですることの利点とやり方をご紹介

上で紹介したように、お米の保存を家の中でおこなおうとすると、冬場以外はは気温が高すぎるのと、湿度がたかすぎることで、長期保存が難しいということがわかってきました。

「じゃあ結局家の中で保存する場所がないのか?」

というと、夏場でも冬場でも涼しい場所があります。それが冷蔵庫なのです。

やり方はとても簡単で、まずお米は10キロなどまとめて買うのは避けて頂き、購入しても2キロあるいは5キロにします。

それを2リットルペットボトルにいれましょう。

なおペットボトルは、ミネラルウオーターやお茶など比較的匂いの無いものを選び、しっかり洗って乾燥させておきます。

そこに米を目いっぱい入れて保存しておきます。保存は野菜室でも冷蔵室でも構わないのですが、お米は空気に触れると酸化しやすくなるので、冷気の噴き出し口付近には置かないようにしましょう。

またお米が悪くなったり、虫が湧きやすくなる原因は古いお米の削りカスることが多いといえます。

ペットボトルのお米は継ぎ足しはせず、最後までお米を使い切って中身を掃除してから、使用するようにしましょう。

また冷蔵庫にいれても酸化が止まるわけではありませんので、長期の保存はなるべく行わないようにして、できるだけ早く食べるようにしましょう。

お米が多すぎてペットボトルにはとても入りきらない場合は、外に置いてあるものから先に食べるようにし、食べ終わったら冷蔵庫のものをつかうようにします。

まとめ

このようにお米に賞味期限がないと私たちはついつい思ってしまいますが、意外なことに保存方法に気をつけないと短いものであるということがわかってきました。

しかし身近に入手できるペットボトルをつかうことで、簡単にお米をより安全に長持ちさせられることが分かったと思います。

ただ注意してほしいのが、これはあくまで賞味期限であるので、味が落ちたりべたついたりしても、直ちに健康を害するわけではありません。

ですので過度に気にせず、できる範囲で実行していくことをおススメいたします。

【スポンサードリンク】

今日も読んでいただきありがとうございました。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年9月12日

カテゴリー:健康 日常 食事

サブコンテンツ

このページの先頭へ