洗濯機のホコリの掃除の仕方と今後の対策


毎日の生活において欠かすことができないのが洗濯です。

洗濯は当然洗濯機を使って汚れを落とすわけですが最近、衣類にホコリや糸くずがついていたり、洗濯しても嫌な臭いがするといったことはありませんか?

このような場合は洗濯機自体が汚れている証拠であるので、速やかに掃除する必要があります。

特に洗濯機の使用中は、洗濯機の中の温度が上昇しており、カビが生えやすい環境となっており、掃除などの対策をせずにいると私たちはカビのついた衣服を着ることになり

また次にあげるような洗濯機の故障の原因の多くが、洗濯機のホコリやカビである可能性がたかいので、故障の対策のためにもしっかりと掃除する必要があります。

洗濯機でよく起こる故障一覧

  • 脱水時に異様な音が続く
  • 脱水そのものができない
  • 洗濯する時水が溜まらない
  • 脱水は問題ないが、洗濯の方の調子が悪い
  • 洗濯機の水漏れ

せっかく洗濯機をまわして衣服をきれいにしているのに、洗濯機自体がホコリやカビだらけでは、意味がありませんので、しっかりと掃除をしていきましょう。

とはいうものの、

「掃除するの重要性はわかったが、具体的に掃除の仕方がわからない

という方もおられると思いますので、今日は

「洗濯機のホコリの掃除の仕方と今後の対策」

と題しまして、洗濯機のの中の具体的なお掃除の仕方と、今後洗濯機にホコリができるだけ溜まらないようにするための対策の仕方を解説していこうと思います。
毎日使う洗濯機ですので、しっかりとホコリやカビを掃除して、故障の対策をしっかりと行っていきましょう。

【スポンサードリンク】

洗濯機のホコリやカビのお掃除の方法

洗濯機にもドラム式や縦型洗濯機など様々な種類がありますが、掃除する場合のポイントとして重要なの場所が、洗剤投入ケース、ごみ取ネット、乾燥、排水フィルター、パッキンやフタの裏など陰となる場所、洗濯槽です。

特に洗剤投入ケース、ごみ取ネット、乾燥フィルター、排水フィルターは掃除が行き届いていないと、洗濯機の機能自体に影響が及ぶので注意したいところです。

  • 洗剤投入ケース、ごみ取ネット、乾燥フィルター、排水フィルターの掃除の仕方まず洗剤投入口ケースを取り外し、洗剤や柔軟剤のカスなどを歯ブラシなどできれいにとっていきます。また洗剤投入ケースを外したところも意外に洗剤のカスがついていますので、歯ブラシ等でしっかり洗っていきます。ごみ取ネットは取り外してまずは中のごみをしっかり取っていき、続いて水洗いをしていき、最後は干しておきます。特に梅雨時期などは湿気が多くごみ取ネットもカビの温床になるので、洗濯しないときは取り外して乾燥しておいてもよいかもしれません。乾燥フィルターはドラム式や乾燥機能が付いた縦型洗濯機にもついております。普段面倒な方は掃除機で吸い取ってしまっても良いのですが、できれば水の中で歯ブラシなどでこすっていきましょう。排水フィルターも取り外せますので、しっかりと歯ブラシなどでしっかりと洗っていきましょう。
  • パッキンやフタなど陰になってしまう部分の掃除の仕方
    洗濯物にホコリや糸くずがつく原因はまさにこの部分が汚れているからであるといっても過言ではありません。パッキンや洗濯のフタなどは洗濯中でも陰になっており、一緒に洗濯しても汚れが落ちません。掃除の仕方はタオルやティッシュを手に巻き付けて掃除をするか、届かなければ歯ブラシやなど柄の長いブラシを使用し、こすって取っていきます。特にドラム式の洗濯機の場合は、パッキンの裏側にごみが溜まりやすいので、しっかりと掃除をしていくとよいでしょう。また洗剤もカスなどの汚れがなかなか落ちない場合は60℃くらいのお湯をかけると効果的といえます。
  • 洗濯槽の掃除さて最後に洗濯槽の掃除ですが、目に見えている部分の掃除は掃除機を入れてとることが可能ですが、洗濯槽の裏側は汚れが落ちにくく、非常に汚れております。掃除の仕方はまず洗濯機の60℃のお湯をドラム式はバケツ一杯ほど、縦型の場合うには満水までいれ、次に粉末の酸素系漂白剤をいれていきます。カビが気になる場合には、キッチンハイターなど塩素系でもよいのですが、酸素系と塩素系の漂白剤を混ぜると、有毒ガスが発生すので絶対に混ぜないでください。
    、酸素系漂白剤粉タイプ【過炭酸ナトリウム】の場合は水10Lに対し50ℊ、塩素系漂白剤の場合は、水10Lにつき50㏄を目安に使用し、3分ほど洗濯機を空回しにして、最低でも2.3時間、特に今日洗濯の予定が無ければ、一晩放置しましょう。一晩くらい放置すると、だんだんアクのようなものが出てくると思いますので、そのまま衣服はいれずに、一通り回して、後は通常通り洗濯機を回せばOKです。

    なお一回程度では洗濯機を回しただけでは足りず再び汚れが浮いてくる場合には、空回しを何度かやらないといけないことがあるかもしれません。

以上で一通りのメンテナンスは終了です。

【スポンサードリンク】

洗濯機のホコリがつかないようにするための対策

ここまで洗濯機のホコリの掃除の仕方を書いてきましたが、やはり手間もかかるし、時間がないとなかなかできませんよね。そこでここでは洗濯機の中にホコリやカビができるだけつかないようにする対策を書いていこうと思います。

まず洗濯機のフタですが、これは開けておくようにするとよいでしょう。理由としては、洗濯中は中の温度が上がっており、洗濯機のフタを閉めたままににしておきますと、カビが生えやすい環境となってしまうためです。、できれば

フタを開けておくことで、カビの好物である湿気を予防し乾燥させることができます。

次に洗濯物はできるだけ溜めないようにしましょう。特に夏場は汗もかき洗濯物が増える上に菌も繁殖しやすいという悪条件が重なってしまいますので、できれば毎日でも洗濯することをおススメします。

最後に洗濯の時の洗剤の量はきっちりと守るようにした方がよいでしょう。よく適当に目分量でやる方もおられますが、洗剤の量が多すぎるとどうしても洗濯機の各部分に洗剤のカスが付きやすくなってしまいます。洗剤に書いてある表示を守り必要ならば測って入れるようにしていく方がよいでしょう。

まとめ

ここまで洗濯機のホコリやカビの掃除方法と、洗濯機を汚さない簡単な対策をご紹介してきましたが、やはり面倒でも洗濯機の掃除はしていかなければならないということがわかってきました。

何も毎日洗濯機の掃除をしなさいというのではなく、週1回でも空いた時間を利用して、漂白剤をおいれて空回しするだけでも全然違いますので、ぜひ洗濯物の衛生管理のためにもやって頂ければと思います。

【スポンサードリンク】

今日も読んで頂きありがとうございました。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年9月16日
最終更新日:2016年9月29日

カテゴリー:健康 日常

サブコンテンツ

このページの先頭へ