お腹が鳴らない人は病気かも?薬は何を飲めばいい?


お腹が鳴らないので病気ではないかと、薬を気にされている人いませんか?

通常、健康な人は空腹感を覚えて、お腹がすくと鳴るイメージがあるのですが、逆に鳴らない人もいるようです。
そのような人は、鳴らないことが、何かお腹の病気が原因で、薬が必要ではないだろうかと考えるかもしれません。薬は病気を治すには最適な方法の一つですよね。
普通、お腹が鳴る理由としてはいくつか考えられます。
まず一つ目は、純粋に食後の時間が経ったため、血液中の血糖値が下がり、胃が食事の準備を認識することで運動を始めること、これは正常な活動で、薬が必要な病気ではありません。
二つ目は、普段の食事のときに、口から空気を沢山飲み込むタイプの人(早食い)や、炭酸系の食事や刺激のある食べ物などを好んで食べるようなタイプ(これも病気で薬までは必要ない)
三つ目は、ストレスや不安・悩みなどの精神的なダメージ(病気など)から自律神経に影響を与えてしまっていることで、腸の運動が不安定な人(薬を処方しているかもしれません)
お腹が鳴らない場合は、逆に言えば、これらのような活動に鈍感なタイプとも言えます。
今回は、鳴らないことで心配している方に、お腹が鳴る方法をご説明することで、鳴らない悩みを解決する方法を少し考えてみたいと思います。

【スポンサードリンク】

お腹が鳴らないのは、身体的な不健康が原因の可能性も

お腹が鳴るのは健康の証と言うこともよく聞かれます。
実際に長期にわたりお腹が鳴らないのであれば、通常の健康状態から、なにかの原因により不健康な状態になっている可能性があるのかもしれません。
その場合は、まずは簡単な運動を心がけるとともに、必要ならば整腸剤などの薬を服用してみることも検討してみましょう。
胃腸によく使用される薬は、実はたくさんあります。
弱った胃には、健医薬で、胃の働きを高める効果があります。
消化を助けるのは、消化薬で、食べ過ぎや胃もたれ、食欲不振などに消化をサポートします。

胃の不快感やムカムカ、胸やけなどには制酸薬が有効です。

【スポンサードリンク】

ストレスを感じないぐらい、何かに熱中している人は

何かのことに集中している時は、ストレスを感じずに空腹を忘れているため、お腹が鳴らない場合も考えられます。
人間は、適度なストレスがあった方が逆に健康的だったりもします。
ストレスがやる気の原動力になったり、記憶力が向上したりと脳の活性化に役立ちます。
何かに熱中しすぎてしまうことは(仕事でいえば、ワーカーホリックと言います)、双極性障害などの躁うつ病などを悪化させる場合もありますので注意してください。
躁うつ病などに処方される薬は、気分安定薬や抗うつ薬、抗精神薬などがあります。

それでもどうしてもお腹が鳴らない人は

身体的な体調を整えたり、精神的なバランスを心がけたりしても、どうしてもお腹が鳴らない場合があるかもしれません。
そんなときは、一人で悩まずに専門の内科(もしくは心療内科など)の先生にご相談することをおすすめします。
もともとお腹が鳴らない体質なのか、なにか身体的なことが原因なのか、それとも精神的なことが作用しているのか、専門の方の意見はあなたのサポートになるでしょう。

終わりに

【スポンサードリンク】

今回は、お腹が鳴らないことを心配されている人のための、様々な試み・工夫などをご説明いたしました。
鳴らないことが、何かお腹の病気が原因で、薬が必要ではないだろうかと考えている方のサポートになれば幸いです。
生活していてお腹が鳴ることが健康の証であると考えれば、お腹が鳴らないのは、身体的な不健康、もしくは精神的なバランスの不和が原因の一つとも考えられます。
どうしてもお腹が鳴らなくて心配という方は、専門の知識を持った先生に相談されることをご検討ください。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年9月28日
最終更新日:2016年9月30日

カテゴリー:健康

サブコンテンツ

このページの先頭へ