★美味しい梅酒の作り方!作り始めてからどれくらいで飲める?手作りしたときの賞味期限は?


梅の時期になると、スーパーで手作り梅酒コーナーなど見たことありませんか?

梅酒好きならば、手作り梅酒気になりますよね。

でも、作り方は簡単なんでしょうか。

作り方が複雑だと作るのが億劫になってしまいます。

また、手作り梅酒の場合、賞味期限はいつまでなんでしょうか。

市販の梅酒でもはっきりとした賞味期限は書かれていないですよね。限はいつまでなんでしょうか。

市販の梅酒でもはっきりとした賞味期限は書かれていないですよね。
そんな気になる手作り梅酒の作り方や賞味期限についてクローズアップ!

今回は『美味しい梅酒の作り方!作り始めてからどれくらいで飲める?手作りしたときの賞味期限は?』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

梅酒の賞味期限は?

手作り梅酒を作った時や、仕舞い込んでいた梅酒を発見したときなど、この梅酒はまだ飲めるのか?と思うことがありますよね。

梅酒に入っているアルコールには殺菌効果があるため、梅酒に明確な賞味期限は存在しないと言われています。

特に梅酒に使うホワイトリカーはアルコール度数が高いので、腐るという状況が起こることは滅多にないようです。

保存方法を間違わなければ十年とか十五年とか、そういう単位で長いこと漬けた梅酒でもおいしくいただくことができるそうです。

ですが、油断は禁物です。

梅酒には砂糖や梅が入っています。

そのため、保管状況によってはその限りではないことも覚えておきましょう。

瓶にカビが生えていたり、味見をして舌に刺激を感じるようなら、捨てましょう。

無理に飲んでお腹を壊すと大変ですから、そういう場合は処分してください。

【スポンサードリンク】

梅酒を美味しく保存する方法

梅酒を長く楽しむためには、どのように保存したらよいのでしょうか。

 

  • 【仕込む際はアルコール度数に注意しましょう】梅酒に使用されるお酒は、アルコール度数が高いホワイトリカーが主流です。

    アルコール度数が低いお酒は殺菌効果が薄くなるため、梅酒が雑菌に汚染されたりカビが生えたりすることもありますので、ホワイトリカーを使わない場合でも、アルコール度数が高いお酒で作りましょう。

    また、アルコール度数の低いお酒は発酵の原因になってしまいます。

    発酵が進んでしまうと、故意ではないとはいえ、国の酒税法で禁止された「自家醸造」にあたる行為になります。

    梅酒などの果実酒作りに使っていいお酒の度数は酒税法で決まっていて、20度以上までとなっています。

  • 【直射日光を避けましょう】梅酒は「冷暗所」で保存するのが、一般的です。

    温度変化が少ない冷暗所に保管する事で美味し熟成されるそうです。

    梅酒を作るときは透明の瓶を使いますが、その性質上光を通しやすいため、中に気温以上の熱が加えられてしまい、梅酒の品質は大幅に劣化してしまいます。

    直射日光がダメなのは、お酒全般に当てはまります。

    ビール瓶のような色付きの瓶が使えればいいのですが、なかなか見つからないものです。

    そのため、直射日光を避けた冷暗所を確保して、梅酒を保存するようにしましょう。

    ちなみに、冷暗所と聞いて、冷蔵庫は?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、冷蔵庫は温度が低すぎて塾生がうまく進まないと言った事があります。

  • 【長期保存にはガラス製の瓶を使用しましょう】梅酒は空気とも相性がよくありません。

    プラスチック製の容器は軽くてメンテナンスしやすいですが、空気を通してしまいます。

    1年ごとに梅酒を飲みきる場合は問題ありませんが、作った梅酒を2年、3年と長期間熟成させたい場合は不向きなんです。

    そのため、熟成させた梅酒を飲みたければ、しっかり密閉できるガラス製の瓶を選びましょう。

    そして、最初に梅酒を仕込むときも容器が満タンになるまで材料を詰めて、空気と触れる面積を小さくするようにしましょう。

梅酒の熟成期間は?

梅酒も熟成させればさせるほど芳醇な味わいになり美味しくなると言われています。

梅の実は、早いと漬けてから3カ月で取りだすことができます。
分量をきちんと守って仕込み、きちんとケアをすれば、梅のエキスは抽出されます。

しかし、この時、まだ完全ではないので、一般的には6カ月ごろが実を取りだしはじめるとよいでしょう。

実を入れっぱなしにする人も多いですが、長期保存する際は実が崩れて種の苦味が移ってしまうことがあるので、1年〜1年半頃には取り出しましょう。

梅酒の賞味期限は?

梅酒の簡単なチェック方法は、「カビが生えている物」、「酸味が強い物」は注意が必要です。

ながい棒のような物で、梅酒をかき混ぜた時、カビが目視できたり、カビ臭い匂いがすれば飲まずに捨てたほうがよいでしょう。

カビが発生していない事が確認できれば、少しだけ飲んで味見してください。
その際、梅酒に強い酸味がした場合にも、梅酒が腐っている可能性があるので捨てるようにしましょう。

まとめ

今回は手作り梅酒の作り方や賞味期限についてご紹介しました。

梅酒好きなら自分で作った梅酒は格別ですよね。

【スポンサードリンク】

長期保存が可能ですが、しっかりした環境で保存することが重要です。

ただ、保存方法などによって、味が変化していることも多いですし、万が一ということもあるので、違和感を覚えた場合には捨てるようにしましょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2017年9月22日

カテゴリー:トレンド 健康 食事

サブコンテンツ

このページの先頭へ