洗濯絵表示が改定って何が変わったのか? 一覧でわかりやすく解説


洋服に書いてある洗濯の絵表示って改定するの知っていますか?

知らないですよね。

一覧表などないでしょうか?

洗濯の絵表示の改定について一覧で分かれば良いのですが。

そもそも洗濯の絵表示って何を表しているのでしょうか?

改定してどう変わるのか一覧で知りたいものです。

洋服に、なんで洗濯の絵表示ってあったのでしたっけ?

改定して良くなるものなのでしょうか?

分かりずらいので一覧で示してほしいものです。

そこで今回は『洗濯絵表示が改定って何が変わったのか? 一覧でわかりやすく解説』と題して大公開したいと思います。

【スポンサードリンク】

洗濯物のマークが変わる?

衣類などによくついている『衣類取り扱いタグ』を絵表示で説明してくれてるのですが洗濯する前とかにチェックしたりしますか?その絵表示を見て、クリーニングに出すかまたは自宅で洗濯するのかを決めたり、洗濯するなら方法や干し方、アイロン方法など絵表示の意味が分かっていると洗濯して失敗したなんてことがないですよね、男性でもオシャレ好きな人は見ると思いますし、女性は実際洗濯をすることが多いのでほとんどの人は見ているということになります、その絵表示(洗濯マーク)が平成28年12月から改定されるということで一覧も出ていますが知っていますか?

どうして改定されるのか

ファッションを楽しむ人が増え季節ごと、流行ごとに日本のデザインや海外のデザインなど自由にお店買ったりネットを通じてでも購入できる時代になっています、洗濯は日本や海外のものでも必要となります、今までは海外の洗濯絵表示は国際規格(ISO)で、日本の絵表示は日本工業規格(JIS)というように分かれていてマークに統一がありませんでした、先ほども言いましたようにファッシンが海外のものも多く流通してきてることもあり洗濯絵表示のマークが国によって違うよりは、国内も海外も洗濯マーク【絵表示を一貫してそろえる】という考えから、日本の方が海外の絵表示に合わせていくことになった、実際は2016年(平成28年)の12月1日からとなっている。

【スポンサードリンク】

絵表示について

今までは22種類のマークでしたが、海外の(ISO)にあわせることで細かく分類され41種類になります。
例えば
洗い方?現在は洗濯機をイメージしたものに数字がかかれていたのですが、すべて(桶の図)となり数字もより細かくなって、7図から14図に増え、その桶の下に横棒が1本だと弱い操作を、横棒が2本になるとさらに弱い操作をということに。

漂白は?ビーカー図から△図に

アイロンは?今まで(高、中、低)と表示してましたが、どっと(・)の数で表示、ドットが1つなら110℃、ドットが2つなら150℃、ドットが3つなら200℃となる。

クリーニング?今は3つで(ドライ、ドライでも石油系、ドライNG)の3つでしたが、6つに増えます。

干し方?今は洋服図で説明してますが、□の図になり、縦棒1本なら釣り干し、2本なら濡れた吊り干し、横棒1本なら平干し、2本なら濡れた平干し、斜め線は陰干し。

新しく乾燥機の使用禁止や温度表示などができたりすることで絵表示がこれまで使ってきたものからかわります。

最後に

【スポンサードリンク】

絵表示の数だけをみればすごく複雑に感じるかもしれませんが世界共通となればその方が分かりやすくなります、平成28年12月1日その日以降に作られる洋服に表示されることになりますから今お持ちの洋服は今までのお洗濯で問題はないということです。

衣類にあった洗濯方法をしていくことで失敗して縮んだとか形が崩れたとか、伸びてしまった、色が落ちてしまった、アイロンで失敗したなどをさけられます、大好きな洋服であればなおさら絵表示を見ることを覚えていきたいですね。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年9月20日
最終更新日:2016年9月29日

カテゴリー:日常 美容 話題

サブコンテンツ

このページの先頭へ