鮭(サケ)とサーモンの違いは?離乳食にしても大丈夫?


鮭(サケ)は好きですか?
元々日本人には、朝食やおにぎりの具などで馴染み深い鮭(サケ)ですが、今や好きな寿司ネタランキングでマグロやトロを抑えて堂々の第1位を獲得しているのも、なんとサーモンなのです。

ところで鮭(サケ)とサーモンって、違いがあるのでしょうか?同じ魚なのでしょうか?
今まで鮭(サケ)を英語で言ったものがサーモンだと思っていましたが、はたして本当に違いはないのでしょうか?違いがあるとしたら、どういう違いがあるのでしょうか。

また、鮭(サケ)またはサーモンは離乳食には使えるのでしょうか?脂がけっこうあるので、赤ちゃんの離乳食として食べさせてもいいものかどうか、悩みますよね。離乳食始めはよくないのか、離乳食を始めて落ち着いたころに利用してよいのか。

そこで今回は『鮭(サケ)とサーモンの違いは?離乳食にしても大丈夫?』と題して、鮭(サケ)とサーモンに違いはあるのか?違いがあるとしたらどう違うのか?離乳食として赤ちゃんに与えても大丈夫なのか?離乳食にする際の注意点は?調べてみました。

【スポンサードリンク】

鮭(サケ)とサーモンの違い

鮭(サケ)とは、一般的には「シロザケ」という種類の魚をそう呼びます。スーパーなどで売られている鮭(サケ)の多くはこのシロザケ。秋鮭、新巻鮭もシロザケのことです。他に、塩鮭や加熱調理用の切り身として売られている紅鮭があります。

普段私達がお寿司屋さん等で寿司ネタとして食べているサーモンは「トラウトサーモン」と言いますが、これは種類の名前ではなく、商品名です。
トラウトサーモンとは、ニジマスのことを言います。つまりサーモンとは鱒(ます)のことなのです。

では、鮭(サケ)と鱒(ます)は違う魚なのかと言いますと、実は生物学上明確な違いはないとされています。市場等の都合上、

・外国の海で捕れたもの→サーモン
・日本の川で産卵して日本の海に下るもの→鮭(サケ)
・川などの淡水域で過ごすもの→鱒

と区別しています。つまり、捕れた場所が海なのか川なのか、日本か外国かで呼び方が変わるということです。

ちなみに、シャケと鮭(サケ)は同じ物です。鮭(サケ)が訛ってシャケになったとか、飲食店でお酒と鮭(サケ)を区別するために鮭(サケ)をシャケと呼ぶようになった等諸説あるようです。

【スポンサードリンク】

鮭(サケ)は離乳食に使える?

安価で栄養も豊富な鮭(サケ)、離乳食に使えたら嬉しいですよね。大丈夫です。使えます。
鮭(サケ)はああ見えて白身魚の仲間なので、離乳食として与えても問題ありません。
ただし、白身魚の中では脂が乗っているので、タラやカレイなどの白身魚に慣れてから、赤身魚にステップアップする前に与えるようにしてください

つまり、赤ちゃんにお魚を与えるときは

白身魚 ⇒ 鮭(サケ) ⇒ 赤身魚

の順に与えるようにしてくださいね。

離乳食で鮭(サケ)を使う場合、必ず、骨・皮・脂身・血合いを除いて調理しましょう

お刺身用のサーモンを使うといいですよ。
骨・皮・脂身・血合いがあらかじめ取り除かれてるうえ、薄い切り身なので調理しやすく、新鮮なので安心です。
塩鮭は塩分が強すぎるのでNGです。鮭フレークは離乳食完了期に入ってから少しずつ与えてください。缶詰(水煮)は、添加物をよく確認のうえで、使うときは熱湯をかけて油抜きをしてください。

まとめ

いかがでしたか?
鮭(サケ)とサーモンは生物学上では同じ魚ということですが、単に鮭(サケ)の英語表記がサーモンということではなく、捕れた場所によって呼び名が変わるということだったのですね。しかしニジマスも同じ魚だったとは驚きでした。

離乳食にも使えるということなので、お刺身用のサーモンを使うと骨や皮を取り除く手間が省けるので時短になりますし、新鮮なので赤ちゃんにも安心して与えられますね。とはいえ、アレルギーの問題もありますので、初めて与える際には小量ずつ与えて様子を見てくださいね。

【スポンサードリンク】

最後まで読んでいただきありがとうございました。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年9月10日

カテゴリー:健康 日常 食事

サブコンテンツ

このページの先頭へ