魚の臭いの原因と消す方法!意外な石鹸での取り方とは?


魚を触った時につく臭いが中々とれない時に消す取り方を知りたくないですか?
魚を触ったあとは石鹸で洗うと一時的ににおいが消えた、消す事が出来たと思っても数分するとまた魚臭い臭いが出てくるのですが、そんなことはありませんか?

いくら石鹸での取り方で消す事が出来ても、洗ってもまだ残りがあるという事ってないですか。
その残りの原因を知れば解決しやすくなりますよね。

魚を扱うといえば料理が思いつきますが、釣りに行って臭いが手や衣類についてしまい消す事が出来なかったり、石鹸でしっかり洗っても臭いを消す事が出来なかったりと、何かよい取り方はないのだろうか?

衣類はそのまま洗濯しても臭いは取れないですよね。
しないとは思いますが魚の臭いがつた衣服とそうでない衣服は別々に洗濯をしないと臭いが移ってしまうので、それはそれで問題が広がってしまい大変!

一度ついてしまうと簡単に取れない生臭さです。できれば原因を知りスッキリ消したいですよね。

ということで石鹸での洗い方や、消したい臭いの取り方・残りの原因などをお伝えできます。
今まで魚は好きなんだけど触ったあとの臭いがね~という悩みが減るように原因を知るために『魚の臭いの原因と消す方法!意外な石鹸での取り方とは?』として調べてみました。

【スポンサードリンク】

魚はどうして生臭くなるのでしょうか?知ってますか?

元々生きてるときの魚はそれほど臭いは強くないのですが、魚を絞めたり調理をし始めたりしてるうちに魚独特な生臭さが出てくるのです。

実は旨み成分の一つが分解され始めてるという合図!
さらにまわりの温度が高いと細菌が繁殖はじめるといういろんな条件が揃うと生臭さが強くなってきます。

魚体のうまみ成分は絞められた時のまわりの温度によって違ってきます。
先程も言いましたように気温の温すさが細菌が動きやすくさせて生臭さはいっそう強くなるのです。

魚屋さんなどはお店の中がひんやりしてるのは細菌の動きをできる限り少なくさせるためなんですね。

臭いや汚れを取るちょい裏技

魚を取り扱う職人さんがお勧めする衣服についてしまった魚の臭いの取り方!
をご紹介します。

【桶に付け置き】

魚の臭いのする衣服をまずは桶などに付け置きしますが、その時にお酢を大さじ3~4を入れてそのまま約60分ほど置いたら洗濯機で普通に洗うとバッチリです!

【叩き落とす】

衣類関係に魚の血や魚に関する汚れが付いてしまったとき、そのままにするとシミになってしまいますので、タオルなどをぬるま湯で濡らして洋服の生地をポンポンと軽く叩きます。

そのあとに固形石鹸を使って生地の裏表を汚れを落とすように軽くこすり、また濡れたタオルで生地の表裏をポンポンと叩きますと、飛び散った血や汚れがそして臭いまでも落とすことができます!

衣類についてしまったときなど重層も汚れを浮かせてくれたり、臭いもある程度取ってくれるすぐれものです。
いろいろ試してみたが取れなかったという時は試してみてはいかがでしょうか。

【レモンを使う】

手についてしまった魚の臭いは、先に石鹸で洗ってから軽く水気を拭き取ります。
そのあとにレモンの汁レモンの皮などを手にまんべんなくこすりつけて10秒ぐらい置き乾いた布などで拭くと生臭さなどスッキリ解消します!

レモンが気になる方は最後にもう一度石鹸で洗ってもかまいません。

【スポンサードリンク】

【その他】

他には石鹸ブラシを使って毛穴や爪の中までしっかりコスってあげるという方法もあります。

魚を触った数や時間によっては残ってしまうこともありますから、そんな時は先ほども書きましたようにレモンを使ってみるといいです!

最後に

魚の嗅覚は実は犬並みにすごいということ知ってますか?
例えばサメは知の臭いを嗅ぎ付けて近づいてくるというのがあると思いますが、あれは魚もすごい嗅覚の表れです。魚に関してのちょっとした豆知識でした。

外出先での臭いの取り方は覚えておいておくといいですね。
魚の臭いは残るので、早めの取り方で臭いに対する対策をしたいものですね。

【スポンサードリンク】

最後までお読みいただきありがとうございました。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年9月28日
最終更新日:2016年9月30日

カテゴリー:掃除 日常 食事

サブコンテンツ

このページの先頭へ