★そうめんとうどん、消化にいいのはどっち?風邪をひいたときや胃腸が弱っているときはどっちを食べる?


風邪を引いたりしたとき、あまり食欲がなかったり、胃腸が弱ったりすることがありますよね。

そんな時に食べるものとして代表的なものはうどんを食べる方も多いかと思います。

でも、うどん以外にもそばやそうめんなどの麺類がありますが、そうめんなどは消化にいいのでしょうか。

うどん、そば、そうめんなどの麺類は消化にいいのか、実はあまりよくないため、風邪や胃腸が弱っているときに適さないのでしょうか。

そんな気になるそうめんとうどんではどっちが消化にいいのか、また風邪や胃腸が弱っているときに食べるものはそうめんとうどん、どっちがいいのかについてクローズアップ!

今回は『そうめんとうどん、消化にいいのはどっち?風邪をひいたときや胃腸が弱っているときはどっちを食べる?』についてご紹介しました。

【スポンサードリンク】

胃腸に良い食べ物は?

胃腸に良い食べ物の条件は、「消化が良い」、「体を冷やさない」、「便が硬くならない」ことがポイントです。

サラダやそばなどは体に良さそうですが、食物繊維が多いため、胃腸に負担をかけやすいです。

そのため、胃が弱っているときは、胃の消化時間がかかるとそれだけ胃酸が出て胃が動き、胃に負担がかかることなりますので、消化がよい食べ物を食べることが大事です。

食べ物の栄養成分の中で最も消化が良いのは「炭水化物」です。

炭水化物とは、体のエネルギー源となる三大栄養素のひとつで、米、小麦粉、砂糖などに多く含まれています。

また、脂っぽいものは胃もたれを起こすことがあるので、油が多い食品は避けたほうがいいでしょう。

胃に滞在する時間として、「炭水化物は 2~4時間」、「たんぱく質は4~6時間」、「脂質は 7~8時間」くらいといわれています。

【スポンサードリンク】

うどんは消化にいいの?

うどんは、ご飯やおかゆよりたんぱく質・脂質が多いですが、粒状ではないため噛んだり胃で溶かしたりしやすいため、消化がいいといえます。

柔らかく煮て水分を含ませると、つぶれやすくなりますので、消化を良くすることができます。

しかし、消化にいいうどんも食べ方によっては消化の悪い食べ物になってしまうこともあるので注意が必要です。

 

  • 【よく噛む】うどんが消化のいい食べ物でも、口の中でよく噛まなければ消化に時間がかかってしまいます。

    炭水化物は、よく噛んで唾液を分泌させることで、消化が促進されるのです。

  • 【トッピング】胃腸の調子が悪いとき等に、消化の悪いトッピングを乗せるのは良くありません。

    うどんに天ぷら、かき揚げ、牛肉が入ると脂質の量が多くなってしまいますし、きつねのお揚げは大豆製品でヘルシーに見えますが、油で揚げているので、脂質が多くなり、消化は悪くなってしまいます。

    また、ごぼうのかき揚げや大量のわかめが入ったうどんは、不溶性食物繊維を多く含むので消化が良くありません。

    ネギ、わかめ、かまぼこが少量入っている程度なら、消化にはあまり差し支えません。

    トッピングするなら、「半熟卵」、「はんぺん」、「豆腐」、「大根」、「里芋」などがよいでしょう。

  • 【柔らかく煮込む】うどんはよく煮込んで簡単に歯や舌でつぶせるくらいに柔らかくしておくと、口の中でアミラーゼと混ざりやすくなるため、消化が良くなります。
  • 【味付けは薄味で】うどんの味付けは、だしをきかせて塩分は控えめにしましょう。

    塩分は胃の粘膜を刺激してしまいますので、うどんのつゆがしょっぱくならないように注意しましょう。

    味付けは醤油や味噌がおすすめです。

    胃腸の調子が悪い時は、香辛料や油脂の多い調味料を使わないようにしましょう。

そうめんは消化にいい?

冷たいそうめんは、NGです。

風邪をひいた時には体を温めないといけないので、冷やすのはNGです。

そのため、食べるとしたら温めた方がよいです。

できれば煮込んだ方が身体には良いですね。

スープを作ってそこに直接そうめんを入れて煮ても良いですが、麺からかなりの塩分が出てくるので気を付けましょう。

また、そうめんは引き延ばされる時に油を使っていますので、一度別のお鍋で煮てからスープに入れた方がよいでしょう。

まとめ

今回は、そうめんとうどんはどっちが消化にいいのか、風邪や胃腸が弱ったときに食べるものはどれが適しているのかについてご紹介しました。

【スポンサードリンク】

そうめんとうどん実際どちらも消化はよいと言えますが、温かくして食べたり、トッピングするものに気をつけたりする必要があります。

麺のコシが強い・弱いにかかわらず、よく噛んで食べることでさらに消化の良くなる食べ物といえるでしょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2017年6月8日

カテゴリー:健康 食事 食品

サブコンテンツ

このページの先頭へ